俺は次男、今は大学1年で大学3年の兄貴がいる。
兄貴は、はっきり言って邪魔な存在だ!
まずイケメン。
伸長高い、頭もいい、やさしい。
どこを探しても悪いところがない。
それに比べて俺は中の中。
身長172センチ、頭は普通、服装をダメ出しされた。
兄弟比べられると本当に腹が立つ。

本題に入っていく。
おばあが他界した。
葬式があるから従兄が来る。

ちさちゃん(高2)目当てに帰ってきた俺。
ちさちゃんはとにかく可愛い。
少しロリ顔。
セミロングで158センチくらい。
細身なのに胸は結構ある。

帰ると、いつもはいない兄貴がいた。
マジでムカツク。
夜に従兄到着。
母家と2つあるので俺は母家にダッシュ。

俺「あっ、お疲れ様です」

従兄「もうすぐごはんやけど食べてく?」

俺「本当ですか?いただきます!ちさちゃんは来てないんですか?」

従兄「病院行ってる。あの子はおばあちゃん好きだったから」

俺「そうですよね」

次の日はスーツを着て家で葬式。
ちさちゃんは制服が可愛いと有名な高校に行っていて制服だった。
そして泣いていた。
お経を唱えた後、ちさちゃんは1人で居間に。
俺が行こうとしたら、おばさんが兄貴に「見てやってくれ」と頼んでいた。

兄貴が居間に行って少ししたら泣き声が聞こえた。
俺もすかさず隠れて居間へ。
ちさちゃんが兄貴に抱きついている。
兄貴は無言で頭を撫でていた。
落ち込んだ後、俺の気持ちが怒りに変わった。

(なんで兄貴ばっかりいい思いするねん)

ちさ「ぐす・・・ぐす」

兄「ちさ?・・・そんなに泣いたらおばあさんが心配して安らかになれないで」

ちさ「・・・」

数十分して。

兄「見送ってあげなあかんやろ?行こか!大丈夫?」

ちさ「うん」

火葬場に行って、葬式も終わって母家へ。
隣の部屋で兄貴がソファーに座って携帯。
ちさちゃんはまだ悲しそうだった。

従兄「ちさ、泣き疲れた?」

ちさ「ぅん・・・」

従兄「夕飯になったら起こしてあげるから寝とき」

ちさ「ぅん」

すぐにちさちゃんは居間のこたつで寝だした。
俺はちさちゃんの隣に行き、寝顔を見た。

(可愛い!触りたい!)

制服の上から軽く体を触る。
調子に乗ってタイツの上から太ももを撫でた。
瞬間、ちさちゃんにバレた。
驚きを隠せない顔で、「お父さん、私あっちで寝てくるね!」と言い、隣の部屋に。

少しして様子を見に行くと、兄貴に抱きついて寝ていた。
兄貴は知らん顔で携帯を弄っている。
ちさちゃんは嬉しそうな顔で寝ていた。

従兄「嬉しそうな顔して。よかったよかった」

夕飯になった。

「兄貴、飯やって!」

俺の声でちさちゃんも起きた。

兄「あー俺はあっちの家で食べますわ」

ちさ「えー、こっちで食べようよ!」

兄「食べたらこっち来るから」

そう言って頭を撫でる。

ちさ「うー、わかった♪」

兄貴があっちの家に行ったのでちさちゃんの隣に座ろうとしたら、「お母さん!私も手伝う」と、出ていった。
俺はおじさんの隣で食べた。
兄貴も飯を食べ終わって、ちさちゃんとおじさんでしゃべってた。
おばさんが、「風呂ー、誰か行きなー」と言うと、ちさちゃんが行った。
俺はチャンスだと思い、「用事を思い出したからあっち行ってくるわ」と言い、もちろん風呂場へ。

ちさ「えっ?」

俺「ゴメン、少しだけいい」

ちさ「あの・・・出てってもらってもいいですか?」

俺「さっきは本当ゴメン!ちさちゃんが可愛くて、つい・・・」

ちさ「許しますんで、あまり近づかないでいただけますか?」

俺「(ムカ!)兄貴のことが好きなんだよね?兄貴だったら何されてもいい感じ?」

ちさ「・・・あの、今のは聞かなかったことにしますんで話しかけないでください」

(はい死んだ)

