大学4年の夏、母と電気屋さんに買い物に行ったときのことです。

近所には大きな電気屋がないので、JRで2駅ほど行った所にあるヤマダ電気へ行くことになりました。
電車には人があまり乗っていなかったので、4人掛けの座席に向かい合うように座りました。

何気ない会話をしながら駅に向かっていると、ふと母の足に視線が行きました。
相変わらず色っぽい太もも。
とても40代とは思えません。

あぁ、このスカートの中に今すぐ手入れてぇ。
母さんとしたい。
今すぐやりたい。
ムチャクチャにしたい。

僕は我慢できなくなりました。
駅に到着する直前、僕は母に手で合図しました。

「あのさぁ、ちょっと抜いてくれない?」

「えっ!?」

「母さんの太もも見てたら・・・ね?いいでしょ?駅のトイレ、人あんまりこないからさあ。しゃぶってくれるだけでいいから」

「・・・」

母は困った顔をしています。

「ね、いいでしょ。行こ」

電車を降りると母の手を引いて駅のトイレに一直線。
そこの駅のトイレはすごく分かりにくくて目立たない場所にあって、あまり使われないトイレであることは知っていたし、じつは前々から母とここでセックスすることを妄想して何度もオナニーしていたんです。
それが現実になると思うと、もう興奮してしょうがありませんでした。

トイレに到着する頃にはチンコはズボンの中でギンギンでした。
人が居ないことを確認し、個室へ入りました。
母を先に中に入れて、僕は後ろから母のおっぱいを荒々しく鷲掴みにします。
Eカップのおっぱいを激しく揉みしだきます。
体を密着させ、ズボンを穿いたまま母のお尻に下半身を擦りつけ、快感を貪ります。
スカート越しに感じる母の柔らかいお尻の感触。
もう天にも昇る気持ちでした。

それからズボンを下ろし、母に咥えさせました。

「ハァハァ、舐めてお願い」

チュパチュパチュパ・・・。

「っぁ、ハァ・・・ハァ・・・たまんないよ」

こんなところで実の母親にチンポをしゃぶってもらっているんだと思うと興奮してたまらず、いつも以上にチンポがギンギンになりました。
母のブラウスに手を突っ込んで胸を揉んでいるとさらに硬くなり、すぐにイキたくなってきました。

「ぅああ、ぁ、で、出そうっ。あぁ・・・出る」

母の頭を押さえつけて抜けないようし、そのまま口の中に出しました。
じつはフェラだけでイッたことはほとんどないのですが、この時だけはあっという間に出てしまいました。

「もうっ!苦しいじゃない」

ちょっと母に怒られてしまいました。

「ゴメン、お詫びに気持ちよくしてあげるから」

「え?」

そう言って母のパンティを脱がせると、バックで突っ込みました。

「あ、ちょっと」

「へへ、フェラもいいけど、やっぱ母さんの中が最高だよ」

ガチャ!

一心不乱に腰を振っていると、トイレに誰か入ってきたようです。

(ヤバい・・・)

声を殺し、音が出ないようにゆっくりと腰を動かします。
ゆっくり動くのもこれはこれで気持ちよくて、人が出ていったのを確認すると、再び激しく腰を動かして突きまくりました。

「ぁぁ、母さん、もうイキそう、イッちゃうよ」

ドビュ!!!

母の中に思い切り出しました。
それから急いでトイレを出て、予定通り電気屋さんに向かいましたが、母とのセックスが気持ちよすぎて僕は完全に上の空でした。