妻は巨乳だ。
2人の子供を出産し、2サイズアップのFカップ。
私的には満足なサイズだった。
夏はVネックのミニTシャツを着るので、胸は特に目立つ。
基本、下はミニスカートやミニ短パンが多く、私好みの洋服が多い。
街を歩いていると、大体の男性は妻の胸を直視する。
初めは抵抗もあったが、今ではその光景に興奮している。
妻も満更ではないようで、胸元を強調する服装が多いような気がする。

私32歳、妻29歳、子供は9歳と8歳。
去年の春先、2人の子供がサッカーの『スポーツ少年団』に入団した。
初めて試合を見に行くと、大勢の親が応援に来ていた。
試合後半に上の子が試合に出され、ぎこちない動きでボールを追っていた。
子供以上に興奮して応援の声も大きくなっていた。

そんな時、ふと目線が気になった。
目線の先を確認するとお父さんたち数人がこっちを見ていた。
実際には妻を見ていた。
興奮し、上下に動きながら応援する妻の胸は大きく揺らぎ、男たちには目の保養だったに違いない。
いつものこと、と気にせず子供を応援した。

試合も終わり、チームのテントに戻ると子供の所に行き、「頑張ったな!」と声をかけた。
他の親たちも、子供の所で色々話をしていたが、喫煙コーナーにいた数人のお父さんたちはやはり妻の胸を見ていた。
チームの親たちは、30代から40代はじめくらいで、妻を見ていたお父さんたちは40代に見えた。

夏休みに入った頃、妻から合宿の話をされた。

妻「サッカーの合宿あるんだって!」

私「そうなんだ。何泊?」

妻「2泊だって」

私「まぁいいんじゃないか?」

妻「でね!親も参加して欲しいって」

私「親も?」

妻「ヒロ君のお母さんに頼まれたの。1人じゃ淋しいからパパも行こう?」

私「俺もか?」

妻「いいでしょ?お願い」

私「ま、仕方ないか。いいよ」

そんな事で妻と一緒に合宿に参加することになった。
昼間はボール拾いやパスの相手をさせられ、お母さんたちは食事の担当だった。

夕方になり、宿舎に入ると妻が近寄ってきた。

妻「今日、泊まってくれって」

私「俺たちも泊まるのか?」

妻「みんな用事があるみたいで、布団の準備や朝食の準備する人が必要みたい」

私「そうなのか?着る物は?」

妻「このままで泊まるしかないかな」

私「お前、スカートだし・・・いいのか?」

妻「急だから仕方ないよ」

そうして私たちは泊まることになった。
子供たちは夕食を終え、風呂に入ると9時には就寝した。
その日に、泊まることになった親たちはほとんどが男性で、年配の方が多かった。
もちろん、いつも妻を見ているお父さんたちもいた。

子供たちが寝ると、親たちの飲み会がはじまった。
男たちは私たち夫婦にも酒を注ぎにきた。

「まあ、飲みましょう!」

隣に座った妻にも容赦なく酒を注ぎ、妻も私も酔っていた。
11時を過ぎ、「そろそろ寝ますか?」と言う声がして、その部屋に布団を敷くと、「適当に寝て下さい」と言われた。
私たちは最後に残った中央部の布団に横になった。
妻の後ろには、いつも妻をガン見しているお父さんが陣取っていた。
電気が消され薄暗くなると、私も妻もウトウトと寝に入った。

1時間くらいして、何かの気配に私は目を覚ました。
妻は私の方に体を向け寝ていたが、タオルケットは完全に肌蹴ていた。
そして妻の後ろ側から微かな声が聞こえた。

「色っぽいな・・・パンティが丸見えだよ」

「パンティ透け透けじゃないか?エロいなぁ」

「ちょっと中を見ても大丈夫かな?」

「気づかれたら大変だぞ」

「酔ってるし、ずらすくらい平気でしょ」

間違いなくあのお父さんたちだった。
妻の後ろ側でスカートを捲り上げ、パンティを見ているのだ。
私は薄目でその様子を見ることにした。

「おお~、ちょっと見えちゃった!おマンコ」

「どれどれ~。若いから綺麗な色してんな~」

「汗臭さと匂いがたまんね~」

「触っちゃマズいか?」

「それはダメだ、もしもバレたら俺たち犯罪者だぞ!」

(もう十分犯罪者だw)

「見るだけか~、でもたまんね~」

その時、妻が寝返りを打って向こうを向いた。

「お~、ついに巨乳のお披露目か~」

「待て待て!ここは慎重に行こうぜ!」

「でもデケ~。前から目ぇ付けてたんだよなー」

「旦那が羨ましいなぁ」

「おい、旦那が起きるだろ!声は小さく!」

「ごめん、つい興奮しちゃって」

私も興奮していた。
股間はギンギンになり、脈を打っているのが分かるくらいだった。
妻が悪戯されているのに不謹慎かも知れないが、かつてないほど興奮した。

「軽く触ってみるぞ。おお~、柔らけ~プニュプニュだよ」

「どれどれ・・・本当だ」

「うちの嫁とは大違いだな!張りもあって最高」

「Tシャツだから胸を出すのは無理だな」

「諦めるか?生乳・・・見たかったなぁ」

「もうこの辺でやめようぜ・・・気づかれたらマズイ」

「けど、こんなチャンス滅多にないんだけど!」

その後は男たちも寝たようで静かになった。
私は興奮覚めやらないまま、妻のお尻を触っているうちに寝てしまった。

翌朝、朝食の準備を済ませて家に帰宅した。
妻は昨夜のことは知る由もなく、「大丈夫だったね!」と笑顔だった。