初めて風俗じゃない素人熟女さんと体験した。
私の仕事は、派遣のシルバー男女さん達に指示を出し、業務を遂行させる現場監督的な仕事。

ある日、居酒屋で懇親会を開催した。
男女5対5のシルバー合コンみたいなノリで結構盛り上がった。
女性陣は酸いも甘いも知り尽くした強者揃いで、男性陣が繰り出す下ネタに対して互角以上の応戦ぶり。
夜が更けてくると、さすがに眠たいのか1人減り、2人減り、気が付くと男2対女3になっていた。
会もお開きになり、シルバー男性が俺に耳打ちして帰っていった。

「太郎さん、俺はAちゃんと同じ方向やから一緒に帰るわ。太郎さんは仲良し女性2人組を送ってやって、健闘を祈るわ」

もともと酒を飲まない俺は車で来てたので、「送っていきますよ」と女性2人組に言うと、「助かるわぁ、よろしくね」と2人に両腕を組まれて駐車場までエスコートされた。

車を走らせて5分くらいした時のこと。
後部座席に座っていた喜代美さんが、「気分悪い、吐きそう」と言うので路肩に緊急停車。
間一髪で車中にゲロを吐かれずに済んだが、俺のズボンに少々。
再度走り出して、最初に友恵さん宅に到着。

友恵さんが、「喜代美ちゃん、私んちに泊めるわ。手伝ってくれる?」と言うので、2人で泥酔してる喜代美さんを抱えて友恵さん宅に入った。

友恵さんが布団を敷いて喜代美さんを寝かせた。
帰ろうとすると友恵さんが、「喜代美ちゃんが心配やし、もう少し居てくれへん?」と言われて断れず、「明日は休みやし、いいですよ」と少し休んでいくことにした。

「さっき、ズボン汚されたやろ?待ってもらってる間に洗うわ。さぁ脱いで」

「気ぃ遣わんといて、大丈夫やから」

「遠慮せんでいいから」

「ホンマにええから」

押し問答をしてると、痺れを切らした友恵さんが俺のズボンのベルトを強引に緩めだした。

「困ります」と後退りする俺。

その拍子にベルトに指がかかってた友恵さんが勢い余って俺に馬乗りになった。
なんかのAVみたいなシチュエーションにドキッとして、友恵さんを見ると目と目が合った。
冗談のつもりで目を閉じてみると、一瞬間が空いてから唇に心地よい感触が。
目を開けると、目の前に友恵さんの顔。
思ってもなかった状況に俺の股間ははち切れんばかりに膨らんだ。

最初は、お互い唇の感触を楽しむかのように軽いキスを繰り返す。
友恵さんの呼吸が荒くなってきたので舌を差し込んでみる。
動揺していた友恵さんだったが、次第に舌を絡めてくるようになった。
体勢を入れ替え、俺が上になる。
激しいキスをしながら服の上から友恵さんの胸を揉む。
弾力性はイマイチだけが大きなオッパイだ。
カッコをつけて友恵さんのシャツのボタンを片手で外そうとするが上手くいかない。
それを察したのか友恵さんが、「待って、自分で脱ぐから」と立ち上がって服を脱ぎだした。
年齢の割りにセクシーな黒のランジェリー姿になった友恵さん。

「布団敷くから太郎さんも脱いで」

そう言うと、喜代美さんが寝ている隣の部屋に手際よく布団を敷いた。

「恥ずかしいから」と照明を小さくしてからランジェリーを脱ぎ、布団に横たわる友恵さん。

「太郎さんも早く!」

そう言われ、全裸になって飛びかかるようにしがみつく俺。
キスをしながらふくよかな身体を抱き締める。
痛いくらいに怒張した俺の息子が友恵さんのオメコに触れる。
息子の感触でもわかるくらい友恵さんが濡れていた。
なんとなくちょっと体を上にズラした瞬間、スルッと入ってしまった。

「ハァ~」

入った瞬間、友恵さんが小さく声を出した。
すぐに抜いて身体を起こし、左の乳首を舐める。
舐めるのを止め、また1回だけ奥まで突き入れる。
また抜いて、今度は右の乳首を・・・。
何度か繰り返していると、「いじわるせんといて」と友恵さん。

「ごめん、できるだけ長く楽しみたいから」

「夜は長いんよ」

友恵さんのその言葉に興奮もマックス状態になった俺は、徐々にピストン運動を速めていった。
部屋にいやらしい音と声が響き渡り、少し射精感がこみ上げてきた。

(ヤバい・・・)

そう思って一旦抜いて友恵さんをうつ伏せにする。
すぐ入れるとヤバいので、チンポの先でクリを弄ぶ。

「またいじわるするぅ」

膨れっ面になる友恵さん。
その膨れっ面を歪ませてやろうと、いきなり激しく突きまくった。
友恵さんは、「バックいい、バックいい」と連呼するくらいバックが好きらしい。
部屋中にパンッパンッと鳴り響き、クライマックスも近いかなと思った時、隣の部屋から喜代美さんが、「友恵ちゃん、トイレ借りるね」と寝ぼけまなこで歩いていった。
呆然として動きの止まった俺に、「早く来てっ!」と友恵さん。
半ばやけくそになった俺は、マックスピストンを開始。
勢い余って友恵さんが前にのめり、完全にうつ伏せ状態になった。

