僕の隣の家には、高校生のお姉さんとその両親が暮らしている。
夜、自分の部屋から隣のお姉さん部屋が見えていた。
いつもはカーテンと窓が閉まってる。
お姉さん部屋は可愛かった。

しばらく見ていると、お姉さんが見えた。
お姉さんはタオルを体に巻いただけの裸だった。
そのタオルも取り、体を拭きだした。
僕にはお姉さんのすべてが目に入った。
僕はそれに見入ってしまい、しばらく見てるとお姉さんがこっちを見た。
お姉さんは顔を赤くしてカーテンと窓を閉めた。

後日、学校の帰りにお姉さんとばったり出くわした。

「あっ、こんにちは」

「ねぇ君、私の裸見たでしょ?」

「あ、あれはたまたまで・・・すみません」

「別に怒ってはないけど」

「それならいいですけど」

「暇ならちょっとうちに来てくれる?」

「あ、はい」

僕はお姉さんについて行き、リビングに案内された。

「ジュースでいいわよね?」

「はい。別にお構いなく。それで僕に何の用で?」

「あのね、私の裸を見たのにと思ってね」

「・・・」

「私にも君の見せてよ」

「え~!」

つい大きい声を出してしまった。

「私のを見たんだから、それで許してあげる」

お姉さんは満面の笑顔だったが、それが逆に怖い。

「わかりました」

僕は立ち上がり、ズボンとパンツを同時に下した。

「わぁ~小さい」

お姉さんは面白がって触ってきた。

「ちょっと何するんですか?」

「大人しくしてなさい」

お姉さんはそう言うと、僕のアソコを掴んでいきなり口に咥えた。

「お姉さん、やめてください」

叫んでもお姉さんのなすがままだった。

「私のも見たいでしょ」

自分から服とブラを捲り、おっぱいを出した。
そして僕の手を掴み、自分の胸に誘導して揉ませたりした。
そうこうしてる間に限界はやって来た。

「お姉さん、もう僕出そう」

ますますお姉さんのフェラのスピードが上がった。

「私の口の中に出していいわよ」

僕はそのままお姉さんの口に射精した。

「いっぱい出たわね」

「・・・」

「久しぶりに楽しかった。ありがとう」

後で聞くと、お姉さんは彼氏さんとしばらくやってなくて、溜まっていたものを僕にぶつけたらしい。