8月の終わり、いつものようにバイトを終えて、誰かとごはんが食べたくなったあたしは、男友達のFちゃんに電話しました。
すると・・・。

「俺もう1人で飲んじゃってるから、うちで一緒に飲もうよ」

そうすることにしました。
駅の改札を出ると、Fちゃんが煙草を吸いながら待っていてくれました。
久しぶりに行った彼のアパートには、そこかしこに彼女のものが。

「バイトお疲れ」

Fちゃんが作ってくれたパスタを食べたり、『ごっつええ感じ』のビデオを見たりして過ごして、それぞれお風呂に入って寝ることに。
布団がひとつしかないので並んで眠る形になりました。
最初は酔っぱらっていることもあり、くだらない話ばかりしていたのですが・・・。
だんだんFちゃんの口数が少なくなって、(眠いのかな?)と思ってふと見ると、Fちゃんもあたしを見てこう言いました。

「もし、もしね、今日なんかあったら色々考えちゃう?」

あたしは付き合ってる人もいないし、初めてではなかったし、というかFちゃんとならすごいしたいと思ったので、首を縦に振って、おもむろにFちゃんの唇に触りました。
それが合図のようにFちゃんは上体を起こし、ちょっとの間見つめあってからキスをしました。
チュッチュッて感じの軽いキスから、舌を絡めたり、唇を軽く噛んだり。
この時点でかなり気持ちが良くて声が思わず出てしまいました。

Fちゃんの右手がTシャツの中に入ってきて、お腹の辺りを撫でます。
あたしは背中や脇腹が極端に弱いのでビクッとしてしまい、また声が出ました。

「エッチな声出すね」

Fちゃんが笑いながら言い、胸元や鎖骨やいたるところにキスをしながらブラを外してしまいました。
あたしの胸にキスをしたり舐めたりしながら片手がどんどん下におりてきて、太ももの付け根辺りを擦りはじめました。
なぜか足が自然に開いてしまいます。
もうあたしはだいぶ濡れてしまっていて、下着も少しずつ下ろされて、ついに完全に脱がされました。
しばらくFちゃんの指はクリトリスをずっと転がす感じだったのが、ゆっくりとあたしの中に入ってきました。
動きに緩急をつけられて、あたしはかなり声も出ていたはずで、すぐにイッてしまいました。

今度はあたしが気持ちよくさせる番です。
FちゃんのTシャツの上から乳首の場所を探しました。
指で摘んだり軽く噛んだりしていると、Fちゃんは明らかに感じはじめているようでした。
男の人の感じている時の声や表情がすごい好きなんで、今度は完全に彼に跨がる感じで、直接口で弄りはじめました。
フェラをしているとFちゃんの我慢に限界が来たのでしょう。
あたしを下にして、「・・・入れていい?」と聞いてきました。
その顔がすごい可愛くて、首に手を回すと、ゆっくりゆっくり入ってきました。
もう腰振られるたびに頭がおかしくなりそうになっているのに、急に動かなくなり、入ったままクリトリスを刺激されて、またイッてしまいました。
それから十数分後に今度は2人同時にイキました。

「すっごい気持ち良かった・・・」

「Aちゃん(あたしの名前です)の中、気持ちよかった。あったかくってさ」

そんな会話をしたと思います。
もう夜もかなり遅くなっていたので、その後は2人とも自然に眠っていました。

翌朝は11時近くに目が覚めて、またしました。
明るいのに、昨晩したのと同じような、時間をたっぷりかけたセックスです。
終わった後、また布団の中でおしゃべりしていましたが、Fちゃんが目を合わせてくれないので・・・。

「後悔してるの?」

そう尋ねると、困った顔になって・・・。

「・・・うん。最後までいっちゃったことにビックリしてる」

きっとそれ以上に、彼女のことを考えていたのがわかりました。

「Fちゃんは好きだけど、それは異性としてというよりも人として好きだから。あたしはそんな人としたかったからしたんだよ」

あたしがそう言うとFちゃんは、「それは俺も」と、今度は目を見て言いました。

あの日から2ヶ月近く経ちますが、普通に今まで通り過ごしています。
ひとつ変わったのは自然と2人きりで遊ぶことはなくなったこと。
でも、セフレになることもなく、仲良しの関係は続いています。
あの日のことは2人だけの秘密で、暗黙の了解というか、そういう雰囲気になってしまうのを無意識に回避しようとしているのかもしれません。