5年前、私が高校1年の冬に童貞を捨てた時の話。

私にはクラスの中に好きな子(真美)がいた。
誰もいない教室に忍び込み、真美の机の中から生徒手帳を盗んだ。

自宅のパソコンに生徒手帳の顔写真をスキャナーで取り込み、取り組んだ画像とインターネットで拾った無修正の顔マン画像を画像処理ソフトを使って合成した。
その画像(合成とは思えないほどの出来だった)をネタに、毎日オナニーしていた。

ある日、どうしても真美とエッチがしたいという衝動に駆られ、告白を決意。
土曜日の夜に真美の自宅に電話をかけて、好きだから付き合って欲しいことを伝え、次の日(日曜日)、真美の自宅近くの公園に12時に来てもらって答えを聞くことにした。

翌日、公園で会った真美の答えは、「友達としか思えない」という予想通りの展開だった。
それでも諦めきれない私は一か八かで、せめて1回でいいからエッチさせて欲しいことを伝えたが、返事は・・・。

「ごめんなさい」

この答えも予想通りだった。

そこで私はオナニーネタに使っていた合成画像を自分の携帯から見せた。

「もしエッチしてくれなかったら、この画像を有名なエロ画像掲示板に、学校名と名前を載せて投稿する」

そう言うと真美は驚いた表情をしていた。
最初は、「無理だからそんな事しないで」と言っていたが、真美の目の前でエロ画像掲示板に投稿しようとすると急に慌てた表情で、「わかったからそれだけはやめて」と言ってきた。

1回だけを条件に2人で近くのラブホテルに入った。
真美はプレーする前に1人でシャワーを浴びたいと言ってきたので、そのついでにホテルの剃刀でアソコをパイパンにして、風呂から上がったらあらかじめ用意しておいたセーラー服とルーズソックス(ドンキで購入)に着替えて欲しいことを伝えた。

「パイパンはちょっと・・・」

真美は困った顔をしたが、結局は私に従うしかないことを理解して了解してくれた。

風呂から上がり制服に着替えた真美をベッドに寝かせた。
ついに念願の真美とこれからエッチをすることができると思うと、ものすごく心臓がドキドキした。
私もベッドに横になり、2人横になった状態で真美にキスをしながら制服の上からおっぱいを触った。
真美の唇はとても柔らかく、おっぱいも程良く発達して張りがあって、ものすごくいい感触であった。

真美は「もうやめようよ」と言ってきたが、そんな言葉に耳を貸すわけもなく、手をスカートの中に伸ばしてパンツの中に手を入れ、おまんこを直に触った。
真美は言われた通りしっかり剃毛していた。
ツルツルのおまんこ触感がたまらなかった。
真美も感じているようだが、声を出さないように我慢している。
その表情に激しく興奮した。

パンツを脱がせた。
初めて見るおまんこは、いつもインターネットで見ているおまんこのような黒ずんだものではなくピンク色で、小学生のように綺麗なパイパンおまんこだった。
真美の恥ずかしそうな表情もたまらない。

持ってきたデジカメをカバンから出すと真美は驚いて、「えっ、ちょっと聞いてないよ」と言ってきたが、私は他の人にこの事をバラされないように裸の写真は撮らないといけないし、絶対に自分以外には見せないことを伝えると、1枚だけ撮らせてくれることになった。

ベッドの上で、セーラー服とルーズソックスは履いたまま、ノーパンの状態でM字開脚をさせて写真を撮り、ついでにデジカメのムービーも撮影した。
写真を撮った後もそのポーズのまましばらく観察した。
これまでは自宅で真美とのエッチを想像しながらオナニーをしていたが、今私の前で、M字開脚してパイパンおまんこを見せている真美の姿を見ると、チンポは張り裂けそうなくらいに勃起していた。
無我夢中で真美のパイパンおまんこを舐め回すと、真美も感じて小刻みに体が動いているのがわかった。

そして、ついに童貞を捨てる時が来た。
おまんこにチンポを当て、ゆっくりと真美のパイパンおまんこに挿入していって根元まで入れた。
想像以上におまんこの中は気持ちよく、なんとも言えな快感で、少し動かすだけで精射してしまいそうになるくらいに気持ちよかった。
5分くらいしたら我慢できなくなり、断りもなく中出しをした。
大量に出て、あまりにも気持ちよかったので、頭の中が真っ白になる感じというのを味わった。

一度出したくらいでは収まらずチンポは勃起したままの状態だったので、何度も入れまくった。
真美も最初は声を出さないようにこらえていたが、後半は声を出して感じていた。
とにかく真美の体を思う存分弄りまくった。
間違いなく人生最高の1日だった。

その後だが、1回だけという約束だったので再びエッチすることはなかったし、2年になったらクラスも変わってしまい話すこともなくなった。
しかし、その時に撮ったM字開脚での制服パイパン画像やムービーを見て、今でもオナニーをしている。