俺が21歳の時の話。
その日、俺は食中毒を起こして、朝に病院で点滴を受けてから、一人暮らしの家から車で20分の実家に帰った。
昨夜、下痢と嘔吐で一睡もできなかった俺は、点滴の効果と実家の安心感から、すぐ眠りについた。
夜、部屋をノックする音と母親の声で目が覚めた。

「和樹、なんか同級生とか言うとる女の子が3人来とるよ」

寝ぼけながら俺は、部屋を出て母親に聞いた。

「誰?」

「見たことない子やったけど」

特に気にすることなく玄関に向かいドアを開けた。

「久しぶり、元気しとった?」

そこには、恵美、亜紀、沙耶がいた。
高校時代、学校の校舎改築のためにテニスコートが使えず、テニスコートを時々借りていた女子高のテニス部員だった。
一通りの挨拶が終わった後、冬だったこともあり、寒いので家の中で話をすることになった。
亜紀が門限のために帰ると言う9時頃まで、高校時代の思い出話や互いの近況報告で盛り上がった。
3人を見送ったあと、俺も翌日の仕事に備えて一人暮らしの家に帰った。

翌日、仕事を終えて帰宅したのは8時頃だった。
ビールを飲みつつ彼女に電話をし、食中毒でデートをすっぽかしたことを謝り、他愛ない話をしているとインターホンが鳴った。
宅配便だろうと思い、携帯を持ったまま玄関のドアを開けると「ただいまー」と笑顔の恵美。
電話の向こうでは彼女が・・・。

「誰?」

焦った俺は口の前に指を1本出して恵美にアイコンタクト。

「いや、おかんが体を心配して来たみたい。また折り返すわ」

そう言って電話を切った。

俺「どないしたん?」

恵美「いや、昨日あんまり話できんかったから」

俺「来る前は電話してや。彼女来とったらやばかったし」

恵美「ごめん、ごめん」

恵美は、部屋で飲むつもりでビールを持ってきていたが、「簡単に男の部屋に入るな」と俺は言い、近くの行きつけの居酒屋で飲むことにした。

恵美は俺にとって特別の存在だった。
高校時代に三度振られた女で、最後には付き合えたが、チューもできないまま終わっていた。
居酒屋での恵美の会話は、酒が進むにつれエロい話になっていった。
5年の歳月はすごいもので、(あんな純情だった子が・・・)と複雑な気持ちで会話をしていた。
普段ならエロい女は好きだけど、青春が崩れていくようで・・・。

恵美はだいぶ酔いが進み、暑い暑いと言ってジャケットを脱いだ。
チューブトップだけの上半身に俺は思わず目を向けていた。

「どこ見てんのー?」

そう言いながら、腕で谷間を強調してくる恵美。

「もう、ええがな」と視線を逸す俺。

「ほんまに、ええのー?」

そう言いながら座敷のテーブルをまたいで隣に来る恵美。

俺はとことん迷った。
青春時代の綺麗な思い出として残しておくため我慢するのか、人生で唯一振られた女にリベンジするのか。
しかし、そんな迷いもたったひとつの行動でなくなる。
恵美がチューをしてきたからだ。

恵美「ほんとは和樹と高校時代にこうしたかった。でも和樹が童貞じゃないの知とったから、悔しくてできんかった。最初の人は初めての人が良かったから」

俺「なんやねんそれ」

俺の股間をジーパンの上から撫でる恵美。
硬くなりつつある俺のちんぽを、ファスナーを下げて取り出し、舐めはじめる。
最初は舌先で亀頭をペロペロ。

「私、下手くそかも知らんけど・・・」

笑顔で頷く俺裏筋、袋とチロチロ攻めてきた後、咥え込む。
ゆっくりと1分ほど過ぎた頃、音が立ちはじめる。

チュポ、ジュポ、ジュルルクチュン、クチュン。

(どこが下手くそやねん)

