中学に入学し、陸上部に入部した夏の日のことです。
昼休みに体育館の入口で校庭の方をぼんやり眺めていたら、部活の先輩3人がボールで遊んでいました。
先輩たちは3年生で、中学生にしては胸もお尻も大きく成熟していて、かなり魅力的でした。
特にA先輩は、とても可愛くて、大きな胸が印象的でした。
先輩たちのバレーを見ていたら、スカートが捲れてパンツがチラチラ見えていました。
ラッキーと思い、気付かれないようにしばらくの間パンチラを覗いていると、B先輩が見られていることに気付いたようで、A先輩とC先輩に耳打ちしていました。

(ヤバい、気付かれた!)

下を見てシカトしていました。
キャーキャーと先輩たちのはしゃぐ声が聞こえたので気付かれないように見ると、足を振り上げボールをキックしていて、スカートが捲れてパンツがモロ見えていました。

(これは!)と思い、また凝視してしまいました。

3人ともパンツ丸見え状態。
A先輩はパンツが食い込み、大陰唇がはみ出て見えてます。
B先輩もかなり食い込んでて、陰毛がはみ出ているのがわかりました。
C先輩もやはり陰毛がはみ出すくらいパンツが食い込んでいました。
もう我慢できずしばらく凝視していると、チンポがギンギンになってしまいました。

(オナニーしたい!でも、ここではできない)

ぐっと我慢して、再度パンチラを覗いていました。
昼休みの終わりのチャイムが鳴り、教室に戻りました。
授業がはじまりましたが、授業中も先輩たちのパンチラを思い出して、チンポがギンギンになってしまい、勉強になりませんでした。

授業が終わって部活の時間、先輩たち3人の姿が見えました。
校庭をランニング中でした。
昼休みの光景を思いだしてチンポがギンギンに。
気付かれるとマズいと思い、僕も先輩たちに混じってランニングを開始しました。
すると、ランニング中に先輩B子に声をかけられました。

「M君、昼休みに見てたでしょ」

(マズい、やっぱ気づかれてる・・・)

「見てないよ」

誤魔化して走り去りました。
部活も終わり自宅に帰ると、脳裏に焼き付けたパンチラを思い出しながら、3回も抜いてしまいました。
もちろん先輩A子がズリネタでした。
でもこの後、先輩におもちゃにされるとは思いもしませんでした。

翌日の昼休み、またパンチラが見えると思い定位置で眺めてると、3人の先輩が校庭でボール遊びをしはじめました。
昨日のことがあるのでバレないようにチラ見。
すると先輩たち3人はこちらを見てニコリと笑い、一斉にスカートを捲り上げたんです。
当然、パンツが丸見え状態、しかも食い込んでいます。
先輩たちは僕が覗いているのを分かって挑発していました。

しかもパンツの食い込みが半端じゃありません。
大陰唇がはみ出た状態でした。
たまらずチンポはビンビンに。

(ヤバい・・・どうしよう・・・完全にバレてる・・・早くこの場から立ち去らないと)

