私「頼むから俺の体をまー君だと思って舐め回してくれ」

ハンカチで妻に目隠しをしました。
すると妻は上からすごくいやらしいキスをしてきました。
舌を絡ませた、激しくねっとりとしたやつです。
妻の口は私の耳、首筋を丹念に舐め始めました。

私「そんなにまー君の体に興奮するのか?」

妻「うん・・・興奮する・・・まー君の体、たまらない」

私は全裸になりました。
妻は興奮しながら脇の下までいやらしく舐めます。

私「まー君の体の匂いは好きか?」

妻「シャワーを浴びてないまー君の匂いがたまらない」

妻がこんなにもエロいことに初めて気がつきました。
嫉妬で心臓が張り裂けそうでした。
それに、脇の下がこんなに気持ちいいなんて・・・。
しばらく耳、首筋、脇の下を舐められ、私の性感帯である乳首を舐めてきました。

私「いつもまー君の体を舐めてたのか?」

妻「いつも舐めた。早く舐めたくて我慢できなくて、まー君のアパートに通った」

私「ゆりって男の汗の匂いが大好きな変態女だったんだな。ヤリマンだ」

妻「私を嫌にならないで」

私「愛してるよ。たまらないよ。『私は変態です』って言ってみろ。いやらしく言え!」

妻「私は男とやるのが大好きな変態です」

妻は、「あ~、我慢できない!」と言いながら乳首を舐め回してきました。
私は興奮と気持ち良さで体がビクビクしっぱなしです。

私「まー君のアナルを舐めるのは好きか?」

妻「うん。好き・・・。まー君、舐めていい?」

妻が私を「まー君」と呼びました。

私「いいよ」

妻は私の足をM字開脚にして、ベロベロとアナルを舐めながら手でチンコをしごいてきました。

私「あ~、たまんね~。そんなにまー君の体がいいのか?」

妻「すごくいいの~。まー君の体いいの」

妻にこんなことをされたのは初めてで、限界が近づいてきました。

私「もう出ちゃうよ。まー君の精子を飲むのは好きか?」

妻「まー君出して。飲ませて」

私「あ~、出る出る」

すかさず妻はアナルから口を離し、チンコを咥えて激しく舐めあげてきました。
私はドクドクとかなりの量を射精しました。
妻はチンコから口を離さず飲み干し、そのまま上下させてきました。
いったばかりのチンコを舐められ、私は体をビクビクさせました。
チンコはまったく萎えることなくカチカチのままです。