そう思いながら気持ちよくなっていく俺がいる。
しかし次第に大きくなっていく音に、個室とはいえ、周りの客に気づかれないか不安になってきた。

俺「部屋戻ろか?」

恵美「まだイキそうにない?」

俺「いや、もうちょっとかも」

恵美「じゃあ、1回出してから」

間もなく発射した。
顔をあげた恵美が微笑む。
俺はなんとなく恥ずかしい気持ちで、笑顔で返した。

恵美「ゴクリッ」

無言でおしぼりでちんこを拭きはじめる恵美。
風俗嬢かよと思いながらも口にはせず、ジーパンに仕舞った後、伝票を持ち、レジに向かった。

レジで会計を済ましていると・・・。

秀「おー和樹、来とったんか」

俺「おー秀くん、こんばんは。誰と来てるんですか?」

秀「浩と一緒に飲むか?」

俺「知り合いと来てて、ちょっとそいつ送らなあかんので、また今度お願いします」

そこにトイレに行っていた恵美が戻ってきた。

恵美「知り合い?」

俺「うん、中学のときの先輩」

恵美「先、行っとこか?」

俺「いや、ええよ。ほな秀くん、また」

俺と恵美は軽く会釈しながら店を出た。
恵美は寒いと言いながら俺の腕にしがみついてきた。
そして腕を絡めたまま家まで帰った。

部屋に帰ると、まず俺はユニットバスにお湯を張りに行った。
風呂を出ると、部屋のコルクボードに張ってある写真を見ていた恵美が、「彼女?」と聞いてきたが、俺は無言でボードを裏返した。
その後、風呂に湯が貯まったのを確認し、「後から入ってきいや」と恵美に言い、風呂に入った。

数分してドアを開けて入ってきた恵美に、俺は感動を覚えた。
高校時代イメージでオナニーをしていたが、それを遥かに上回る美しい裸だった。

俺「パーフェクト」

恵美「何よ、それ?」

お互い湯船に向かい合うように座り会話を始めた。
しばらくして恵美が俺のチンコを湯船の中でしごきだした。
恵美は俺の尻を持ち上げ、自分の立てた膝の上に置き、湯船からチンコを出した。
そう、潜望鏡だ。
さっき言わなかった言葉を、ここでは出してしまった。

俺「風俗嬢か!」

恵美「こんなん普通やん」

(普通かー)

またも淡い恋の思い出が消えていく気分。

チュポ、チュポン。

風呂なのでさっきより音が響く。
酒が入っているせいで、すぐのぼせてしまう。
お互いの体を洗いあった後、風呂を出た。

俺「秀くん、どうしたんです?」

秀「店閉まって、まだ飲み足りんから和樹の家で飲もかって。さっきの子もう送ったんやろ?」

俺「いや、まだ。てか風呂入ってますよ」

風呂場から顔だけを出す恵美。

恵美「パンツそっちおいてあるから、とって」

取りに行こうとすると。

秀「この赤のスケスケのやつでええんかー?」

恵美「それ」

恥ずかしがりながら言う。
笑いながら匂いを嗅ぎはじめる秀君。
隣で笑う浩君。
俺は苦笑いしながら秀君からパンツを取り、他の服と一緒に恵美に渡した。

結局、終電の時間を逃した。
恵美は家に泊まることになり、4人で飲み直すことになった。
俺の中学時代のアホ話を秀君と浩君が面白おかしく話してくれたり、恵美も楽しんでいる様子だった。

