先週末のことです。
母は小さめのTシャツにショートパンツという姿でした。
朝から暑い日ではありましたが、母は日頃、あまり体にぴちっとした服装をすることがないので(スタイルはかなりいい方だと思います)、母が僕の前を通るたびにドキドキしました。
母の方も、どこかそわそわしているようで、(今日は何かいつもと違うな・・・)と感じてはいました。

いつも通りに朝食を終え、妹は学校に行き(父は僕が起きる前に出勤します)、母は洗濯をはじめ、僕は部屋に戻りました。
母の姿が頭から離れず、一度オナニーしてから風呂に入ろうかと考えていると、母が部屋に来て、「ケンちゃん(僕)、一緒にシャワー浴びよっか?」と言うのです。
努めて冷静にというかサラッと言った風だったけど、母の声は少し上擦っていました。
もちろん僕は母について行きました。

脱衣所で母と一緒に服を脱ぎました。
僕はTシャツとスウェットだったので3秒で脱いでしまい、その後は、母がTシャツを脱ぎ、ショートパンツを下ろし、ブラジャーを外す様子を観察しました。
母は恥ずかしそうに笑い、「何見てんの?エッチな子ね」と言って、片腕でおっぱいを隠しながらパンティを下ろしました。

いつもは顔を洗って水を浴びるだけなのですが、その日は母が、「汗かいてるし、洗っちゃおうね」と言って、スポンジで背中を洗ってくれました。
僕も母の背中をスポンジで洗いました。
目の前に母の丸くて白いお尻・・・。
こんな近くで見たのは初めてで、僕のオチンチンは早くもビンビンになっていました。

少し大胆になった僕は、「前も洗ってあげるよ」と言って母を自分の方に向かせました。
母は、「前は自分でするわよ」と言いましたが、僕が洗いはじめると。そのままにさせていました。
左手にスポンジを持って洗いながら、右手で母のおっぱいに触りました。
赤ちゃんの時(もちろん覚えていません)以来でしたが、大きくて柔らかくて、気が遠くなりそうでした。

乳首を弄ると、少しずつ大きく硬くなってきました。
右手でおっぱいを弄りながら、左手のスポンジを腹から腰、股間へと下げていきましたが、アソコを洗おうとしたら、「そこはダメよ」と少し厳しい声で言ったのでやめておきました。

洗い終わると母が、「お返しにケンちゃんも洗ってあげるね」と言って、スポンジで僕の首筋や肩を洗いはじめました。
母の手は胸から腹へと順に下りてきて、ついに股間に達しました。
もちろんオチンチンはビンビンです。
母は僕のオチンチンをじっと見ながら、感心したようにつぶやきました。

「ほんと、大きくなったのね」

「お母さんがセクシーだから、こんなになっちゃうんだ」

僕がそう言うと、母は「何言ってるの」と笑いました。
そしてスポンジでオチンチンを洗いながら、少し上擦った声で聞いてきました。

「オナニーとかしてるの?」

僕が「知ってるくせに」と答えると、母は何も言わず、スポンジを床に落として素手でオチンチンを洗いはじめました。
いつものオナニーの100倍くらい気持ちよくて、僕は思わず、「ダメ、出ちゃうから」と口走りましたが、母は「すごく硬いわ」と言いながら亀頭の部分を刺激するように擦り続けます。
僕は我慢できなくなって、母の両肩に手を置いたまま射精しました。
いつもの倍くらい出た感じで、母の胸やお腹にも僕の精液がべっとりと付いてしまいました。

母は笑いながら、「やだぁ、こんなもの出して・・・」と言って、自分の体や僕の股間にお湯をかけて綺麗に流してくれました。
僕が「すっごく気持ちよかった」と言うと、母は「これで今日は終わり」と言って、お互いの体をタオルで拭いて浴室を出ました。
僕は興奮が収まらず、自分の部屋へ戻ってから、もう一度オナニーをしてしまいました。

その日以来、母はそれまでにも増して僕に優しくなりました。