私「まー君のチンコ、いつもイッた後もしゃぶったのか?ちゃんと教えろ」

妻「口でそのまま3回飲んだことあるよ」

私「マジか!口で抜かずの3発か?」

妻「まー君、若かったしかなりタフだった。土曜日に仕事終わってアパートに行って、日曜日の夜まで10回以上やられてた。興奮する?」

私「たまんね~よ。ヤリマンだな。平日は?」

妻「我慢できなくて平日も仕事が終わってから行ってやられて、次の日の朝はそのまま仕事に行ったよ。ごめんね」

妻を押し倒し、脱がせていきなり入れました。
濡れすぎていて簡単にヌルッと入りました。
妻はいつもよりも敏感になっています。

妻「あ~気持ちいい~、もっとやって~!」

私「まー君にこんなスケベなおまんこにされたのか?」

妻「あ~ん、まー君がしたの~。私のおまんこをこんな風に」

私「ゆりのおまんこ、ユルユルになってるよ。まー君のデカいチンコのせいで緩くなったのか?」

妻「そう!まー君のせい。まー君のチンコのせい!」

腰を激しく打ち付ける私。

私「まー君はこの穴を自由に使いまくったんだろ?変態ヤリマン女、答えろ!」

私は興奮し過ぎて声が少し震えていました。
妻もかなり興奮して理性が飛んでいました。

妻「まー君にいっぱい使われた。私のまんこを自由に・・・あ~、私はヤリマンです」

私「俺とまー君、どっちがデカい?」

妻「まー君の方が全然大きいよ~、アッ!」

私「どっちが気持ちいいんだ?正直に言え、変態!」

妻「まー君!まー君の方が気持ちいい~、あ~」

私「やりたいか、まー君と?」

妻「まー君とやりたい~。大きいのでやられたい~」

私「まー君が浮気してなかったら、今もまー君とやりまくってるだろ?」

妻「今もやってる。何回も私のおまんこ、やられてる~」

私「今、まー君がここに来たら?」

妻「やらせる~。いっぱいやられる~。あ~やりたい~、イッちゃう~!」

私「変態おまんこ、早くイケ!」

妻「おまんこイク~。イクイク~!」

妻は足をピンと伸ばして痙攣しています。
たまらない興奮でした。
少し呼吸が整ってから、ゆっくりとユルユルのおまんこに腰を振りました。

私「どうせ、まー君とはいつも生だろ。どこに出した?」

妻「最初は外だけど、途中から中に出してた。避妊薬を飲んでたから」

私「中出しがよかったのか?」

妻「まー君も気持ちいいって言ってたし、まー君のは長いから奥に届いて出されるのが快感になった」

嫉妬と怒りと興奮で激しくおまんこに腰を打ち付けました。

私「まー君みたいな、いい体のデカチンを探すからな。やりたいだろ?今いたらやるだろ?」

妻「いいの?やられてもいいの?」

私「いいよ。ユルユルの穴に入れてもらいなよ・・・あ~、もう出そうだ」

妻「いいよ~。中に出して~。奥に・・・」

私はすごい快感と興奮に襲われました。

私「出る出る~!」

汗まみれの体でゆりの膣に流し込みました。

私「まー君とあんなセックスをして、よく俺で我慢してたな?」

不安でドキドキしながら聞いてみました。

妻「女は時間がたてば忘れて大丈夫になるんだよ。私、あなたが大好きだから。愛してるもん。でも思い出しちゃったじゃん、あの体・・・。でもまー君の体が好きなだけで、まー君自身を好きなのとは違ってたんだと思う。でも、あなたのことは愛してるよ」

愛おしさが込み上げてきました。

私「今度、いい体のデカチンを探しておくよ。俺の前でやっちゃいなよ」

妻「え~、いざとなるときっと無理だよ~」

私「無理じゃなくなったらね、頼むよ」

妻「はいはい。たぶん無理だと思うけど(笑)」

もう妻にどんなことをしてやろうか頭がいっぱいでした。
色々考えると興奮して、仕事中でも勃起する始末です。
でも仕事が終わると美香と会い、相変わらずカーセックスをすると少し落ち着きました。

当時、大人のおもちゃ屋があったので、シリコン製のペニスサックを買いました。
少し自分で改造して、ペニスの形にしました。
中が空洞になっているので、それを自分のペニスにはめると、カリ高の太くて長いペニスになりました。
私のペニスにピッタリなので、手で強く引っ張らないと外れません。

さっそく会社帰りに美香に試しました。
美香に目隠しをして、最初はペニスサックは付けないで、生でおまんこに出し入れしました。
美香のはほんとに気持ちいいおまんこでした。
頃合いを見てチンコを抜き、ペニスサックを付けました。
チンコがヌルヌルになってたので、すんなり装着できました。
ビッグペニスサックにローションを塗って・・・。

私「今度はデカいチンコ入れるよ」

美香「入れて・・・」

割れ目に亀頭をヌルヌルと擦り、ゆっくりと挿入しました。

美香「あ~、おっきい~、すごい~」

私「痛くない?」

美香「大丈夫。もっと動いて」

私「痛かったら言って」

少しずつ腰を強く振りました。

美香「すごい~気持ちいいよ~」

私「こっちの方がいい?」

美香「佐藤さんには悪いけど、こっちの方がいいよ~」

興奮して激しく打ち付けました。
太さは6センチ、長さは18センチ以上あるペニスがスッポリ入ってます。
いきなり抜いてサックを外し、すかさず生で入れました。
あれだけ吸い付くような気持ちいいおまんこだったのが、ユルユルになって抵抗なくチンコが入ってます。
デカチン男にやられた後に入れてる感じがして興奮しました。

私「気持ちいい?」

美香「気持ちいいけど、大きいのでして・・・」

この言葉を妻に言わせたいと、心の底から思いました。
再びペニスサックを装着して、大きく腰を振りました。
装着しているとイク気がしないので、かなり激しく打ち付けることができます。
すぐに美香は痙攣してイキました。
イッた後も動き続けると、涎を垂らしながら痙攣しています。
私は興奮して、お腹にたっぷりと射精しました。

美香「奥さん、こんなに大きな彼氏としてたんだね。いいな~。これじゃあ癖になっても仕方ないよ。デカチンの人が見つかったら、私にも試させてね」

私「美香も変態だな~」

次回は、ペニスサックを妻に使った時のことを書きます。

<続く>