私が雅美と知り合ったのは私が28歳、雅美が29歳の時でした。
当時、私は結婚4年目で2人の子持ちでした。
結婚してからは、浮気などしたことも考えたこともない真面目な生活を送っていました。

私の職場には毎日、お昼時になるとヤクルトレディが来るのですが、それまでのレディは太めのおばさんであったりして全く恋愛の対象外でした。
で、それまでのおばさんが、「今日で私は辞めます。来週から新しい人に代わります」と。
でも、(どんな人が来るのかな?)とか気にしなかったのを覚えています。

月曜日のお昼頃、付き添いの上司の男性と現れた雅美(仮名)を見て驚きました。
今までのヤクルトレディの印象を根底から覆すポテンシャルでした。
スリムで、顔も今で言う永作博美似でしょうか。
キュートな感じで、しかも私の大好きなポニーテールでした。
完全に一目惚れしました。

それから毎日来るようになり(当然ですが)、今まで1本くらいしか買わなかったのが2本3本と買うようになり、結構話もするようになりました。
話し方も気さくで飾りっ気がなく、ちょっと冗談で皮肉るとプーっとほっぺを膨らせる顔がたまりませんでした。
今すぐで抱き締めたいという願望が膨らんでいました。
ヤクルトレディは既婚者のみが出来る仕事だそうで、もちろん雅美も既婚者で1人の子供のお母さんでした。
うちの子供とは1歳違いでした。

そんな毎日を過ごすうちに雅美が来るお昼が待ち遠しくなり、来れば話をするのが楽しみでした。
でも、デートや告白に進む勇気もなく、あっと言う間に1年が過ぎたのでした。
なんとか前に進みたい一心で色々画策し、ひとつの妙案が浮かびました。
私のいた場所は中堅の都市でして、外れにはまだ自然が残っているような所でした。
子供の頃からの特技、昆虫採取で誘えないだろうかと思い、ある日、思い切って誘ったところ、「子供も行きたいって」との返答を得て、早速その日の20時頃に待ち合わせて雅美の子供と3人で一緒に行ったのでした。

カブトムシやクワガタなど採取したあと、街の灯りが見える少し開けた場所に腰を下ろし、缶コーヒーを飲みながら話をしました。
普段なら会社で5分程度しか話せない雅美と、こんなに間近で話せていることに幸せを感じました。
勇気を振り絞って告白しようかどうか迷いましたが、恋愛経験の少なさもあって理性が働き、結局タイムオーバーになったのでした。
しかし、その後は、職場での雅美との会話も一歩進んだような気がしていました。

そんなある日、いつもは元気いっぱいの雅美が少し暗めの顔をしていたので、「どうしたの?元気ないみたいだけど」と声をかけました。
すると雅美は大きな瞳に涙を浮かべ、「旦那と喧嘩した」と言いました。
それまで旦那の悪口ひとつ聞いたことなかったので少し驚きましたが、ある意味これはチャンスと思い、勇気を振り絞って、「明日、ランチでもしながら話を聞こうか?」と声をかけました。
結果はOK。
私は有頂天になり、心の中でバンザイを叫んだのでした。

翌日、待ち合わせ場所に現れた雅美は心なしか昨日より元気を取り戻したみたいで、「どこへ連れってくれるの?」とか「デートみたいね」と話してきます。
憧れの雅美が助手席に座っていること自体信じられなくて、ドキドキもマックスに達していました。

「せっかく天気もいいし、少しドライブでも行こうか?」

いつもの元気な雅美に戻って、「うん!」と言ってくれました。

(絶対に今日告白しよう!)

そう心に誓った瞬間でした。

車で1時間くらいの場所にある小さめの遊園地に行きました。
色々なアトラクションに乗ったりしましたが、最後にお化け屋敷に入ろうかってことになり、最大のチャンス!だと思いました。
中に入ると自然と手を繋ぎ、機械仕掛けのお化けなんて全く興味が無く、ただひたすら雅美の少し汗ばんだ手の感触を堪能していました。
最後のお化けが終了し、出口の近くまで来たところで、繋いでいた手をぐっと引き寄せ、いきなりキスをしました。
雅美は目を見開き、びっくりした表情を浮かべていました。

およそ10秒くらいのキスをして唇を離した瞬間、「ずっと好きだった。ずっとこうなること考えていた」と矢継ぎ早にセリフを並べました。

しかし雅美は、「ホントに?あなたのこと、ずっといいお父さんとしか見ていなかった」と言われました。

あまりその場所で長居するわけにもいかず、とりあえずお化け屋敷を出ました。
無言の2人。
しかし、手だけはずっと握ったままでした。
明らかにさっきよりも汗ばんでいました。
やっとの思いで、「観覧車乗ろうか?」と言うと、返事も聞かず乗り込みました。
対面に座りましたがお互い顔を見れない状態です。
ほのかに雅美のほっぺが薄っすらと赤くなっているような。

そこで、「こっちに座らない?」と声をかけると、「うん」と照れた顔で言ってくれました。

横に座った雅美。
お互い心臓の鼓動が聞こえるような距離です。

「雅美と出会ってから1年間、ずっと好きだった。ずっと見てきたけど、心から好きだった」

「あなたのこと、子煩悩ないいお父さんだと思ってた。正直、あなたが旦那だったらと考えたこともある」

どちらかともなく2度目のキスをしました。
今度はフレンチではなく、熱い口づけでした。
舌と舌とを絡め合って唾液の交換をしました。
いつの間にか観覧車は終点まで来ていました。
係員にしっかり見られましたが、そんなことは気にならないくらい、一気に感情が燃え上がったのでした。
帰り道の車中でもずっと手を握り、赤信号で停車するたび、今までの思いをぶつけるかのようにキスをしました。
この日から不成就の恋がスタートしたのでした。

