女を意識しながら触れる母ちゃんの身体。
めちゃめちゃ柔らかく、マシュマロを指先で摘む感覚。
時折に眉間に皴を作り、唇から声にならないため息が漏れる。
ベッドに仰向けになる母ちゃんの身体に俺の手は這い回る。

少し前に初体験を済ませた俺。
今日は土曜日で学校は休み。
父ちゃんは仕事で、朝家を出る時に何やら母ちゃんと言い争う声が2階の俺の部屋まで届いていた。
毎度のことだと、俺は気にも留めずベッドに潜り込んでいた。
そのうちに掃除機の音が聞こえる。
無視してイヤホンでDVDを見ていた。

自室のドアが開き、母ちゃんが掃除機を引いて入ってくる。
テレビの画面をちらっと見た母ちゃんは、愚痴を言いながら掃除機のスイッチを入れて掃除を始めた。
俺はわざとでイヤホンを外して直に音声を流す。
掃除機の音で聞き取り難いが、それでもテレビから女優の喘ぐ声が漏れてくる。
無関心を装って掃除を続ける母ちゃん。
それでも声に反応するように、時折画面に視線を送る。

「もっと音を小さくしなさいよ。近所に聞こえてしまうわよ」

「掃除機の音がうるさいから」

「掃除してるんだから仕方ないでしょう。そんないやらしいのどうしたの?」

「友達から借りた。母ちゃんもちょっと見て行けば。ストーリーがあって結構面白いよ」

「馬鹿。高校生が見るようなものじゃないでしょ」

いつの間にか掃除機は止まり、立ったまま母ちゃんもテレビを見ている。

「ほら、母ちゃん、座って」

ベッド下にあるクッションを指差した。
引き寄せられるようにペタリと座り込む母ちゃん。

「これって母親と子供?」

母ちゃんの声が少し上擦っている。

「いつもこんなの見てるの?」

「友達が色々持ってるから」

「こんなの見ながらあんたは何してるの?」

「そんなの決まってるだろう」

「今も布団の中で・・・そうなってるの?」

「なってるよ。窮屈だからパジャマから出してる」

母ちゃんは画面と布団を交互に見る。
その視線が泳いでいる。

「掃除に来るって分かっていながら、なんでこんなDVDを?」

「母ちゃん、布団の中に手を入れてみて」

「何、馬鹿なこと言ってるの」

「これ見てたら俺も真似したくなった。お願い、ちょっとだけ」

母ちゃんは随分と躊躇ったみたいだが、DVDのせいで感覚が麻痺してきたのか・・・。

「触るだけだから」

ボソッと言い、床に座ったまま手を布団の中に入れてきた。
ガチガチに勃起したモノに母ちゃんの指先が触れた。
ふと顔を上げると、母ちゃんは女の顔になっていた。