僕は今、37歳。
妻のミチは35歳。
子どもは女の子が1人で13歳。

妻との出会いは30年前、7歳と5歳だった。
当時、僕は両親と3人で住んでいた。
アパートだった。

ミチはお父さんと2人。
部屋は隣り同士。

夏休みのある日。
ミチは表で地面に何かを書いていた。
確かお人形だったような記憶がある。
ワンピースを着ていた。
彼女が足を広げた。
バランスを取るために。
そこへたまたま僕が帰ってきたのだ。
僕は見た。
ミチが何もワンピースの下に穿いていないのを。

(僕と同じだ・・・)

じつは僕も半ズボンの下に何も穿かない。
幼い頃からそうだ。
父の考えでそうしている。

「タマを冷やした方がいい」

そう父は言う。

さて、僕はミチを家に誘った。
ミチはまったく警戒せずについて来た。
スカートを捲ると、幼いつるりとした腹部が現れた。

「またお漏らし?」

ミチはモジモジと頷いた。
ミチの父はこの頃、下着を与えない。
洗濯が面倒なのだ。
僕はミチを励ますためにこう言った。

「パンツなんか俺も穿いてないぞ!ほら!」

ミチはそれを見て、「お兄ちゃんもお漏らし?」と聞く。

「ちんちんは冷やすのがいいんだぞ!」

「そうなの・・・?」

それからミチは仲間だと思ったのか、僕のあとをついて来るようになった。

ある日、悪戯で、「服を着たら遊んでやらない」と言った。
するとミチは素っ裸で追いかけてきた。

翌年、ミチは小学校に入学した。
入学式当日、ミチは何も穿かずに登校した。
僕もそうだった。
運動の時、ミチは家から短パンを穿いて行く。
下校後、それを僕に預けるのだ。
翌朝、また僕から受け取り、それを穿いて登校する。

ある日、ミチを銭湯に誘った。
家に風呂はない。
ミチは躊躇いもせず、僕と一緒に入った。

ミチは僕と一緒の時、ほとんど下着を着けてない。
僕もそうだからとミチは言う。
じつは現在でもそうなのだ。
僕もミチも娘も。
もちろん生理の時は別だ。

たとえば家族旅行の時、ミチも娘もワンピース1枚。
あと、陰毛が汚らしいので3人とも剃毛している。

うちの娘の名は麻衣。
13歳。
妻のミチとよく似ている。
ワンピースをよく着ている。
しかも下着はなし。
制服のスカートはミニ。
一度見てみたら、なんと何も穿いてない。

「大丈夫なのか?」

「平気だよ!」

麻衣の露出癖は、妻のミチの影響だと思う。
おしっこを教えるようになったのは1歳。
それからは下着を与えずワンピースのみ。
冬以外はなるべく薄着で過ごさせた。
夏は裸。
僕と妻は自営なのでいつも一緒。
なので娘は見てやれるのだ。
毎日、裸。

保育園に行くようなってショーツを穿かせた。
娘は嫌がって泣き、保育師さんも困り果て、とうとう黙認。
お遊戯で足を広げてマンコ丸出し。

小学校の入学の時、娘に「お前の意思で決めていいんだぞ」と言った。
娘はスカートの下に何も穿かずに登校した。

5年生の時、初潮が来た。
しかし隠すことはなかった。
間もなく発毛。
胸も出て女らしい体つきになった。
しかし態度は全然変わらない。
夏は素っ裸で部屋をウロウロ。
妻もそうなので叱れない。

話は変わって、僕の故郷は海辺の町である。
夏は必ず訪れる。
妻も娘も喜ぶから。
水着など持たずに行く。
車ではなく列車で。

3日後、列車に乗った。
妻はワンピース。
娘はタンクトップ。
娘はマイナス3ミリ。
つまりマンコが見えている。
お尻も半分出ている。
しかし娘は平然としている。

夕刻、田舎に着き、老婦人が迎えてくれた。
浴衣を着ている。
僕の祖母だ。
つまり父の母。
ここへ来ると娘は裸が衣装である。
素っ裸で甘える。
ミチも脱ぐ。
そのあと買い物へ。
近所の店へ素っ裸で行くのだ。
そして普通に買い物をする。

娘は海で遊泳。
高校生の娘も裸で泳いでいる。
じつは僕もそうだった。

ミチを初めてここへ連れて来たのは彼女が10歳の時だった。
やはり夏だった。
大冒険だった。
2人だけで来たのだから。

列車に乗り窓の外を見ていると、ミチが囁いた。

「短くないかな?」

しきりにスカートの裾を気にしている。
もうすぐ降りるのだ。
スカートが短いのは上の方で穿いてるからだ。
下着は穿いてない。
それは僕も同じ。

駅には祖母が迎えに来ていた。
この人はいつも着物だ。
駅前の店で昼を食べさせてもらい、買い物をして帰った。
荷物を部屋に置くと早速泳ぎに行く。
フルチンだ。
ミチも素っ裸でついて来る。

夕方、家に帰り風呂に入る。
2人一緒だ。
僕は薄毛が生えていた。
それを剃る。
ミチはツルツル。
ここの風呂は母屋と離れていた。
なので当然、裸で母屋に戻る。

夕食後、祖母が浴衣を出してきてミチに着せた。
続いて僕にも。
下着はなしだ。
3日後、祭りがあるのだ。
ミチが祖母に聞いた。

「パンツはいいの?」

「いいんだよ」

祖母は着物を捲った。
何も穿いてない。
僕が浴衣を脱ぐと、ミチも脱いだ。
僕たちは部屋に戻り宿題をした。

ミチに言った。

「ミチ、ここでは裸でいろ・・・」

「分かった!」

次の日から朝宿題をして泳いで、昼の後また泳いだ。

祭りの夜。
3人で出かけた。
浴衣は直され、ミニになった。
僕は甚平。

祭りを見て歩くうちにミチが金魚すくいをしたいと言う。
取れないと悔し泣きした。
僕もやったが駄目だった。
周りを見ると小学生や、もっと幼い子が見ている。
ほとんどが素っ裸。
ミチも脱ぎ、もう一度やると言う。
今度は取れた。

