うちは昔、温泉民宿を営んでいて、祖父が亡くなってからは数ある部屋をそのままアパートとして改築し、アパート経営を始めたのが俺が小学校3年の頃の話。
温泉民宿と謳っていた通り、民宿を辞めた後も温泉は湧き出ているので、浴室は民宿当時のまま残して24時間何時でも入れるようにしていました。
普通の家の風呂と違い、広い浴室は1人で入るのが勿体ないほどで、当時から2歳下の妹と一緒に入っていました。
もうそれが当たり前のことで、年を重ねても一緒に入ることに抵抗なく、どちらかが先に入っていても後から普通に入るのは当たり前だったし、お互い意識することなく入浴していました。

俺が20歳の時。
高卒で地元の自動車製造関連の工場で働くのに実家から通勤していたとある週末のこと。
いつものように風呂に入っていたら、いつものように高校2年になった妹が入ってきました。
今までなら何も気にせずにいたのに、なぜだかその時に限り、妹の成長した身体が気になってチラチラと見てしまっていました。
そんな俺に気が付いていたのかいないのか、先に浴槽に浸かっていた俺は、身体を洗っている妹をいつしか食い入るように見ていました。
洗い終わった妹がどこも隠さず浴槽に近づいてきた時、さすがに俺の視線に気がついて言いました。

「どうしたの?何か付いてる?」

恥ずかしがる様子もなく、逆に自分の身体に何か付いているのかと気にしながら浴槽の縁を跨ぐと、俺の横に普段通りに入ってきて、少し距離を空けて浸かりました。
なんて答えようか頭を回転させましたが適当な言い訳が思いつかず、結局バカ正直に・・・。

「優衣も大人になったなぁと思ってさ・・・」

ちょっと照れながら言うと、妹は一瞬、自分の胸に目をやって、さも誇らしげに言います。

「そりゃもう高2だしねぇ~」

俺は左腕を妹の背中に回し、右掌で右のオッパイをすくうように触りながら、「何センチあるんだ?」と聞いてみました。
もし嫌がるならすぐに離れようと思っていたのですが・・・。

「ん~・・・ちょっと前に測った時は83cmだったけど・・・」

どう見ても(触っても)83cmだとは思えませんでした。

「そんなもんかぁ?」

「ああ、カップがあるから大きく感じるのかもぉ」

「何カップ?」

「E・F(イーてんエフ)」

「・・・ん?」

すぐには何を言っているのか分かりませんでした。

「Eカップだとちょっときつくて、Fカップだとちょっと緩いから、EとFの間くらいのカップなんだよね」

妹が左の乳房を左手で軽く上下に揺すりながら答えました。

「そ~かぁー、E・Fカップかぁ~」

なんて言いながら俺は妹の後ろに回り、両手で妹のオッパイを掴んで上下に揺すって、その大きさを確かめるように言いました。

「いや~ん♪お兄ちゃん、触り方がエッチだよ~」

決して嫌がってるわけではなく、今までされたことのないことをされることへの照れ臭さを誤魔化すような言い方でした。

「そうかエッチか?エッチは嫌いか?」

「え・・・そんな事ないけど・・・兄妹だよ・・・」

戸惑うような言い方をしてきたので・・・。

「兄妹だってエッチなことしてもいいだろ?」

「・・・」

「優衣のことが好きだから・・・」

嘘ではありませんが、その場凌ぎの言い訳みたいなことを言ってしまいました。
妹に「ホント?」と聞かれ、後戻りできなくなりました。

「ああ・・・ほら、その証拠に・・・」

ギンギンに反りかえったチンポを腰に押し付けて、「優衣がこんなにエッチな身体になったから・・・」と付け足しました。

「え~私ってエッチな身体なの~。お兄ちゃんがエッチなだけじゃん♪」

痛い所を突かれました。

「でもまあ私も前からお兄ちゃんの気になってたから・・・」

そう言うと、そっと後ろ手で俺のチンポを掴んできました。
俺はもっと触って欲しかったので、一旦身体を離して正面に回り、「ちゃんと触ってみて」と言って妹の前で立ち上がりました。
妹の顔の前にギンギンのチンポが曝け出されました。
妹がそっと掴みます。

「わぁ~・・・大きい・・・そして硬い」

初めて見る勃起した兄のチンポをじっくりと観察しはじめる妹。
するとなんと、いきなりパクッと咥えたんです!

「お、おいっ!」

驚いて声が出ました。

「ん?ダメ?」

上目遣いの艶めかしい表情で問われるとダメとは言えず・・・。

「いいのか?」

「うん♪」

妹は再び咥えてフェラをはじめました。
気持ちいいフェラでした。
経験有りと判断した俺が「何本目だ?」と聞くと、妹は指を5本伸ばしました。

「フェラ、好きなのか?」

「うん♪男の人がイク所を目の当たりにできるから楽しいんだよね」

そして続けて・・・。

「出されたのを飲んであげた時の喜びようったら、もう私の虜になってるって思えて快感なんだよねぇ~」

妹はSっ気があるのか、やたらと嬉しそうでした。
逆に妹のも舐めたくなってきました。

「優衣・・・」

「ん?」

「優衣のも舐めたいから一緒にやらないか?」

「えっ!?・・・うん、いいよ・・・」

ちょっと戸惑った様子でしたが、妹は69を承諾しました。
洗い場に仰向けで寝そべると、頭を逆にした妹が四つん這いで跨いできます。
マジマジと妹の股間を見ると、なんとっ!
妹はパイパンでした。
最初はオッパイにばかり目がいって気づかなかったのですが、改めてパイパンだったことに驚きました。

