今はもう子供もいる家庭の主として平々凡々とした生活を送っていたのですが、会社の命により単身赴任をしています。
1Kのアパートに住んでいるんですが、ふと昔のことを思い出しましたので、ここに書き留めます。

隣の部屋の住んでいるOLさんのセックスの声を聞きながらオナニーをしてたんですが、頭の中に浮かんだのが、もう忘れ去ったと思っていた記憶でした。
それは母親のオナニーシーンです。

私の母親は私が小学生の頃に離婚し、女手ひとつで私を育ててくれましたが、非常に厳しい女性でした。
「勉強でも運動でも一番にならなければ意味がない」と、平日の夕方、仕事から帰ると私を塾に連れて行き、日曜日はスポーツジムに行かされました。
今思うと女盛り、夜遅く帰ってくることもありましたが、そのときは外で欲情を発散していたんだなと後になって理解しました。

そんなある日の夜、喉が乾いて目が覚めたので冷蔵庫に向かうと、居間から明かりが漏れていました。

(こんな夜中に?)

不審に思いながらガラス戸から中を覗き込むと、スカートを捲り上げて大きく足を開いた母親の姿が目に飛び込んできました。
一瞬何が起こったのか判断できない状態が続きました。
そして状況を理解すると、見てはいけないと思いながらも、身体は金縛りにあったようになって動けず、目も母親のその部分に釘付けになってしまいました。
母親に聞こえるのではないかと思うほど、息が荒くなりました。

今でもそのときの母親の姿をはっきり思い出すことができます。
居間のソファーに浅く腰をかけ、ボタンを外したブラウスから胸が飛び出していました。
ブラジャーが首のあたりで絡まっているのが見えました。
母親は頭をソファーの背に乗せて、上を向いた形で目を瞑っていました。
時々長い舌で唇を濡らすように舌舐めずりをしたり、大きく口を開けて苦しそうにせわしなく息をしたりするのが見えました。

下半身はスカートを穿いたままスカートを腰まで捲り上げて、大きく左右に足を開いていました。
そこにショーツはなく、母親は一心不乱に自分のおまんこを触っていました。
今思うともう佳境に入っていたのでしょう。
左手でクリトリスを擦りながら、右手の指をすごい勢いでおまんこに出し入れしてました。
数分間それが続いた後、両足を強く伸ばして母親はイキました。
大きく上下する胸がすごく記憶に残っています。

その母親も今は他界し、私も今まで忘れかけていました。
身内の性行為は、見てはいけないという気持ちが多く、罪悪感に似た気持ちがありましたが、その姿は今思えば非常に淫靡でエロティックなものだったと思います。
その頃はまだ性体験もなく、オナニーばかりしていましたが、その母親の姿は私を勃起させるには十分すぎる迫力がありました。

体験談にあるような関係には幸いなりませんでしたが、それから私は母親を1人の人間として見るようになりました。
しかし、今まで付き合った女性たちに頼んでオナニーを見せてもらいましたが、みんな本気でしてないんでしょうね。
母親のオナニー以上に興奮させられるオナニーは、まだ見たことがありません。