東京の大学に合格してボロアパートに住み始めたところ、早速、母がGWに様子を見に来てくれた。
その夜、ひとつの布団に2人で寝ることに・・・。
ドキドキして寝付けなくて、恐る恐る手を伸ばして母の体に触れた。
温かい体温に包まれた下着に触れていると、母が急にこっちを向いてキツいお叱りの言葉。

「潤、変なことしないで」

でも僕は構うことなく、手に伝わってくる下着越しのお尻の柔らかな感触を楽しんでいた。

「もう、潤、いい加減にして。ふざけてないで手を離しなさい」

母が言い終わるのももどかしく、興奮して母の下着を下ろそうと手をかけた。

「ちょっと、潤、止めなさい」

さらに母は語気を強めてきた。

「もう我慢できないよ」

嫌がる母を押さえつけて、一気に下着を引きおろして脚から抜いてしまった。
下半身すっぽんぽんになった母の両脚をグイと開いて体を預けていく。

「だめ、親子でこんなこと」

母は必死に抵抗を続ける。
数分間のせめぎ合いの間に、ブラも剥ぎ取って素っ裸にした。
僕もブリーフを脱いで裸になり、勃起したモノを母の下半身へ押し付ける。
母の抵抗が弱まった隙を突いて、先端が女の入り口に割り込んだ。
そのまま僅かに母の体内へと食い込んでいく。
一瞬、母はビクンと硬直して、それから体全体をブルブル震わせた。

しかし、またありったけの力を振り絞って、体をよじりながら上へ上へとずり上がって結合を解こうとしてきた。
逃れようとする母の肩を抱き締め、羽交い絞めするように固定した。
ペニスを突き込まれることを悟った母は、悲しそうな目で僕を見据えたまま体を強ばらせていた。
潤んでいく母の瞳を見つめながら、僕はゆっくりと貫いていった。

「んあぁぁ・・・」

母の低い唸り声を聞きながら体を押し開いていく。
膣の中はちょっと窮屈で、噛み付かれたような感じがした。

「はあっ!はあっ!」

途切れがちな荒い息をしながら僕を見つめる母。

「満足?」

母の体は柔らかくて、肌と肌が触れ合う感触が心地よかった。
首筋に唇を這わせて密着していくと、可愛い乳房や尖った乳首がマシュマロのように押し潰される。
顔を枕に埋めているので表情は判らなかったが、ネバネバした生膣の粘膜が絡み付いてくるようで、結合部分から痺れるような快感が伝わってくる。
時々膣の奥がトクッ!トクッ!と脈打ったり、きゅーっ!と絞ったりもしてくるから、母も感じていることはわかっていた。
小さなお尻を両手で鷲掴みにして、尻タブを裂けんばかりに割り開いた。

「動いちゃだめ~」

泣きそうな顔で哀願する母を無視して、股間が擦れ合うほどに深く突き込んでいった。
先端でじわ~と膣の奥を圧迫してやると、母が顔を横に倒して苦しそうな表情をした。
噛み付かれたように窮屈な粘膜の中でペニスをにゅるっ、にゅるっと小さく動かしはじめる。
雁首が生膣の襞をクリッ!クリッ!と乗り越えては引き、母の胎内へ僕の波動を注ぎ込んでいった。

「だめぇ・・・」

眉間にシワを寄せながらも、目の前には嬉しそうな表情に変わっていく母がいた。
再び恥骨を擦り合わせて、膣の奥のコリコリした部分へ膨張した先端を押し付けていった。

「・・・ううううう・・・ううううう・・・」

やがて僕を包み込んだ膣の中が膨らみと暖かさを増して、入り口部分の括約筋がリズミカルに肉茎を締め付ける一方、雁首に留め金を掛けるように膣の襞を絞り込んできた。
上体を目いっぱいに反らせて、膨らんだ乳房と可愛く尖った乳首を僕の胸に擦り合わせてきた・・・。

「大きい・・・」

母が喘ぎながら言った。
首に回された腕に力を入れて強く抱き締め、額に皺を寄せて瞼は痙攣している。
狂ったように僕の背中を手で掻きむしり、こらえ切れない表情が見て取れた。
我を忘れたような激しい唸り声をあげて僕の動きに応えてくれる母。

「そこぉ・・・」

首を左右に振って髪を振り乱す。

「いい~!」

母は悲鳴を上げて僕に強くしがみつき、体をぶるぶると震わせた。
細い腰がいきむように反って、僕のお尻を挟んだ両脚の踵に力を入れ、お尻を浮かせてプルプルと震えている。
股の付け根の筋肉をピクピクと収縮させて、秘唇を恥骨に食い込むほどに密着させてきた。
亀頭を咥え込んだ母の膣が、絶え間なく吸い込むような動きを続けている。
枕に沈み込んだ横顔はどこか観音様のような穏やかな表情に変わって、やさしい顔つきになった母がいた。
間もなく体の動きを止めて、「ううぅ~ん」と吼えるように唸ると、栗色の髪の中に顔を埋めて歓喜の海に溺れていった。
最後は、「イクぅぅぅ・・・」と消え入りそうなすすり泣きをしながら、下半身をブリッジするように持ち上げた。
続いて、「あぁ・・・」と糸を引くような細い泣き声をあげて、全ての筋肉を硬直させていった。

(母さんがイッてる?)

間違いなく母は絶頂を感じていた。
母の絶頂を目の当たりにして急激に下半身が疼き始めた。

「もう我慢できないよ~。母さん、イクぅ・・・」

体を強ばらせている母の耳元で囁いた。
僕の声に意識を戻した母は、背中に回した手に力を込めて強くしがみついてきた。
膣奥の秘襞がきゅ~っと絞り込まれてきた。
母は中指を噛みながら息も絶え絶えに、「出しちゃ、だめぇ・・・」と小さな声で泣くように言った。

「出る~!」

僕は声を絞りながら腰を母に押し付けた。

「いやぁ!だめぇ!」

泣き叫ぶ母は、腰を左右に激しくよじらせて逃れようとしてきた。
そうはさせじと太腿と膝を力任せに押し開いて、覆い被さって母の首筋に吸い付いた。
そして布団に沈み込んだ母の体に体重を預けて体を密着させた。

「だめぇ・・・」

激しく一度尻を震わせて、母の膣奥めがけて打ち込んだ。

「あ~っ!」

間髪入れずに母は悲鳴をあげてしがみついてくると、肩に爪を食い込ませて震えた。

「んあぁぁ・・・」

体内に射精を感じ取った母は耳元で低い唸り声をあげた。
激しい息遣いとともに母胎の底がぐにゅ、ぐにゅと咀嚼をはじめる動きをして、僕の命を吸い取っていく。
しばらくの間、僕のペニスは母の膣内で揉まれ続けていた。
やがて体の動きも止めて、次第に柔らかくなっていく僕を優しく包み込んでくれる母。
僕も射精を終えた満足感と安堵感に包まれながら、母の体の温もりを感じ取っていた。