中高年の皆様、若いおなごと遊んでますか?
嫁はんが怖いからちゅうて我慢する必要おまへんで。
なんせたった一度の人生やから、好きなことする権利、世のお父様にもあるっちゅうもんですわ、ほんまに。
ちゅうことで、自称ちょいエロオヤジこと、このわてがデリヘルで遊んだ時のことをお話ししまっさかい、品行方正を貫いてきはったオヤジさんたち参考にしてからに、若いおなご呼んでみなはれや!

「ふん、そやホームページのこの子、風花っちゅう子がええねんけど・・・」

「風花ちゃんですね。はい、出勤してますよー。先客様があと30分で終わりますので、そうですね、10時半なら、そちらに向かわせられますよー」

「そうでっかー。じゃお願いしますわ」

「了解しました。では、お客様、ご利用はご自宅ですか?ホテルですか?」

わての場合、自宅には女の子呼ばれへんさかい、もっぱらファッションホテルや。
以前は、男1人での利用は断られるところが多かったんやけど、わてみたいなデリヘル利用客が増えたんやと思うで。
男1人の入室に寛容なホテルが大幅に増えましたわ。
初めてのホテルであっても、受付で「連れは後から来るさかい・・・」と一言いえばオーケーしてくれはりまっせ。

「ホテルや、十三の◯◯◯っちゅうとこにしたいねんけど、まだ入ってへんで。10時半に来てくれるんやったら10時過ぎに先に入るようにするさかい、それでかまへんか?」

「かしこまりました。では入室されましたら、部屋番号をご連絡いただけますか」

「了解や。ほな10時過ぎに電話入れるよってに、よろしゅう頼んます」

「わかりました。ご利用ありがとうございます」

さあ、ここからや、ワクワクする時間は。

今日はお初の女の子やけど、どんな子やろ?
ホームページに載ってたんは、修正写真ちゃうやろか?
性格、きつないやろか?
おっちゃんのこと、どう思うやろ?

次から次へと妄想が頭を巡り、嬉しいてしゃあないっちゅうねん。
この待ち時間の気分を味わうだけでも、デリヘル嬢を呼ぶ価値あると思うわ。

一足先に入室。
お店に部屋番号を知らせるために電話をかける。
これで手配は完了!
そそくさと歯を磨き、洗顔剤でぶるぶる顔を洗う。

女の子に失礼のないようにエチケットは大切でっせ!
余裕があれば、おちんちんもキレイにしておくとベスト。
シャワーは女の子と一緒に入りたいので、事前にちゃちゃっとあそこだけ洗って待機するのがわての流儀です。

到着予定時間になってもまだ現れない女の子・・・。
すると携帯にお店から連絡が。

「すみません、お客様。もう到着すると思いますので、今しばらくお待ちくだいませ」

丁寧な店員の対応にキレることなく、余裕でエッチな番組を観ながら、あそこギンギンにさせながら過ごすこと5分。
コンビニに入店した時にかかるチャイムとほぼ同じようなメロディが部屋に流れる。

(おっ!やっと来た!)

フロントに連れが来たことを電話で知らせ、玄関ドアのロックを解錠してもらう。

「こんばんわー」

初対面の場合、大袈裟なくらいの笑顔でドアを開けるのが好印象でっせ。
女の子も初めてのお客さんのとこへ伺う時はむちゃくちゃ緊張するそうやから、笑顔で明るく接することが女の子と早く打ち解ける肝ですわ。
風花ちゃんは、よく笑う子でこっちも安心!

「お客様、コースはどうされますか?」

「せやなぁ、600分でお願いするわ!」

「えーっ?!600分ですかぁ~?」

「嘘や嘘。冗談やがなぁ~。60分で、ね」

「はーい、わかりました(笑)」

エロオヤジの他愛もないギャグに笑顔で切り返す風花ちゃん。
オッサンの扱い、手慣れてまんなぁー。

お店に到着したこと、コースは60分であることを告げ、携帯を切る風花ちゃん。
ひとしきり世間話を交わしながら服を脱ぎ脱ぎ。
シャワーを浴びにバスルームへ泡々ボディローションでお互いに洗いっこ。
鼻の下をこれでもかとばかりに伸ばしっぱなしのわては息子もギンギン。

「お客さん、めっちゃ元気!」

風花ちゃんも舌を巻くほど。

えっへん!
これだけが取り柄のわてでおま。

シャワーで綺麗になった2人。
いよいよベッドでハッスルタイム。
もちろん本番は御法度でっせ!
まぁ、わての場合は色々交渉したりして、本懐を遂げたことは何度かありますが。
基本は、キス、ハグ、逆性感、シックスナイン、指入れ、パイズリ、フェラチオ、口内発射の手順ですわな。

風花ちゃん、若いピチピチの身体はひんやりと冷たくて張りが良くて、そして予想以上に感度抜群の女の子だったので、わては感激しきり。
スタイルのええおなごでも、感じてくれへんかったら・・・いわゆるマグロ女はテンション下がりまっさかい。
ビクンビクンと反応してくれるもんやから、こっちも力が入ります。
オマンコとクリの同時責めで3回イカせてやりましたわ。
気がつくと終了時間まであと5分!
お店から女の子に電話がかかってくる時間帯ですわ。

(しもたー!出さんと終わりかいな)

・・・と思いきや、風花ちゃんも察してくれて、パイズリ省略して、ぱくっとイチモツを咥えてくれました。
口の中に唾液をいっぱい蓄えて、そりゃあもう、気持ちええことっちゅうたらおまへん!
これこそプロの技!
ものの2分も持たずに口内発射ですわ。
ほぼ同時にお店からの携帯コール。

ひゃぁ~ギリギリセーフ。

風花ちゃん、笑顔で息子をフキフキしてくれました。

いやぁ、若いおなごはやっぱよろしいですわ。
デリヘル嬢を呼びたくなったんちゃいまっか?
ほな、頑張りなはれや!