出会い系サイトで、『薫』と名乗る未亡人とやり取りをして会う約束をした。
サクラの可能性もあるだろうなと、半信半疑で待ち合わせ場所に行くと、淡い水色のワンピースを着た薫さんが待っていた。
服装は言うに及ばず、センスのいいブランドバッグに、髪型にも気を遣っていて、とても40代後半とは思えない若々しい容姿だった。

とりあえず近くの喫茶店に入った。
お茶をしながら色々聞くと、旦那の3回忌も終わり、そろそろ第二の人生をスタートさせようと考えているとのこと。
子供は産んでないらしく、服の上からではあるが、30代でも十分通用するプロポーションだった。

その後も色々な話題で盛り上がってしまい、喫茶店に長居してしまった。
今日は顔合わせだけでも十分と思って喫茶店を出ると、薫さんの方から、「これから私のマンションにお食事に来ませんか?」と誘ってきた。
もちろん俺に断る理由はない。
駅前からタクシーに乗って薫さんのマンションに向かった。

きちんと整理整頓され、小綺麗でセンスのいい部屋だった。
薫さんが「ちょっと近所まで買い物に行ってくる」と言って出掛けたので見渡すと、ベランダには薫さんの下着が干されていた。
40歳後半にしてはセクシーな下着ばかりだった。
色は白や淡いピンクが多かったが、どれもレースでTバックだった。

15分くらいで薫さんが戻ってきて、料理の支度を始めた。
後ろから形のいい小振りなヒップを眺めていると、早くも股間が熱くなった。
食卓は美味そうな料理が乗ったお皿でぎっしり埋まった。
缶ビールで乾杯し、2人でほとんど平らげてしまった。
食後のデザートも頂いた。

薫さんが空いたお皿を片付け始めたので、俺も何か手伝おうと思い、お皿を流しに運んだ。
狭いキッチンで薫さんに近づくといい匂いがして、また股間が熱くなった。
お皿を洗い始めた薫さんの耳元で息を吹きかけ、抱き締めた。
股間を押しつけながら服の上から薫さんの胸を弄り、ワンピースの中に手を入れてアソコを指でなぞった。

薫さんが抵抗しなかったので、リビングのソファーに移動した。
座らせてワンピースを捲くると、淡い水色のTバックだった。
薫さんのアソコに顔を埋め、Tをずらしてたっぷりとおまんこを舐め回した。
アソコはやや色素が濃く、陰唇がニワトリのトサカのように飛び出ていて、クリトリスもかなり大きかった。
途中でTバックを脱がして、さらにねっとり舐め回していると、薫さんは腰を震わせてイッてしまった。

そこでワンピースを脱がせ、俺もズボンとパンツを脱ぎ、すでにギンギンになったペニスを薫さんの前に差し出した。
薫さんは、「久しぶりだわ」と言って俺のペニスを愛おしそうに握り、すぐに口に咥え込んだ。
何も言っていないのにかなり喉の奥まで咥え込んで、激しく頭を振ってくれた。
このままフェラを続けられたらイッてしまいそうなので、薫さんをソファーに手をつかせて四つん這いにした。
そして生のまま、薫さんの唾液でヌルヌルになって反り返ったペニスを一気に挿し込んだ。
その瞬間、久しぶりにペニスを挿入された薫さんは膝から崩れ落ちそうになったので、腰を抱えながら激しく突いてやった。
すぐに薫さんはでイッてしまったが、構わず突き続けた。
久しぶりの悦びに薫さんは体を震わせ、膝をガクガクさせながら何度も絶頂を味わっていた。

その後、床に寝かせて正常位で合体した。
根元まで挿入し、薫さんの許可なしに中出しをした。
射精後も抜かずに抱き合って、最後の一滴まで絞り出した。
薫さんは俺がペニスを抜いた後もしばらく体を痙攣させて余韻に浸っていた。

やはりかなり欲求不満だったみたいで、その後4回やった。
朝方になってようやく薫さんのマンションを後にした。