今、俺の横に自称JC2年の少女が眠っている。
透き通った肌、パイパンの割れ目、そして何より肉襞の具合から、どう見ても小5くらいにしか見えない・・・。

昨日の夜、久々にテレクラに行ってみた。
毎年夏休みは午後から夕方にかけてJC、JKがよく掛けてくるし、何度も美味しい思いをさせてもらっている。
電話が結構鳴るが、30過ぎか20代半ばの“売り”ばかりだった。

1時間を過ぎた頃、ようやくお目当ての幼い声を聞くことができた。
初めは18歳だと言ったが、どう聞いても小学生か中学生にしか聞こえない声と喋りだった。
俺はあえて年齢を聞かずに待ち合わせた。
場所は駅、どうやら家出をしてきたらしい。

待ち合わせ場所に着くと、ジーンズ姿の幼い顔をした子が立っていた。
俺は彼女に声をかけ、車に乗せた。
名前は亜樹。
どこに行きたいか聞くと、朝からほとんど何も食べていないと言うので、まずはご飯を食べさせた。
一緒にいる間は親子ということにして、食事を済ませた。

ドライブをしながら家出の理由を聞き、軽い下ネタを振ると満更でもない様子。
エッチなことに興味はあるらしい。
片親で母親は夜の仕事らしく、いつも休みは一人暮らしのお姉ちゃんの家に行くらしいが、彼氏ができて邪魔にされてるらしく、親に内緒にしてくれるなら友達の家に泊めてもらってくると言ってきたそうだ。

いつも使う人気のない小さなダム湖の裏側に車を停め、夜景を見せながら遊歩道を散歩してベンチに腰掛けた。
亜樹の肩に手を回し、そっと唇を重ねると、しっかりと閉じた唇と身体が微かに震えていた。
自分好みのキスを教え、舌を絡めて唾液を吸い取った。
興奮した俺は亜樹の胸に手を這わせた。
ゆっくりとジーパンに手をかけると、亜樹は身体を固くして拒もうとした。

「怖いの?」

亜樹は小さく頷いた。

「じゃあお母さんの所まで送ってあげるから帰ろう」

そう言うと急に泣きそうな顔になって、「それだけは嫌」と言う。

「じゃあ俺の家に来る?でもエッチなことされちゃうよ。それでもいいの?」

「初めてだから外は嫌だし、それにお風呂に入ってないから恥ずかしい」

俺はそのまま亜樹を家に連れ帰った。
速攻で風呂にお湯を溜め、その間、亜樹を抱き寄せ何度も唇を重ね、服を脱がせていった。
透き通った白い肌と幼い顔とは反比例した胸の膨らみに驚いた。
ツンと上を向いた綺麗な形の膨らみに興奮した。
亜樹を膝の上に乗せ、パンツの上からゆっくりと溝に指を這わせると、ビクビクと反応しながら体を硬くした。
ゆっくりパンツを脱がせるとツルツルの丘が現れ、驚きと共に異常に興奮した。
俺はたまらなくなり、亜樹を寝かせて一気に割れ目に吸い付いた。

(く、臭い!)

鼻を突く処女のアンモニア臭が漂ってきた。
俺は息を止めながらジュルジュルと音を立てながら吸い付き、舌を這わせた。
亜樹は息を荒くしながら、「いゃんあぁあぁいゃんあっあっ」と声を上げ始めた。

「気持ちいいかい?」

「変な感じ。だけどくすぐったいような気持ちいいような・・・わからない」

「じゃあここはどうかな?」

クリに吸い付き舌を震わせた。

「あぁぁあ、あっあっあっいゃっあぁんあっアッアッ」

亜樹の身体が震えだし、俺の頭をしっかりと両手で掴んで押し付けるようにしてくる。
泣き声なのか喘ぎ声なのかわからないような声が大きくなってきた。

「変!変!なんか変!あぁぁあ」

一瞬腰を浮かすようにしながらガクッと力が抜けた。
初めてなのにイケたらしい。

そのまま風呂場に連れて行った。

「もっともっと気持ち良くなることをいっぱい教えてあげるし、してあげるね」

亜樹を洗ってやり、泡だらけのまま俺の身体に密着させたり、しごかせたりしながらフェラまで教え込んだ。
ベッドに横になり、亜樹の体の隅々まで舌を這わせ、足の指も1本ずつ丁寧に舐めた。
割れ目に吸い付くと、さっきまでとは違い、息を荒くしながら感じまくる。

「気持ちいいよ!」

そう言いながら、アンアン声を上げイキまくっていた。

「俺も気持ち良くさせて」

亜樹にも同じことをさせた。
器用な子で飲み込みが早く、積極的に責めてくる。
俺もついつい反応して声が漏れてしまったくらいだ。

たまらなくなり、俺は亜樹の両足を折り曲げて抱え、ゆっくりと割れ目に勃起したモノを擦りつけると、一気にねじ込んで処女膜をぶち破った。

「ぐぅわぁ!ひぇ!痛い!痛い!」

泣き叫ぶ亜樹。

「大丈夫!もうすぐ全部入るからね」

さらに奥まで押し込んだ。
ブチッ、メリメリという感覚があり、奥に届くとホールが一気に広がった。
腰を振らず、しばらくじっとしたまま亜樹を抱き締め、涙を拭いてやった。

「良かったね。全部入ったよ」

亜樹は泣きしながら、しかし自分からキスをしてきた。
ゆっくりと動き出すと亜樹の爪が背中に食い込んだ。
痛みが逆に程よい刺激となって俺を興奮させてくれた。
そのまま激しく腰を振った。

「痛い!痛い!痛いよー!」

呼吸が乱れてきて、痛みに歪んだ顔に興奮した俺は、一気に亜樹の中に流し込んだ。

風呂に行き、シャワーを浴びて再び亜樹の割れ目に舌を這わせ、何度か続けてイカせてやった。
ゆっくりと穴の周りを舌先で刺激すると、「そこは少し痛いけど、変な感じになってきたよ」と言うので何度も刺激し、クリと交互に責めると腰をくねらせて感じ始めた。
再びゆっくりと入り口で腰を振ると、身体全体で反応しはじめるのがはっきりと伝わってきた。
体位を何度も変え、激しく抱き合いながら再び亜樹の奥に放出し、お互いに崩れ落ちるように果ててしまった。
亜樹が眠りに就くまで腕枕をして抱き締めてやった。

しばらく家に居たいと言うので、目が覚めたらまた抱いてやり、1日中裸で生活させようと考えている。
そして徐々に調教を施して、淫乱なメスガキにしてやろうと考えている。