僕の母は、僕が小さい時に父と離婚したそうです。
母を悲しませたくないので理由を聞いたことはありません。
母は和服がよく似合う美人で街を歩いていると男が振り返って見るほどです。
僕の自慢の母です。

母は父と別れてからは近所のお寿司屋さんにパートで働き、僕を1人で育ててくれました。
母と僕は小さなマンションで暮らしていますが、家賃は高く、母の給料も少ないので、いつも母は、「生活が苦しいいわ」と嘆いていました。
そんな母の口癖は・・・。

「貴之ちゃん、大学に行ってね。そして社会人になってお母さんを楽にさせてね」

僕はいつも、「うん、わかった」と答えていました。

僕が高校を卒業する頃、母に言いました。

「お母さん、僕、進学するのやめる。働いてお母さんを楽にさせてあげるよ」

僕はあまり勉強ができるほうでもないので、そのほうがお互いにいいと思って話しました。
母は少し戸惑っていましたが、「貴之が決めたのならそうしなさい」と、少し涙ぐんで答えてくれました。
息子に生活の苦労をかけてることを悪いと思ったのでしょう。

高校を卒業したその日の夜、母と僕は2人で僕の卒業パーティをしました。
母はお店のお寿司とお酒を持ってきて、「おめでとう」と言ってくれました。

母は家に帰るといつものように僕の視線を気にしないで着替えを始めるのが日常のことでした。
和服を丁寧に脱いで、薄青いネグリジェになると食事の支度になります。
僕は母がお店から持ってきてくれたお酒を飲んで少し酔ってしまい、母に甘えてみたくなりました。
ソファーに2人で座って昔話などをしていましたが、なぜか僕は急に性欲が出てきてしまって、母の乳房をネグリジェの上から触ってしまいました。
母は抵抗する素振りも示さず、「貴之、女の体はまだ知らないんでしょう?」と笑って言いました。
僕が「うん」と答えると、母もお酒を少し飲んでるせいか気が大きくなったのでしょう・・・。

「貴之、ゴメンネ・・・お母さんのせいで進学を諦めて。いいのよ、触って。お母さんのオッパイに触って。お母さん、このくらいのことしかあなたにしてあげられないから」

ネグリジェの胸のボタンを外して、オッパイを僕に触らせてくれました。
僕はムラムラしてきて、乳首にキスをしてしまいました。
母のオッパイは大きくてピンクの乳首が大きく興奮して立っていました。
僕は興奮して吸い続けました。
母も興奮した様子で、「アッ、ア」と嗚咽が出ています。

「お母さんでよければいつでもしていいのよ。お母さんが卒業のお祝いに女の体を教えてあげる」

そう言うと今度は僕の手をパンティの中に入れてくれました。
母のあそこは濡れていて、僕は初めてだったのでビックリして手を引っ込めました。

「心配しないで、興奮するとみんなこうなるのよ、女は・・・」

母は僕のズボンのチャックを下ろしてペニスを取り出して、舐めはじめました。

「貴之の、可愛い」

僕も母のパンティの中に手を入れて母が悶絶してる様子を楽しみました。
母はタンスからコンドームを持ってきて、僕のペニスに口を使って被せました。
そしてパンティを脱ぐと僕に言いました。

「いらっしゃい、女の体を教えてあげるわ」

母は僕のペニスを優しく掴んでカーペットの上に仰向けになり、女の体に挿入してくれました。
僕は初めてだったので母のリードにすべて任せて射精しました。

その日から僕と母は、男と女になってしまったようです。
僕は仕事が終わるとまっすぐに家に帰って母とのセックスを楽しむようになりました。
母も派手なパンティやスケスケの下着を買うようになりました。
僕を挑発して楽しんでるようです。
僕が働いてからは家の貯金も少しずつできるようになり、母も安心して暮らせるようになりました。
ただ母のお化粧が派手になってきて、お店で他の男に盗られてしまうのではないか心配です。