次の日。
僕とミチは裏山に行くことにした。
水筒と菓子だけ持った。
頂上まで1時間。
もちろん裸で歩く。
すぐに汗が出てきた。
頂上には小さな祠がある。

僕はミチに言った。

「また来ような・・・」

ミチは頷いた。

僕たちの滞在は1ヶ月に及んだ。
裏山へは何度か登った。
初めてキスしたのも裏山だ。

街へ行ってみようと誘ってみた。
2日後、祖母の許しをもらって出かけた。
僕は半ズボン、上は裸。
ミチはノースリーブのシャツとスカート。
バスに乗り、街へ。
ミチはバスの車内でシャツを脱いだ。
胸は真っ平らだ。
髪も短いので少年のようだ。
続いてスカートも取った。
生まれたままの姿になった。
平然と窓の外を見ている。
街へ行くと決まってミチが言った。

「ハダカがいい!」

ミチは解放感の虜になっていたのだ。

バスが着いた。
ミチは降りて行く。
周りは何も言わない。

この街の人はハダカに慣れている。
秋には『子ども神輿』というのがあって、みんなハダカで担ぐのだ。
12歳までの男女が基本だ。
文字通りハダカで担ぐ。
だから子どものハダカは風景の一つなのだ。

ミチはデパートに入り、服を探す。
買うのでなく見たいのだ。
ウロウロと動き回る。
大人たちはミチに逢うと男の子だと勘違いする。
しかし割れ目を見て女だと気づく。
2時間後、帰りのバスの中にいた。

9月、学校がはじまった。
ミチの露出癖がエスカレートした。
室内ではほぼ全裸。
アパートなので部屋にトイレはない。
なので全裸で行く。
僕のとこへもハダカで来る。

ミチのお父さんの仕事は出張が多い。
そんな時、僕の部屋でご飯を済ませ、自分の部屋に帰り、裸で過ごす。

クラスでノーパンがばれた。
彼との約束があってノーパンなのだとミチは言った。
そして僕の名を出した。
ミチは僕の彼女として認められた。
全校行事ではミチはいつも僕の隣にいた。

翌年、僕は中学へ。
ミチは5年生に進級。
間もなくミチのお父さんが仕事中の事故で死亡。
ミチは僕の親が引き取り、新たな街へ移り住むことになった。

ミチに初潮が来た。
腰が張って丸みを帯びてきた。
乳房も膨らみ、女っぽくなった。
家では長めのスカートを穿いている。
髪も伸ばしてリボンをつけたりするようになった。
しかし露出癖は変わらない。
スカートの下には何も穿かない。
登校もそうだ。
校内では下着を穿く。

僕と2人だけの時は素っ裸である。
休みの時は2人で出かけるようになった。
隙を見つけては触ってくる。

そんな時、母が倒れた。
癌だった。
ミチが家事をした。
父も僕も狼狽えていた。

翌年、母が死んだ。
ミチは主婦になった。

2年後、父が失踪。
間もなく自殺。
僕たちは祖母に引き取られた。
僕が16歳、ミチは14歳だった。
僕は街の高校へ。
ミチは中学へ。

祖母は土地を人に貸して生計を立てている。
いつもきちんと着物を着ている。
ミチを連れてどこかへ行くこともある。
お茶やお花だ。
普段は静かな祖母だか、着物をミチに着せて出かける時はうるさい。
家にいる時はハダカでいいのだが、着物の時は態度が変わる。
常に下着を着てはならないと言うのだ。
生理の時は仕方がないが。

「おしとやかにならないから」だそうである。

洋服の時もだ。

もう一つ。
陰毛や腋毛は処理しなさいと言う。
見た目が汚いと言うのだ。
祖母に見せてもらうとマンコも脇もツルツルだった。
ハダカがいいのは皮膚も呼吸しているから、妨げてはならないと言うのだ。
冬でも布団の中ではハダカだ。
僕の学校でもフリチン、フリマン。
ミチの学校もだ。
剃毛も普通である。

あと一つ。
相手の決まっている男女には交際を申し込んではならない。
僕とミチが付き合っているのを承知している。
だからミチには痴漢もスカート捲りもないのだ。

今日、3人の女の子が家に来た。
ミチの同級生だ。
僕も部屋に呼ばれた。
茶と菓子を持っていくと一斉に僕を見る。
僕はジャージ、女の子たちはミニスカ、ミチはタンクトップ1枚。
買い物に行くので付き合えと言う。

まず駅前に出ることにした。
バスで行く。
エスカレーターを上る彼女たちのマンコが丸見えだ。
デパートの3階、洋服売り場へ行った。
あれこれ試着し、いくつか見ていく。
その後コーヒーショップへ。
どうやら彼がいないのを気にして、ミチに相談したようだ。

「みんな可愛いからきっと見つかるよ!」

励ましておいた。

夜、ミチが部屋に来た。

「ちょっと眠れないの・・・」

ムラムラしているようだ。
外へ連れ出し渓流沿いまで行く。
ベンチに座らせ、マンコを舐めてやる。

「ああ・・・それいい・・・」

最近のミチは昇りつめるのが早い。

「ア~、イッちゃう~~」

やっぱりすぐに昇り詰めた。