僕は高校2年の17歳。
勉強が結構大変。
でも勉強ばかりじゃない。
毎日オナニーをしてる。
毎日しないとムラムラして勉強どころじゃなくなる。
おかずは、もっぱらエロ本。
2階の僕の部屋の押入れのダンボールの中に3冊ほど隠してる。
それを夜中に引っ張り出して、こっそりオナニーするのが日課。

ある日、事件が起きた。
そのエロ本が3冊とも無くなったんだ。
僕はママが犯人と見た。
押入れを開けるなんてママしかやらない。
秘密を暴かれてショックだった。
僕はママにメールした。

『友達から借りた雑誌、持ち出したんなら返して。友達に返さなきゃならないから』

そしたら次の日、元に戻ってた。
まったく油断も隙もあったもんじゃない。

あれは、たしか秋だった。
パパが出張で不在の夜だった。
もっと重大な事件が起きた。
雨が降ってて、風もあった。
いつものように勉強してた。
ノックの音。

「けいちゃん、ごめん。入っていいかしら」

「いいよ」

パジャマ姿のママが入ってきた。

「けいちゃん。あのね、今日はパパのベッドで寝てくれる?」

哀願するような目。

「ガタガタ音がして怖いの」

「大丈夫、それは風の音だよ」

「お願い。寝てくれるだけでいいから」

「わかったよ。勉強が済んだら下に行くよ」

「ありがとう、怖いから早く来てね」

約30分後、パジャマに着替えて枕を持って下りた。
階段を下りながらオナニーしていないことに気付いた。

(もし我慢できなかったら、こっそり部屋に戻ってオナニーしよう)

そう思って親の寝室に入る。
枕元のスタンドの電気が点いている。

「あ、けいちゃん」

「横で寝ればいいんでしょ?」

パパとママのベッドはくっついて並んでる。
僕はパパの布団に潜り込んだ。

「明かり、点けたままでいいかしら」

「いいよ、おやすみ」

「おやすみなさい」

(なんだ、静かじゃん。ガタガタなんて音もしないし、雨の音だけじゃん。やっぱりオナニーしたいなあ~)

寝返りを何度も打つ。
なんか勃起してくる。

(ここでするか)

すると、いきなりママが声をかけてきた。

「けいちゃん、眠れないの?」

「大丈夫、寝れるよ。ママこそ寝なよ」

「おやすみ」

「おやすみー」

でも5分後・・・。

「けいちゃん」

「なんだよ、うるさいな」

「こっち見て」

淡い光の中でママと目が合った。
いつものヘアキャップを被ってない。
セミロングのまま。
ノーメイクだけど、まだ44歳なのでそこそこきれい。
薄い黄色のパジャマのボタンが2つ外れている。
白いふくらみの一部が見える。

「けいちゃん?今でもあんな雑誌、見てるの?」

なんだ、そのことか。
勉強に差し支えるってか?
お説教はごめんだ。

「女の人の裸に興味あるの?」

「あれは預かってるだけ。友達から隠しといてくれって言われてさ」

とっさについた嘘。
ママがすり寄ってきた。

(もういいよ、説教は。放っといて欲しい)

僕は顔をそむけた。

「ママじゃだめ?」

「え?」

「ママの身体だったら自由にしていいのよ」

僕は唾を飲んだ。

(なんてこと言うんだよ、ママ。自由にって、何のこと?)

ママは僕の右手を掴むとパジャマの中に導いた。
生まれて初めて乳房に触れた。
柔らかい。
手のひらがときどき乳首に触れる。
なんて心地よい感覚。
目眩がしそうだ。
触りたくて仕方のなかった女の乳房が、こんなすぐそばにあったなんて。

「けいちゃんが心配なのよ。女の子にいたずらとかしないかって」

ママが掴んだ僕の手は下半身に導かれた。
恥丘の毛に触れる。

「心配なんだから」

もしかしてセックスできるの?
セックスさせてあげるって言ってる?

「ママですっきりしてもいいのよ」

唾をごくっと飲む。
ふるえながら深呼吸。
でもそれって・・・近親相姦。
そんなの許されるわけがない。
でも挿れてみたい!
どんな感じなんだろう。
どんな快感なんだろう。

女としてのママには興味ないけど、とにかく挿入したかった。
挿入と射精しか頭になかった。
ママに抱きついた。

「挿れてみる?」

ママが導いてくれた。

にゅるん。

これなの?
これがおまんこなの?
これが挿入なの?
すっげー気持ちいい。
自分が消えてなくなる感じ。

「あぁっ・・・あぁあんっ」

ママが声出す。

(すっげー!生の喘ぎ声、初めて生で聞いた!)

頭の中は真っ白。
すぐに射精した。
セックスって最高だ。
エロ本に書いてある通り、セックスって気持ちいいってことがわかった。

その夜からママのとのセックスにはまってる。
ほぼ毎日してる。
学校から帰ってきたらすぐにベッドインなんてこともある。
ママと早くセックスしたいから友達の誘いを断ることもある。

最近ママ、僕が帰ったらこんなことを言うようになった。

「先にシャワー浴びてね」

それに、こんなことも。

「ガールフレンドを作るのは禁止よ。けいちゃんにはママがいるんですからね」

僕は少しだけ将来に不安を感じている。