翌日の昼、いつものように雅美がスクーターに乗って現れました。

「今日は何にしようかな?」

いつものように声をかけると、「いつものジュースでいい?」と普段通りに対応してくれました。
ただ1点違うのは、心が通じ合っている感覚があることです。
目を見つめ合う時に出る自然な笑顔・・・たまりませんでした。
職場に誰もいなければ確実にキスをしていました。

雅美が帰り際に手招きしたので行くと、小さな紙を渡されました。
小さな声で、「あとで読んで」と言われました。
雅美が帰ったあと、すぐさま便所にダッシュ。

『昨日はありがとう。あなたに会えてよかった。これからもヨロシクね!』

その手紙を握り締め、思わずバンザイをしたものです。

雅美が仕事終わるのが大体14時頃、幼稚園に迎えに行くのが15時。
その1時間だけが、既婚者から恋人になれる時間でした。
近くの公営の建物の地下に駐車場があり、車の中で色んな話をしたりキスをしたりして楽しんでいました。
雅美は料理も上手で、綺麗なお弁当を同僚にわからないように手渡してくれました。
大きなハートマークがそぼろで描かれていたときは、同僚達に見つからないように隠して食べた記憶があります。
(妻は全くの料理音痴です)
毎回、エッチな煩悩に悩まされていました。
しかし彼女は既婚者、世間が許してくれるわけがありません。
想いだけが膨らむ一方でした。

数ヶ月そのような状態が続いたある日、月に2~3回デートをしていましたが、その日もドライブ中に路肩に停車して濃厚なキスを交わしていました。

「雅美が欲しい」

「私、結婚してるんだよ。一線を越えるってすごく重要な意味になるよ」

この言葉の重さはわかっていました。
そしてこの時、妻との離婚を決意しました。

「わかってる。今まで苦労したぶん、これからは俺と・・・」

雅美は大きな瞳に涙を浮かべて、「ありがとう」と言ってくれました。
そのまま無言でラブホに入りました。
手をずっと繋いだまま部屋に入り、ドアを閉めた瞬間、体を引き寄せてディープキス。
そのままベッドになだれ込みました。

「シャワー浴びさせて。汗かいてるし」

「雅美に汚いところなんかない」

首筋から乳房に舌を這わせていくと、雅美はビクっと反応しました。
行為の後で聞いた話ですが、雅美の旦那は自分勝手なセックスで、濡れてもないのに挿入、前戯や後戯も全くなし、所用時間3~5分だそうです。
もちろん雅美はイッた経験もありません。
ですから乳首、脇の下、お腹から横腹を舐め上げてる最中はビクビク反応しっぱなし。
もともとスレンダーボディなので貧乳です。

「ごめんね、出産するまでは結構いい形だったんだよ~」

恥ずかしそうにアピールする雅美に苦笑しながら、心の中では「貧乳バンザイ!」と叫んでいました。
貧乳マニアな私にとっては極上の品でした。
透けるような色白で、色素が薄いので乳首もピンクです。
その乳首を吸ったり軽く噛むたびにビクッと反応する雅美。
右手の中指でヘソから秘所へなぞっていくと、そこは大洪水でした。
雅美も自分で認識していたのか、中指にべっとりついた愛液を意地悪く雅美に見せると、赤い頬を布団で隠しました。
ちょっとしょっぱい雅美の秘所を舌を尖らせて責め立てると、先程までとは遥かに違った反応を見せました。
ググッと体を仰け反らせて、「いや~恥ずかしから・・・」と言うものの、無意識でしょうか、秘所を押しつけてくるのです。

指で強弱をつけながらクリを愛撫しつつ、舌を秘所に突っ込んだ時です。
いつもは清楚な雅美が、「あ~、おかしくなる~」と絶叫したのは。
構わず舌をねじ込むと、29歳にして初めてイキました。

「目の前に突然お花畑が見えて・・・」

そう言って愛くるしい笑顔を見せてくれました。

「今度は私がしてあげる。旦那にもめったにしないサービスだからね」

茶目っ気たっぷりの笑顔で雅美はフェラチオをしてくれました。
後から聞いた話ですが、高2で処女喪失以来、男性経験は私で3人目。
ぎこちなく、でも一生懸命に上下してくれました。

頃合いを見計らって挿入しました。
雅美の秘所は十分に濡れていて、すっと入っていきました。
一気に奥までゆっくり突き入れると、なんとも言えない感動が押し寄せてきました。
出会ってから1年、来る日も来る日も考えるのは雅美のことばかり。
まるで走馬燈のように出会いからのことが浮かんできました。
奥まで突き入れて、そのままの状態を保ってるだけで幸せでした。
今までのセックスがつまらないものに思えるほど、雅美とのセックスは刺激的でした。
一種の征服感でしょうか。
雅美も同じことを考えていたのか、動かなくても秘所から愛液が溢れてきて、愚息を包み込むのでした。

「あっ!イクっ」

いきなり短い言葉を発して、雅美は2回目のお花畑。
私も興奮してしまい、全く何も考えずに中出しをしてしまいました。

「あなたなら子供できてもいいよ」

男冥利に尽きる言葉でした。