居間に行って数十分、ちさちゃんが上がってきた。
次におじさんが風呂に。
おじさんがいないのをいいことに、ちさちゃんは兄貴の横に座って甘えていた。

ちさ「髪の毛の手入れ、手伝っていただけますか?」

兄「ん?いいよ!」

ちさ「♪」

兄「髪の毛サラサラやなー。いい匂いもするし」

軽く抱いてた。

ちさ「お風呂に入ったからですよ///」

ちさちゃんがメスになっていてショックを受けた。
俺は兄貴の前で恥をかかせてやろうと思った。

次の日、お寺に行くということで、またスーツに着替えておじさんの車に乗った。
好都合なことに真ん中に兄貴が、サイドにちさちゃんが座る形になった。
ニコニコ話していたので、そんな中、俺はタイツの上から太ももを撫でた。
すると、顔はニコニコしたままで嫌々をしてきた。
撫でた手を匂うのを見せると恥ずかしがっていた。
寝たふりをして、ちさちゃんの膝に寝転んだ。

兄「お前、何やってんねん?」

ちさ「あっ、大丈夫です。私も寝とこうかな。お父さん、着いたら起こしてね!」

制服のスカートを短くしていたのでタイツの上に寝た。
タイツを歯で噛んで穴を開けた。
匂いを嗅ぎながら手を入れてお尻を撫でた。
着く前に起きたふりをしてちさちゃんを見ると、顔が真っ赤だった。
着いてから卒塔婆をもらったりして座っているとき、ずっとちさちゃんを見つめていると、チラッとこっちを見て俯いていた。
帰りは父さんの車に乗ったので何もしなかった。

家に着いてすぐに昼飯。
ちさちゃんは穴の開いたタイツを脱いでコタツに入ってきた。

従兄「寒くないか?」

ちさ「大丈夫、コタツ入るし」

ちさちゃんの隣に座ろうとしたら恥ずかしそうに、「兄君の隣、座っていいですか?」と離れていった。

(せっかく直に触ろうと思ったのに・・・)

しかし机は長方形で、ちょうど俺の前に座る形になった。
チャンス到来!

ちさ「兄君はいつ帰るんですか?」

兄「俺か?明後日には帰るよ」

ちさ「私も明後日です」

(あんなに泣いていたのにずっとニコニコして・・・)

なんかイライラした。
正座をしていたので、足を伸ばして指先でマンコを弄った。
ちさちゃんはビックリした顔で手で足をどけようとしてきた。
顔は次第に赤くなっていた。
手でスベスベの足を触った。
マンコをずっと弄ってやった。

ちさ「ひゃ」

兄「どうかした?」

ちさ「あ、足が痺れちゃいまして」

兄「足、伸ばしとき」

俺はすかさずちさちゃんの横に座った。

俺「足、大丈夫?」

ちさ「・・・」

兄「あっ、これ美味そう♪」

何もないふりをして手でマンコを責める。
顔を赤くしながら兄貴としゃべっているちさちゃんだが、下着が湿ってきたのがわかった。
するとトイレに立った。
俺も「用事がある」と言ってトイレに。

俺「さっき感じてた?」

ちさ「・・・」

俺「兄貴が横にいたから恥ずかしかったやろ?」

ちさ「もうやめて下さい」

俺「兄貴だったら許すの?」

ちさ「知りません」

俺「従兄でそれはないわ!キモいで」

ちさ「私は従兄のお兄ちゃんとして好きなだけで」

後ろに回り込んで便器に座り、太ももを両手で持って俺のブツをぶち込んでやった。

ちさ「やめてください。痛い!」

俺「ちさちゃんって処女だったんだ」

ちさ「痛いーやめて」

数分俺「中に出していい?」

ちさ「本当にやめて下さい。なんでもしますんで」

俺「じゃあ『俺のことが好き』って言って」

ちさ「俺のことが好き」

俺「気持ちいい?」

ちさ「痛いです」

俺「血が出てるもんなー。俺が初めてやけど、どう?」

ちさ「・・・」

俺「出すね」

ちさ「ダメダメ!」

俺は中で出したふりをした。

俺「いっぱい出たー。赤ちゃんできるかもね」

ちさ「ひどいよー」

ちさちゃんはずっと泣いていた。
で、そのことを兄貴に言ったらしく、俺は「中には出してない」と弁解したが半殺しにされた。