43歳のサラリーマンです。
3連休の初日、取引先との打ち合わせで出勤していました。
午前中で仕事が終わり、飯を食おうと牛丼屋へ入ろうとしたら、懐かしい女性と鉢合わせました。

彼女の名は恵美子さん(51歳)。
8年前に3年間に渡る不倫を解消した女性でした。
8年前まで恵美子さんはパートで働いていました。
不倫のきっかけは、私の妻の第二子妊娠と恵美子さんのご主人の単身赴任でした。
当時、私は32歳。
40歳だった恵美子さんはスレンダーで小顔が凛々しい奥様でした。
とても不倫などするような女性ではありませんでしたが、たくさんの荷物を抱えていた恵美子さんに声をかけ、車で送っていったのです。
その時、妻の妊娠と夫の単身赴任でお互いが欲求不満に陥っていることを笑いながら話していましたが、たまたまラブホテルの看板を見つけた私が冗談交じりに言った一言が、その後の運命を変えました。

「このまま2人で入っちゃったりして~」

「私は構いませんけど・・・」

一瞬躊躇しましたが、ハンドルを切って入ってしまいました。
淫靡な部屋で、お互い照れながら抱き合って唇を重ねました。
私、恵美子さんの順番でシャワーを浴びてベッドへ移りました。
妻も細身でしたが、恵美子さんは妻よりも背が高く四肢も長いので、よりスリムに感じました。
乳房も妻よりも小ぶりでした。

恵美子さんのマンコは縦長でした。
妻は上半分のラビアが捲れ気味でしたが、恵美子さんのラビアは両サイドが縦長に捲れていました。

「私のソコ、長いでしょう?主人も、その前の彼氏も珍しがっていました」

私は凛々しく貞淑そうな恵美子さんにご主人以外の男性体験があるイメージがなかったので、少しガッカリしました。
それでも、いつも真面目そうなパート奥様がご開帳した縦長マンコを舐めて、恵美子さんの長い四肢を躍らせました。
そして、咎められたらスキンを付けようと、生のままでチンポを入れようとしたら・・・。

「お返しに・・・小林さんの・・・」

そう言うなり、ものすごい吸引力でチンポを咥え込まれてしまいました。
吸いながら亀頭を舐められて、それだけで抜かれてしまいそうでした。

恵美子さんは上目遣いで私を見つめると、少し微笑みながらゆっくりチンポを口から抜いて、私に馬乗りになって生のままヴァギナへ導きました。
ニュルンと入った恵美子さんの膣内はとても温かく、見上げた恵美子さんは目を閉じて口を半開きにして、色っぽい吐息を漏らしていました。
クイクイと腰をくねらせて私のチンポを味わう恵美子さんは、さっきまでの凛々しく淑やかな奥様ではありませんでした。
本能の赴くままに不倫男根に溺れて淫蕩に耽る発情奥様でした。

体位を変えて正常位で突くと、両手でシーツにしがみついて肢体を淫らに喘がせて、ご主人を裏切る背徳に溺れていました。
40歳の淑女のその姿に興奮が抑えきれず、恵美子さんのお腹から胸にかけて大量の白濁ザーメンを撒き散らしました。

その後、妻が出産を終えて実家から戻るまでの約4ヶ月間、週に4~5回のハイペースで関係を続けました。
そして妻との性生活が復活してからも、恵美子さんとは週1回の関係が維持されていたのです。
そして8年前、恵美子さんの息子さんが大学へ進学したのをきっかけに、恵美子さんはご主人のもとに去りました。

8年ぶりに顔を合わせた私たちは、8年ぶりにラブホテルへ入ってしまいました。
少しシワが目立つようになった51歳の恵美子さんでしたが、体は8年前と変わらずスレンダーでした。
恵美子さんは自分で懐かしい縦長マンコを剥き広げると・・・。

「もう妊娠することもなくなったわ。今日は中に戴けるかしら」

そう言って微笑みました。
私は生ハメ中出しザーメンに底なしアクメを味わう美しく熟した恵美子さんを見て、今でも満たされていないのかなと思いました。

「小林さんと不倫したあと、主人と2人きりの生活になってから夫婦の営みが激しくなったのよ。主人のモノが元気ないときは、さりげなく大昔の恋人の話をするの。そうすると嫉妬してくれて元気になるの。男の人って面白いわね」

恵美子さんは悪戯っ子のように笑いました。

「それでも元気が出ないときはゴム紐で縛っちゃうの。そうすると血管が浮き出るほど元気になるの。小林さんはまだお若いから、何もしなくてもお硬くて奥様はご満悦でしょうね」

そんなことを言ってニコッと微笑みました。
その笑顔は不倫などとは無縁の上品な奥様でした。

恵美子さんとは、お互い連絡先も訊かず、さりとて告げることもせず別れました。
恵美子さんへの中出しの興奮が冷めず、私は3連休は3日連続で妻を求めました。

「ちょっと、あなたどうしちゃったの?昨日も一昨日もしたでしょう?アン、私は嬉しいけど・・・アアン・・・」

38歳の妻は恵美子さんよりは少し肉付きが良くて柔らかです。
妻の可愛い喘ぎ顔を見ながら、そういえば純情そうで可愛かった妻も処女ではなかったことを思い出しました。

(私と出会う前に、何人の男に抱かれたのだろうか?)

そんなことを考えていたらチンポが猛り狂って硬度を増し、妻が狂ったようにアクメに吼えました。