「優衣っ!毛はどうしたっ?」

「えっ!?・・・ないよ・・・」

「ないって、自分で剃ったのか?」

「違うよ・・・最初から生えてないんだよ・・・って、今さら気が付いたの?」

なんと天然パイパン。
興奮しました。

「そ、そうなのかっ!?」

「そうだよ・・・だからちょっと恥ずかしくて一緒にするの嫌だったんだけど・・・」

「恥ずかしがることないぞ!天然のパイパンなんて超レアな体、俺は大歓迎だ♪」

「ホントに?」

「ああ!本当さっ!」

「そう言ってくれると救われる気持ちになるよ」

なにか嫌な思い出があったのか意味深な返答。
まあ、とにかく俺の大好物、天然物のパイパンが目の前にあると思うと興奮が止まず、がっつくようにむしゃぶりつきました。
ジュルジュルと音を立ててクリトリスや膣口、アナルにまで舌を這わせて刺激を与えます。
その刺激に耐えられなくなってきた妹がチンポから口を離し、喘ぎはじめました。

「ちょ、ちょっと・・・お兄ちゃん・・・激し過ぎ・・・あん!」

パイパンマンコを夢中で舐め回しました。
舌先だけでなく時折指も使って刺激を与えていると、「あんっ・・・あんっ・・・ダメ・・・あっん!」と突然身体を起こし、向きを変え対面騎乗位の体勢に。

「お兄ちゃん、もう無理だから入れるね・・・」

片手でチンポを掴むと自分の膣口に宛てがい、腰を落としていきました。
ヌプッと入っていき、途中からチンポ全体を包み込む感触がハッキリ。

「あ~ん・・・大きい・・・お兄ちゃんの大きくてすごい感じる~」

「俺もスゲー感じる!今までにない気持ち良さだっ!痛くないか?」

「大丈夫・・・痛くはないよ・・・ただ・・・こんなに感じるチンチン初めて・・・」

そう言っているうちに俺のモノは根元までしっかり咥え込まれていました。

「あ~、入ってるぅ~。お兄ちゃんのチンチン入ってるのがすごい感じるぅ~」

腰を自ら上下に動かしはじめる妹。

「気持ち・・・いい・・・あっ!気持ち・・・いい・・・ょ・・・あっん!」

「俺も気持ちいいぞっ!気持ちいいけど、なんだろう?不思議と射精感が湧いてこない。いつまででも繋がっていられそうな気持ち良さだっ!」

「ダメっ!イッちゃう!私・・・イッちゃう!あっ!あっ!あ゛~・・・」

妹は絶頂して俺の上に覆い被さってきました。
それを俺は優しく抱き締めて、頭を撫でながら「気持ち良かった?」と尋ねると、頷いて答えました。

まだまだ余裕な俺は妹を浴槽の縁に掴まらせて四つん這いの状態にさせ、挿入して腰を振りはじめました。
妹の腰をがっちり掴み、おっぱいを鷲掴むようにして腰を振り、何度も妹をイカせました。
俺もだんだん射精感が高まり、そろそろ射精と思った直前、妹も絶頂を迎え、浴槽を掴んでいた手が外れて俺に身体を預けてきました。
それを受け止めるため膣から抜くことができず、そのまま中出し。
最後まで出し切ると、妹を抱き締めて言いました。

「スゲ~気持ち良かったぁ~」

「私も~。ってゴメンネ、お兄ちゃん・・・中出ししちゃったよね?」

なぜか謝ってくる妹。

「謝るのは俺だろ?」

「でも私がお兄ちゃんに寄りかかっちゃったから・・・」

「まあ、これは事故ってことで・・・なっ!」

「そうだね♪事故ってことで♪」

笑顔で答えてくれました。

裸のまま俺の部屋へ早足で戻ると、抱き合いながらベッドにもつれ込み、唇を重ねました。舌を絡ませ、唾液を飲ませ合い、それはもう恋人同士でもそこまでやらないだろうって思えるような変態的な絡み方でした。

「ね、もう1回チンチンしゃぶらせてっ!今度はイクまでオシャブリさせて!」

承知すると、ベッドに仰向けに寝かされて両脚を思いっ切り広げさせられ、男版M字開脚でフェラをされました。
今度は玉袋やアナル舐めもしてきて、一度射精していたのにも関わらず、すぐに射精感が込み上げてきました。

「そろそろ出そうだ・・・」

俺が告げると妹は俺が教えたトリガーポイントを責めはじめました。
すると、ものの数十秒で秒読み体勢に。

「うっ・・・で、る・・・」

2度目とは思えない量が妹の口へ注ぎ込まれました。
最後の一滴まで絞り出すように口を窄め、口を閉じるとゴクンと喉を鳴らして飲み干してしまいました。
その様子を俺は嬉しそうな顔で見ていたらしく、「お兄ちゃん、超嬉しそうだよ」と言って来たので・・・。

「マジで嬉しかった」

「・・・なんか照れるね、兄妹だと・・・」

その表情がなんと可愛くて、思わずギュッと抱き締めて再びキス。
それから朝まで何度も妹をイカせては中に出し、久しぶりの快楽を味わいました。

その日から俺たち兄妹は顔を合わせれば性器を交合わせる仲に。
中出しの快感を知った妹はピルを飲みはじめ、いつでも中出しできるようにしてくれました。
あれから3年、今もその関係は続いています。