僕が社会人になって働きはじめて間もなく、母は今まで勤めていたお寿司屋さんのパートを辞めてハローワークに通いはじめました。

「貴之の結婚資金を貯めるためよ」と笑って僕に話しました。

僕が仕事から帰ると母は食事の支度をして待っていてくれます。

「どう、お母さん、何かいい仕事見つかった?」

「今は不景気だからダメね」

母や寂しそうな顔を浮かべました。
母は今まで僕のために操を守って、美人の母に言い寄ってくる男性は何人もいたでしょうが、息子の僕のために性欲は抑えていました。
母と僕が男と女の関係になって以来、母はストレス発散の対象を僕に定めてしまったようで、毎日が新婚夫婦のような気分です。
僕も美人の母が大好きで、喧嘩なんかしたことは一度もありません。
僕が社会人になってから母は長かった髪を切ってショートカットにしたせいか、年齢よりも若く見えるようになりました。
僕も人並みに性欲は強くて、美しい母と毎日セックスしたくてたまりません。

食事が終わると母は隣の部屋のベッドルームに行って、僕とセックスするために夜のお化粧をはじめました。
僕がお風呂から出て部屋に行くと、「貴之、疲れてないの?今夜もお母さんと遊んでくれるの?」と聞いてくるので、「もちろんさ」と僕は母に濃厚なキスを返しました。
母は僕が母の誕生日にプレゼントしてあげた黒とピンクのスケスケのベビードールランジェリーを着て、オヘソとアソコを露出させて僕の前戯を待っていてくれます。
最初の頃は、「こんなの着るの恥ずかしいわ」と言っていましたが、僕は女性のエロチックな下着が大好きなので、母に色々ないやらしい下着を着せて楽しんでいます。

まず僕の前戯は母の美しい足からはじめます。
母の赤いマニュキアを塗った足の指を1本1本舐め回してから、母の色白な全身を舐めていきます。

「アッ、あ」

母の口から嗚咽が出てきます。

「貴之、今夜も女の体を教えてあげるわね」

そう母は言うとバラの刺繍花柄の施された、あそこが割れているいやらしい黒いパンティーを脱ぎました。
僕は母のアソコに何回も軽くキスを繰り返し、鼻を軽く当てます。
母は今まで父以外の男性とのセックス経験がなかったので、すごく興奮して、「アッ、あ~」と声を上げ、汁をたくさん吹き上げてくるのです。
僕は、「お母さんのお汁、美味しいよ」と言って全部舐めてあげます。
母のアソコがだんだん硬くなってくるのがわかります。

母はどちらかと言えば後背位で挿入されるのが好きみたいで、僕は母を四つん這いにさせ、後ろから入れてあげます。
母は、「アッ、あ~」と淫乱な声をあげて僕を満足させてくれます。
今夜もこんな感じで夜は更けていき、2人は深い眠りに就くのです。

今日も僕は仕事が終わって家に帰ると、「お帰りなさ~い」と言って温かいオシボリを持ってきて、靴下を脱がしてくれて僕の手と足を拭いてくれます。
母は僕が誕生日にプレゼントしてあげた、黒とピンク模様のスケスケのベビードールランジェリーを上半身に身につけ、おまんこがすぐ見えてしまういやらしい黒いパンティを穿いて、オヘソとアソコを露出させて僕の帰りを待っていてくれます。

手指を丁寧に拭いてもらってると急にムラムラしてきて、母のアソコに指を入れてしまいました。
母のアソコはもうグジュグジュ状態で、僕が帰るのを待ちきれずに1人でオナニーしていたみたいでした。

「貴之、今日はお母さんと一緒にお風呂に入ろうよ」

「いいよ、でも一つお願いがあるんだ」

「何なの、貴之?」

「お母さんのおまんこの毛を剃らせてくれない」

母は一瞬、驚いたような表情をしましたが、「貴之の好きなように剃って」と言ってくれました。
僕は恥ずかしいことを言ったせいで、興奮してペニスがビクンと反り返ってしまいました。

母と僕は全裸になってバスルームの湯船に浸かりながら舌を絡めて濃厚なキス。
約束通り、お風呂から出ると母を立たせて両足を広げさせ、シェービングクリームをたっぷり母のアソコに塗りつけました。
母の剃刀を借りておまんこの毛を僕は丁寧にゆっくりと傷をつけないように剃り上げていきます。
母も興奮するのか、「ア、あ~」と淫乱な声を出しています。
僕も興奮して、亀頭から汁が滲み出ています。
すっかり剃りあがると、母のショートカットの髪型とよく似合って、まるで女子高生の体に見間違えるようです。
僕はたまらず母をバスルームのマットの上に寝かせて、ツルツルになったおまんこを舌で舐め回しました。
母はと淫乱な声を出して喜んでいます。
母を裸のまま両手で抱いてベッドに運び、濃厚なセックスをしました。