僕がまだ中学1年生だった頃。
前から同性異性、どっちも感じるバイだった。
その時、同じくバイの先輩がいた。
その先輩は顔は童顔で可愛い顔していて中2。
その割には声は変声期の真っ最中(自分もそうだったが)で、時々掠れる声に興奮していた。

そんな時、同じ陸上部の友達の1年と先輩の2年が兄弟だった人がいて、そいつん家に泊まりに行ったとき2年の兄の友達も来ていて、その先輩とも出会った。
確か1年5人、2年5人だった。
その時、友達が言った。

「いつもストレッチしてる2人組の先輩とお風呂に入ろうよ!」

(やった!)

その時、僕は思った。
だって僕はその先輩と2人組だったから。
そして入る時がきた。

僕「次、俺たちですよ」

先輩「じゃあ入るかー!」

僕「はーい」

先輩は堂々と脱いだ。
普段は日に焼けているが、脱ぐと服とズボンの部分は白い。
痩せているのに筋肉も人よりある。

先輩「熱くない?最初の人、騒いでたけど・・・」

僕「逆にぬるいんですが」

先輩「はは、ホントだねw」

その時も声が掠れていた。

僕「・・・」

先輩「どっちが先洗う?」

僕「先輩いいっすよ」

先輩「じゃあ洗っちゃお」

僕「・・・」

ずっと先輩のちんこを目で追いかける。
2年の割には小さいほうで童顔と合っていた。

先輩「終わった。洗うか?」

僕「はい」

先輩「来い、洗ってやるよ」

スマイルで言われてドキッとした。

僕「じゃあ・・・」

頭に先輩の手が当たる。
全体的に痩せているので腕も細いが長い。

ゴシゴシ。

先輩「◯◯(僕)はなんの種目だっけ?」

僕「幅跳びです」

先輩「あれ飛んだ後で待つ時さ~、飛んだやつのちんこ見えるよな~w」

僕「ああwここの陸部の伝統ですよねw」

先輩「知ってんだw」

僕「・・・」

先輩「・・・」

その時、先輩の手が僕のちんこに・・・!

僕「あっ!」

先輩「・・・」

もみもみ。

僕「せん・・・ぱぃ・・?」

先輩「ここも洗わなきゃw」

次第に先輩の手つきがやらしくなっていった。

僕「んっ!はぁ・・・」

友達「おーーーい、まだか?」

先輩「あ~もう出る~(風呂を)」

(いいとこまでいったのに・・・)

あとでそいつをしばこうと俺は思った。
結局、先輩とはそれきり何もなかった。