そう思って立ち上がった時でした。
先輩3人がこちらに来ました。

「なに見てんの?エッチ。先生にチクるよ」

「チクられたくなかったら放課後に部室倉庫に来な。来ないと分かってるよね?」

先輩たちに呼び出されてしまいました。
でも先生にチクられるのはマズイので部活倉庫に行きました。
すでに先輩3人が待っていました。

B先輩「なぜ呼ばれたか分かってる?私たちパンツ覗いてチンチン大きくなってたよね。ちゃんと分かってるんだから」

C先輩「M君、ちんちん見せてくれない?先生にチクらないから見せなさい」

僕「恥ずかしいから、ヤダよ」

C先輩「じゃあチクっていいんだね!」

僕「それは、勘弁して下さい」

数分間の口論の後、3人の先輩に押さえつけられて跳び箱に仰向けに寝かされ、ジャージを脱がされて全裸にされました。

A先輩「M君のおちんちん、小さくて可愛い」

B先輩「皮被って小さいじゃん」

C先輩「パンチラ覗いている時みたいに大きくないんだ」

B先輩「M君、パンチラ見た後でオナニーしてたんでしょ?」

僕「してないよ」

B先輩「いつものようなオナニーして見せて」

A先輩「見たい!見たい!」

C先輩「オナニーしたら射精するんでしょう?見せてくれない」

B先輩「早くちんちん大きくしてオナニー見せて」

しぶしぶ3人の先輩の目の前でシゴキはじめました。
でも恥ずかしさでチンポは立ちません。

B先輩「ちんちん大きくならないね。どうしたら大きくなるの?」

A先輩「パンチラ見せれば大きくなる?」

C先輩「そうだね、いつものようにパンチラで大きくなるよね!」

先輩たちはスカート捲り上げ、パンツを見せて挑発してきました。
さすがにチンポは大きくなりはじめました。

B先輩「やっぱ大きくなってきた、でも射精しないよ?」

C先輩「パンツの中も見せれば射精するかも?」

A先輩「私たちも裸になれば射精するんじゃない?」

先輩たちは全裸になり、さらに挑発してきます。

C先輩「M君、まだ女の子のアソコ、見たことないんでしょ?見せてあげるから射精して見せて!」

C先輩は僕の顔の傍でアソコを開いて見せつけました。
夏場のせいもあり酸っぱいアソコの匂いがしていて興奮が高まり、僕は射精してしまいました。
初めてアソコを近くで見て興奮が最高潮に達してしまったんです。

B先輩「キャー、白いのがちんちんから飛んできた」

A先輩「これが、射精なんだ!すごいもっと見たい」

C先輩「もう一度見たい、もっと出して」

A先輩は自分のお腹に飛んできた精子を指で触って遊んでいます。

A先輩「精子って白くて温かいんだ!あ、でもなんか生臭い」

B先輩「早く出して見せて」

C先輩「少しチンチン小さくなってない?」

A先輩「ホントだー、小さくなってる」

B先輩「M君のちんちん触ってもいい?さっきみたいに手を動かせば精子出るよね!」

B先輩はチンポを弄り、皮を剥いて遊びはじめました。

C先輩「B子だけズルイー」

A先輩「私も触りたい」

3人で交互にチンポを弄り、皮を剥いたり被せたりして遊んでいます。
たちまちチンポは再勃起。

A先輩「チンチンの先っきぽからなんか出てきてる」

C先輩「やだ、透明の精子?」

そうです、我慢汁が出ていたのです。

B先輩「なかなか出ないなー!さっきみたいに白いの飛ばして見せてよ!」

先輩はさらに上下に激しくシゴキ始めたので、あえなく射精してしまいました。

B先輩「出たー!キャー、スゴイ!」

C先輩「何回でも出るんだ!もっと出しちゃお!」

A先輩「何回出るかやってみない?」

C先輩「そうだね、やってみよう!」

この後さらに3回、計4回の射精をしました。

A先輩「スゴイ、4回も射精した」

B先輩「まだ出るよね?」

C先輩「まだまだ出るんじゃない?」

僕「もう勘弁して、出ないよ!!ちんちん痛いよ!!」

さすがに4回の発射はきつく、亀頭が赤くなっていて少し痛みを感じはじめました。
逃げようと試みましたが、3人に押さえられ、リレー用のたすきで手と足を跳び箱に縛られてしまいました。

B先輩「みんなでアソコを見せるから出して」

跳び箱の上に跨がり、僕の顔の前でアソコを開いて見せつけます。
憧れのA先輩は、まだ毛がまばらでパイパンに近く、中までよく見えました。
興奮して勃起してしまい、先輩の思う壺でした。

C先輩「ヤダ、また大きくなってきた。これなら出るよね!」

B先輩「私が皮剥くから、C子が先っぽ弄ってよ!」

強制的にB先輩にチンポの皮を剥かれ、C先輩が両手で亀頭包み込むように回転させながら弄りはじめました。
あまりの刺激に5回目の射精・・・。

B先輩「出た!出た!何回でも出るじゃん。もっと弄っちゃおー」

B先輩は射精後も亀頭を両手でグルグル回転させながら弄り続けました。
なんとも言えない感じに襲われて、男の潮吹きをしてしまいました。

B先輩「スゴーイ、おしっこ出ちゃったの?」

C先輩「何回も射精すると、おしっこ漏らしちゃんだ。面白いね、もっと弄ってみようよ」

僕「もう勘弁して!ちんちんが痛いから」

B先輩「じゃあ今日は遅いから終わりにしない?」

A先輩「そろそろ帰らないと先生にバレるよね!」

C先輩「そうだね。でもまた明日やらない?」

B先輩「今日は終わりにするけど、明日の放課後、またここに来るんだよ!分かったね。来ないと今日のことみんなに話からね!」

こうして僕は先輩のおもちゃになり、悪夢のような強制射精(潮吹き)を、この後何度もさせられました。