決意を決めて、昨日ソープに行ってきました。
当方、35歳になったばかりの真性童貞&二次オタ。

該当地域のお店のスレを色々と見て、総額61000円、120分の高級店を12時から予約。
1時間前に出勤確認の電話を入れると、「少々お待ちください」と言われ、少し待つと、予約を入れた姫の出勤時間が18時からになっていると言われました。
当日出勤の他の姫と変更することもできると言ってくれましたが、今回はそのお店を諦めました。

でも、せっかく電車を乗り継いでここまで来たのだから、やはり目的を果たさないと・・・。
というわけで、第2候補に選んでいたお店に電話。
事前にネットでその店の姫もチェックしていて、当日出勤している姫のうち、希望が2人いたのですが、第1希望はお仕事系、第2希望は恋人系という感じだったので恋人系の姫を予約。

お店に到着後、事前にお金を全額払います。
本やネットでは総額51000円で110分になっていますが、初回なので追加5000円を払い、総額56000円で110分になりました。
まあ予算内なので問題ないです。

待合室に通されアンケートを書かされました。
ここで偽名を書き、住所も隣の市にして、生年月日も偽りを。
基本NSの高級店でしたが、初めてなのでS着でお願いしました。

姫の準備ができたところで、店員さんに案内されてエレベーターへ。
顔モザイクの店で不安だったのですが、初対面した姫は、美人と言うよりも可愛い印象を受けました。
20代後半くらいかな?
声も可愛い感じで、エロゲ声優オタな自分は嬉しかったです。

手を繋がれ、姫に案内されてエレベーターへ。
そこでキス。

姫「緊張してます?このお店初めてですか?」

俺「ハイ。ちょっと緊張してます。お店が初めてというより、風俗が初めてです」

姫「えー!そうなんですかぁ。他のお店とかもないんですかぁ?」

俺「風俗そのものが初めてですよ。本当に」

部屋に案内されてまたキス。
ここで姫に告白。

俺「風俗が初めてと言うよりも、じつは童貞なんですよ。30半ばでまだ・・・」

姫「大丈夫ですよ。そういう人、多いみたいですし・・・。私は童貞の人とするの初めてなんですけど。じゃあ今日はいっぱいエッチなことしようね」

そう言われつつ抱かれたので、こちらも姫の身体に手を回しました。
ソファーに案内されて、話をしながら脱がされていきます。

俺「色々お願いしたりするかもしれませんので、ダメなことは『ダメ』って言ってくださいね」

姫「いいよ、大体のことは。あ、ここ硬くなってるよ。口でするね」

初めてのフェラは感動しました。
口内の音が聞こえてきます。

姫「あ、生フェラしてよかったのかな?私、おっちょこちょいだから」

俺「気持ちいいです」

姫「イキたくなったら言ってね、止めるから。オマンコに頑張って出そうね」

俺「ハイ。もうちょっとで出そうかな」

フェラを中断してブラジャーを外させてもらいます。
でも慣れてないので時間が掛かりました。
姫にアドバイスを受けて外すことに成功。
胸が露わになったので、後ろから触らせてもらいました。
なるべく力を入れずにやりました。

ベッドの上でゴムのつけ方を教えてもらい、希望通りストッキングは穿いたまま挿入。
ゴム着なので、締り具合とかはよく分かりませんでしたが、熱い感じはしました。
上下に動いてくれる姫。

俺「早漏かと思ったけど・・・頑張れそうです」

姫「うん、中で出してね。頑張るから」

上下に動いてくれる姫の腰を持ったりしつつ、無事に中でイクことができました。

姫「頑張ったね、良かった。これで童貞卒業だね」

俺「ありがとうございます。姫のおかげで卒業できました」

舌を絡め合うキスをしつつ、しばらく抜かずに入れたままで余韻に浸っていました。
身体を離して姫にゴムを外してもらいます。

「いっぱい出たよぉ」

なんと、お掃除フェラまでしてくれました。

お風呂では潜望鏡も体験しました。
その後、マットの準備をする姫と色々と雑談をできたのが良かったです。
初めてのマット体験は、ローションでヌルヌルにされた身体を姫が縦横無尽に動き回り、なんとも情けない声を出してしまいました。
足の指も1本ずつ舐められました。
右手で手コキ、左手で玉袋、口でアナル舐めをされた時はやばかったです。

さて、ゴムを付けてマットの上で2回戦。
胸を舐めたりキスをしたりと先ほどよりも(若干ですが)長く持ち、2回目も無事イクことができました。

「さっきよりもちょっと少ないかなぁ」

なんて感想を言われつつ、またお掃除フェラ。
ローションをシャワーで落としてもらって、しばし休憩。
ドリンクを飲んで雑談したりキスしたり。

姫「本当に童貞だったの?」

俺「本当ですよ。姫が話しやすい人なので積極的になれてます」

雑談後は3回戦。
ベッドで、おまんこを見せてもらったり触らせてもらったり舐めさせてもらったり。

俺「3回目は無理かと思ったけど、硬くなってきました」

姫「クスッ。じゃあ、もしイケなかったら手コキで出してあげるね」

69を希望して、姫のあそこを広げて唇で刺激しました。
喘ぎ声は演技かもしれませんが、本人曰く濡れやすい体質とのことで、確かに濡れていました。
フェラをしてくれる姫の動く口が見えて興奮しました。

ゴムを自分で付けた後、姫が手を添えてくれて正常位で挿入。
動き方を姫に教えてもらいながら腰を振りました。
今度はバックに挑戦。
こちらも動き方を教えてもらいつつ、頑張って腰を振りました。
アナルが見えてエロかったです。
フィニッシュは正常位で。
でも、日頃の運動不足のせいで、支える腕が疲れてきました。
それを悟ってか、姫が手コキに変更。
時折フェラも交えてもらい、姫の胸やあそこを弄りつつ、3回目もイクことができました。

俺「3回も出せるとは思いませんでした」

姫「よかったね。ちゃんと出たよ」

3回目もお掃除フェラをしてくれました。

その間、姫はフロントに電話。
部屋を出る直前に名刺を貰い、部屋を出てエレベーターへ。
最後のキスをして姫とお別れ。

災い転じて福となすではありませんが、2番目の候補で正解だったかもしれません。
行く前は不安でいっぱいでしたが、姫が積極的な子だったので3回も出すことができて、自分でも驚いています。
無事に童貞を卒業することができて、姫には本当に感謝しています。

レポートは以上です。