あれは俺が20歳の頃の忘れられない話。

俺は建設会社の現場監督として働いていた。
総工費30億ほどのホテル建設現場で完工間近。
バブルの余韻がまだ残る12月の週末、ちょっと早い慰労会を行なうことになり、夕方から割烹料理屋へ。
そして二次会、三次会と続いた。
その頃には人も減り、所長と俺を含めた若い連中3人。
普段は絶対に来れなさそうな高い店だ。

「ここまでの支払はしとく。後はこれで足りなかったら領収書持ってこい」

そう言って5万置いて帰られた。
そこで閉店まで大人の遊び方を勉強しつつ、ブランデーをカポカポ煽って解散。
店の前で同僚と別れ、駐車場に向かう。

「うぇ、ちょっと飲みすぎたか?」

駅の横道を歩いていると人影が見える。
徐々に近づくと、それは女性だった。
歩道の花壇にもたれかかって動かない。

(酔っ払いか?)

歩幅を狭め、ゆっくり確認しながら通り過ぎる。
そしてそのままバックして戻り、再度確認。

「大丈夫ですかぁ?生きてますかぁ?風邪引きますよー」

肩をポンポン。
終電も過ぎ、人通りもない歩道。
本当に良心での行動。

「あ・・・すみません」

彼女は起き上がった。
20代後半に見えた。
パッと見ホステス、前髪の立ち方がそんな印象を与えた。

「大丈夫ですか?」

「え、ええ、飲み過ぎちゃって・・・」

立ち上がったがフラフラで腰までフニャフニャ。

「タクシー呼びましょうか?」

「い、いいです。家近くですから」

そう言って立ち去ろうとするが、まともに歩けていない。

「肩貸します。家近いんですよね?」

「じゃあ、お願いします」

着いた所はマンションの5階。
バッグの中から鍵を取り出して室内へ。
彼女が内鍵を閉め、「こんな物!」と言いながら鍵を廊下に投げ捨てる・・・。

(なんだこの人?)

そう思いながらも、立派な部屋に感心。
ベッドに寝かせて・・・。

「じゃ僕はこれで」

当時は(今も)彼女一筋。
本当に良いことをしたと自己満足して帰るつもりだった。

すると彼女が僕の手を掴み、「もう少しだけいて下さい」と言う。
僕は戸惑いながら、その状態のまま床に座り込んだ。
10分ほど経ち、彼女が寝たと思い帰ろうとすると、またギュッと手を握ってくる。

(困ったなぁ・・・)

記憶が飛ぶ。
いつの間にかベッドを枕に寝ていた。
時計を見ると2時間くらい経っていた。
しかし、手はそのまま。
彼女の方を見ると、彼女は泣いている。

「どうしました?」

顔を覗くと、彼女に抱き締められる形でベッドへ。
泣き止まない彼女。
僕はただ困り果てた、なす術がない。
すると彼女はいきなりキスをしてきた。
舌が入ってくる。
濃い色の口紅が不味い。

“M美(当時の彼女)、ゴメン!”

心の中で叫び、泣きながらのセックスがはじまる。
紺色のパンツスーツを脱がせ、水色の下着姿に。
その頃には泣き止み、喘ぎ声をあげるようになっていた。
ブラを取り、手のひら大のオッパイを必死で揉む。

「あっ・・・あっ・・・」

初めての年上女性に多少緊張しながらも攻める。
パンツを脱がせクンニしようとするが拒まれ、攻守交替。
服を脱がされ濃厚なフェラ。
M美とは比べ物にならない。

ジュポッ、ジュポッ、ジュポッ、ジュポッ。

頬をへこませ、泡だった唾液が垂れる。
再び攻守交替。

「大丈夫だから」

彼女は自分でチンポを導く。

「はうっ、あっはあぁぁ」

初めての年上女性、初めての生挿入、そして・・・。

「イ、イキます」

初めての中出し。
挿入から2分くらいだった。
今までのセックスに疑問が湧くほどの快感。
でも若いって素晴らしい。
出してもガチガチのチンポ。
そのまま抜かずの2発目。
多少余裕が出てくる。

「はっ・・・あっ・・・あっ」

僕は、パンパンパンと激しく音を立てながら射精した。