昨日、家族で夕飯を食べていると突然の大雨。
すると、凄まじい雷の光と音と共に停電になった。
子供たちはキャアキャアと大騒ぎ。
俺と嫁は、すぐ復旧すると思いそのまま待っているが、10分経っても20分経っても全く復旧しなかった。
そして、30分くらいすると防災無線が鳴り、落雷による大規模な停電で復旧の目処はたってないそうだ。
仕方がなく緊急時用に買っておいた、ろうそくと懐中電灯とラジオを手探りで出してきた。

しばらくの間は、停電に大はしゃぎだった子供たちも、だんだんと飽きてきてしまった。
そして、子供たちの提案で大人と子供に分かれて、家の中でかくれんぼをやることになった。
まずは大人が鬼で、子供たちが隠れることに。
各自、懐中電灯を持ち、『大人vs子供』のかくれんぼがはじまった。
100秒数え、嫁と二手に分かれて子供たちを探した。

子供たちを全員捕獲すると、今度は大人が隠れる番になった。
俺が隠れる場所を考えていると、嫁はさっさとどこかへ行ってしまった。
俺は、ろうそくの明かりで僅かに見える扇風機を見て、いい場所を思いついた。
それは2階の和室にある、押し入れの中のタンスの後ろだ。
そこは冬の間は扇風機を仕舞う場所で、ふすまを開けただけでは中の様子は見えない。

(夏の今は確かスペースが空いているはず・・・)

俺はなるべく音を立てないようにその場所に向かった。
そして、そこを懐中電灯で照らすと、すでに嫁がいた。

「ちょっと、ここ狭いからどこか行ってよ~!」

「よし!探すぞ~!」

「ダメだよ!もう子供たちが来ちゃうよ!もっと奥に行ってよ!外から見えちゃうよ!」

「もう~!暑いのに~!」

1階を探し終えた子供たちは俺たちのいる和室に入ってきた。
そして、ふすまを開けた。
嫁は奥に詰めて、こちらに背を向け体育座り。
俺はその嫁に、ピタッとくっつき息を殺した。
すると子供たちは和室を諦めて隣の部屋に行ってしまった。
暗い密室で嫁とくっついて興奮してきた俺は、お尻を撫でながらうなじを舐めた。

「ちょっと!やめてよ、ちょっと、もう~!こら!やめなさい、子供たちに見つかっちゃうよ!」

それでも俺はやめずに、耳たぶを舐めながら、脇の下から手を入れ胸を優しく揉んだ。

「2階にはいないみたいだね!もう一度下を探そう!」

子供たちが下に行ったのをいいことに、俺の疑似痴漢はエスカレートしていった。
Tシャツの隙間から手を入れ、直接胸を揉み、乳首を摘んだ。
最初は抵抗していた嫁も、次第に・・・。

「もう~ダメだって、アンッアンッ」

短パンから出る太ももをなでなでしていると、嫁は自ら足を開きだした。
そして、短パンを脱がせパンティの中に手を入れると、すでにアソコは大洪水。
暗闇の無音の空間に、嫁のアソコから奏でられる、クチュックチュッという卑猥な音だけが響いた。

「嫁ちゃん凄いね、エッチな音だね大洪水だよ!いつもより興奮しているでしょ!」

「ハァハァ気持ちいいよ~!俺クンのだって、こんなに大きくなってるよ~!」

俺の股間を触ってきた。
キスをしながらお互いを楽しんでいると・・・。

「もう~!全然見つからない!1回出てきてよ~!」

仕方なく服を整えて押し入れから出ると、別々に音を立てないように下におりていった。

「もう、どこに隠れてたの。全然見つからない!」

「それは秘密で~す!」

「も~!じゃあ次は私たちが隠れるね!」

子供たちは隠れるが、すぐに捕獲完了。

「よ~し!次は絶対見つけるからね!1、2、3・・・」

俺と嫁は音を立てないようにさっきの押し入れに急ぐと、子供たちが数え終える前には裸でキスをしていた。
時間を惜しむように狭いスペースでお互いのアソコを舐めあった。

「ハァハァもうダメ!ハァハァもう入れて!」

「エッ!生で?コンドームないよ!」

「ハァハァ大丈夫だよ、ハァハァ生理前だから」

俺はゆっくりと嫁のアソコにペニスを納めていった。
目が暗闇に馴れてくると嫁は自分のTシャツを噛んで必死に声を抑えていた。
嫁も俺もこの状況にかなり興奮していたのか、僅か数分で限界だった。

「ハァハァ俺クン、ハァハァ気持ちいいよ~!アンッアンッイッちゃうよ~!アンッアンッンッンッンッ!」

「ハァハァ俺も気持ちいいよ~!嫁ちゃん愛してるよ~!もうだめ!アアッウッウッウッ!」

俺は嫁のアソコの中に大量の精液を放出した。
持っていたポケットティッシュで嫁のアソコを拭くと、子供たちが「出てきてー!」と言うまで裸で抱き合っていた。