中学生の私には年の離れた大学生のお兄ちゃんがいます。
お兄ちゃんも薄々気づいているとは思いますが、お兄ちゃんが好きです。

ある日、お母さんとお父さんがお出かけしたときに、お兄ちゃんが彼女さんを連れて来ました。
清楚な感じの美人さんでした。
私はたまたま部活が休みで部屋にいると、隣のお兄ちゃんの部屋から彼女さん(R)のいやらしい声が漏れてきました。
私は気になって壁側に移動して聞き耳を立てました。

R「先輩・・・んっ」

兄「んっ?」

R「・・・」

兄「やべ!」

R「ん!んっんっ・・・」

兄「・・・」

R「いいよ・・・」

甘え声。

兄「あっ!!」

R「どうしたんですか?」

兄「品切中です(笑)」

R「先輩が・・・なら・・・いいよ?」

甘え声。

兄「それはさすがに・・・できたら困るしな・・・」

R「・・・」

兄「分かった分かった。・・・きつ!」

R「んっ?」

兄「大きい言うな!」

R「んっんっんっあ・・・ん、んっイク」

兄「俺もそろそろ・・・」

R「あっ!」

兄「ふぅー」

こんなの聞いたら私も熱くなってきて、オナニーしてしまいました。

夜になって彼女さんは帰りました。
晩ごはんを食べて部屋に行き、またモヤモヤしてきたのでオナニーをしてたら、風呂から上がってきたお兄ちゃんが急に入ってきて、見られちゃいました。

兄「みう、呼んでるのに・・・」

私「えっ、やっ!」

兄「いや、ゴメン。ごゆっくり」

私「待って!」

兄「・・・なんでしょうか?」

私「お兄ちゃんのせいやで」

兄「・・・」

飲み物を飲んでる兄。

私「お兄ちゃん、昼間やのに彼女さんとやってたでしょ?」

兄「!!」

鼻からジュースが出てました。

兄「鼻いてー、お前部活は?」

私「今日は休みだったから部屋にいたの!声が丸聞こえだったし」

兄「ゴメンゴメン。てか壁際に行かんと聞こえんやろ。昼の思い出して、今やってたんやろ?みうの方がいやらしいな(笑)」

私「・・・(泣)」

兄「えっ?マジな感じやった・・・って泣いてる?」

私「・・・」

兄「こんなに濡らして」

私「んっ」

兄「気持ちいい?」

私「っっっ!」

兄「・・・」

私「あっあっふぅん!」

クチャクチャ、グチュグチュグチュ!

私「はぁーはぁー・・・」

兄「・・・カワイイ」

結局、イカされてしまいました。
お兄ちゃんは超テクニシャンでした!