2時頃、2人が明日も仕事なので帰るということになった。
マンションの下まで2人を見送りに行った。

秀「あの子か、お前がどないもできんかった言うとった子は?」

俺「そう、あの子ですわ。まぁ今日、5年越しの・・・」

秀「今日は、いつもみたいにいかんわな」

俺「どないですかね。恵美が嫌がらんかったら俺はいいですけど」

秀「ほんまかいな。ええんか?」

俺「もう、ある程度思い出が潰れてるんで。でも嫌がったら帰ってくださいよ」

秀「おう、ほな後で」

部屋に戻る俺。

俺「ごめんな、付き合わさせて」

恵美「いいや、楽しかったよ。あんたの昔話聞けたし」

俺「明日、仕事は?」

恵美「休み。あんた仕事やんね。もう寝なあかんね」

俺「いや、まだすることある」

チューをする俺。

『大丈夫?』という目で見てくる恵美。

頷く俺。

さっき居酒屋で気持ちよくしてもらったぶん、今度は俺から攻める。
乳房を揉みながらキスを繰り返す。
一通りの愛撫が終わった後、恵美のマンコに顔をうずめる。
やさしいクンニから、やがてイジリー岡田ばりのクンニへ。
恵美は荒い息を繰り返した。

恵美「和樹にこんなことしてもらえるって思わんかった」

俄然やる気が出てきた。
俺は手マンへ。
ピチャ、ピチャ、ピチャとリズミカルな音が響くのと同時に、「あんん、あっ、・・・気持ちいい・・・」と恵美の声。
そこにガチャリとドアの開く音。
恵美はびっくりして布団を被る。

秀「悪い、悪いジッポ忘れて帰ってもて」

探すふりをする俺。
布団から恵美の顔だけが出ている。

浩「ごめん、恵美ちゃん。ベッドにあるかもしらんから、そこどいてくれる」

布団を巻きつけて立つ恵美。
浩君がベッドへ移動する。
その行動を見る恵美。
さらにその後ろから秀君が恵美の布団を下げる。

「きゃー」

悲鳴をあげしゃがみ込む恵美。

秀「おー。恵美ちゃん、俺らも混ぜてよ。ええやろ?」

俺を見てくる恵美。

俺「嫌か?」

嫌だと言ってくれと願う俺がいる。
少しの沈黙。

浩「舐めるだけでもええから」

また俺を見てくる恵美。
また少しの沈黙。

浩「あかん、もう我慢できひん」

恵美の隠しきれていない身体を見ながら浩君はオナニーを始めた。
照れながらも、浩君の立派なチンコを見ている恵美。

浩「恵美ちゃん、もうちょっと身体見して。はよ終わるから」

困った顔をしている恵美。
もう断る気がないなと思った俺は、恵美の後ろにまわり、「見せるだけ、ええか?」と後ろから抱きつきながら聞いた。
案の定、顎を縦にこくり。
後ろから胸を押さえている左手と、下を隠している右手をゆっくり解いた。

浩「パーフェクト」

数時間前に俺が言った言葉を聞き、恵美は笑った。
この「パーフェクト」という言葉、俺たちが乱交をするとき女性の身体を、褒めるためによく使う言葉なのだ。
一気に場が解れた。

浩「恵美ちゃんが、和樹のん舐めとるとこ見して」

まだ照れていた恵美だったが、俺が前にまわり、パジャマがわりのジャージとパンツを下ろすと、俺の目を見つめた後、仁王立ちフェラを始めた。
居酒屋とは違い、最初から激しいものだった。
恵美も興奮していたのだろう。

ジュポ、ジュポ、ジュポ!

いつの間にか秀君もオナニーをはじめている。
必死に俺のチンコをしゃぶる恵美。

秀「あー、もう我慢できん。俺のも舐めて」

俺の横に立つ秀君。
もう俺の顔を見ることもなく、俺よりひと回り立派な秀君のチンコにしゃぶりつく恵美。

「俺も俺も」と浩君も寄ってきて、3人で恵美を囲むように立ち、フェラをしてもらった。

俺がベッドにゴムを取りに行っている間に秀君が寝転がり、四つん這いで秀くんのモノを必死にしゃぶっている恵美のマンコを、浩君が舐めている。
色々な音と声が飛び交っている。
自分の淡い思い出が崩れ去っていく一方、いつもの乱交よりも興奮している自分がいた。