「お尻を上げてっ!」

俺がそう言うと、お尻をぷいっと持ち上げる友恵さん。
再度激しく腰を打ち付けて、「うぅ~!バックいい」の喘ぎ声を聞きながら、問答無用でオメコの一番奥に精液を注ぎ込んだ。
その瞬間、トイレを流す音がして喜代美さんが出てきた。

繋がったままの俺たちを見て、「あー、悪いことしてるんだ」と喜代美さん。

繋がったままの2人をいたずらっぽい目で見ている。
俺の下でうつ伏せになっている友恵さんが、「喜代美ちゃん、大丈夫なん?」と言った。

「人が気持ちよく寝てるのに、うるさいから目が覚めたわ」

「喜代美ちゃんも太郎さんに気持ちよくしてもらったら?」

友恵さんがとんでもないことを言った。
その2人の間でまだチンポを抜けずにいる俺。

(この人たちは、いつもこんな事をしてるのかな?)

あまりにも非日常的な状況下で俺はそう思った。

「汗かいたし、シャワー浴びたい」

友恵さんがそう言ったので、やっとチンポを抜いて立ち上がった。
続いて立ち上がった友恵さんのアソコから精液が流れてきた。

「太郎さんも一緒にシャワー浴びよ、洗ってあげるから」

友恵さんが俺の手を引いて浴室へ。
狭い浴室で向かい合いながら俺の体を洗ってくれる友恵さん。
その時、全裸になった喜代美さんが入ってきて、「私もシャワー浴びる」と言った。

「太郎さんのチンチン、私が洗ってあげるから」

そう言うと、喜代美さんが俺の前に割り込んできた。
ボディソープを手にとり、チンポと玉袋、そして手を伸ばしてケツの穴まで念入りに洗ってくれる喜代美さん。
その気持ち良さに息子が力強く勃起した。

「太郎さん、若いわねぇ!」

喜代美さんがまたいたずらっぽい言い方をした。
それを横でニコニコしながら見ている友恵さん。
シャワーヘッドを友恵さんから受け取り、喜代美さんが手で擦りながら流してくれた。
流し終わるとシャワーを再度友恵さんに渡し、喜代美さんがチンポをしゃぶりだした。
左手でチンポの根っこをギュッと締め付けるように握り、カリ首に舌先をチロチロ這わす老練なテクニックに、「ハァ~」と思わず声を出してしまう。
強弱をつけてチンポをしゃぶってくる。

「喜代美さん、めっちゃ気持ちいい」

俺がそう言うとフェラを中断し、「体は萎びてしもたけど、テクニックはその辺の小娘には負けへんで!」と負けず嫌いな一面を見せる。
そして、「友恵ちゃん、交代や」とタッチ交代。

しばらく楽しんで、「そろそろ上がろ、続きは布団で」ということで風呂から出ることにした。

部屋に戻ると、全裸のまま布団に仰向けに寝かされた。
全裸の女性2人組が上下に分かれ、俺の上半身を喜代美さん、下半身を友恵さんが責め立ててくる。
喜代美さんが年季の入ったキスで舌を絡ませてきた。
キスが大好きな俺は舌を絡めて応戦するのだが、俺の下半身では友恵さんがフェラをしているので、どうも集中できない。
そこで先に友恵さんを静かにさせようと、友恵さんを仰向けにしてクンニと指マン攻撃で責め立てた。
クリをチロチロと舌先で転がしながら、右手の人差し指でGスポットを探る。
一番いい反応する部分を指先で擦りながらバキュームクンニをしてると、激しく動き出して友恵さんがイッた。

友恵さんを片付けた俺は喜代美さんの方に向き直った。
喜代美さんは嬉しそうな顔をしながら、「太郎さん、私のも舐めてぇなぁ!」と。
もちろんそのつもり。
喜代美さんを押し倒すと、激しいキスから首筋、脇腹、乳首を舐め回し、そして下に。
アソコをスルーして太ももの内側、そして膝小僧、ふくらはぎを舐めた後に、すぅーっと上に。
喜代美さんは、『やっと来た!』みたいな目で俺を見ていた。
俺はベロベロと大きなストロークでクンニを始めた。
舐める前から喜代美さんのアソコは濡れていて、少しだけ刺激臭がした。

正常位で入れる体勢でチンポの先でクリを弄んでいると、喜代美さんが上半身を起こしチンポを掴んで自分で入れてきた。
ゆっくりした腰使いでグリグリ。

「太郎さん若いなぁ、チンチン硬いわぁ」

喜代美さんは目を閉じたまま、「あっ、あっ!」と小さく声を出していたが、その声が大きくなってきたのでピストンを速めていった。
喜代美さんのアソコは年の割にはよく濡れているが、さすがに締め付けはあまりなかった。
これなら激しく動いても大丈夫かなと思い、マックスピストンを開始。

「ちょっと待って、私もバックでして!」

喜代美さんを四つん這いにさせ、腰を掴んで後ろから突きまくった。
喜代美さんもバックの方が感じるのか、顔を振り乱しながら「もっと、もっと」と連呼している。
それを見てると急に射精感が襲ってきた。

「イクよっ!」

「うんうん」と首を縦に振ったのでオメコに中出し。
2回目だというのにすごく気持ちのいい射精だった。

我に返って時計を見ると夜中の3時。
少しだけ余韻を楽しんでからシャワーを浴びて帰路に就いた。
翌朝、嫁への言い訳に四苦八苦したが、なかなかいい体験ができたと思う。