今から約30年ほど前の話で恐縮です。
当時、高校生で、夏休みは決まって父の取引先の国際観光ホテルでプール監視員のアルバイトをしていました。
土日などの宴会が入って人手が足りない時などは、プールが終わってから、調理場と仲居さんの配膳室までカートで料理を運ぶ手伝いもしていました。

何度目かのカート運びのアルバイトの時です。
大きな宴会が終わり、着物を着替えた仲居さんが数名で食器を片付けているのを手伝いました。
配膳室に山積みの食器を下げる作業中、宴会場を見ると2人の仲居さん(どちらも40代)が宴会用のテーブルの食器を別の箱に重ね、テーブルを折りたたんで積んでいく時にスカートの中がチラチラ見えたんです。
最初は遠めに見ていたので判らなかったのですが、テーブルの片付けを手伝いに宴会場に入って近くから見ると、なんとノーパンで陰毛が見えていました。
驚いて、直視していると・・・。

「佐藤君、初めて?」

「えっ?」

「女人のアソコ見るの?」

「あっ!すみません。覗くつもりではなかったんですが、つい・・・」

「いいのいいの、減るもんじゃないしねぇ」

そう言って、もう1人の中居さんの方を見て笑っています。
もう1人の中居さんが教えてくれました。

「着物のときにパンティを穿くと着物がすぐに傷むから、ここでは禁止なの」

「片付けは女の仕事でしょ。だからパンティを穿くのも面倒で、ついすっぽんぽんよ」

「えー?そうなんですか?」

多感な頃ですから、そんな話を聞いただけで股間が硬くなってきて、動くこともできない私・・・。
正座して誤魔化しながら話を聞いていました。

「佐藤君、チンチン硬くなってるでしょ!」

「さっきから全然片付けてないし!」

「ははははははは」

赤面して何もできずに俯いていると、仲居さんの1人、君恵がわざとスカートを開いて股間を見せつけてきます。

「でもね、若い子はいいわね、こんな年増相手にチンチン立てるんだから!」

「ほんとね。佐藤君、私らでよかったらいつでも使ってねぇ」

「ほんとほんと、減るもんじゃないしねぇ」

「私、お小遣いをあげてもいいよ!」

「きゃーー、それはずるい、私もお小遣いを奮発するわ!」

2人はきゃっきゃ言いながら、スカートを広げてからかってきます。
私は手で股間を押さえて配膳室に逃げていったんですが、後ろから、「自分でするの?」と追い討ちをかけてくる始末。
本当に恥ずかしくて、なんとか収まってきた頃、カートを押して逃げるように洗い場に持ち帰りました。

次に配膳室に行った時には、もう片付けが終わったようで、仲居さんはいませんでした。
脳裏に2人の黒々とした陰毛が焼きつき、私は悶々としてその日のアルバイトを終えました。
タイムカードを押し、駅に向かって歩いていると、君恵が前から歩いてきます。

「佐藤君、お疲れさま!」

「あ、お疲れ様です」

目も合わさず、逃げるようにその場を立ち去ろうとすると、後ろから君恵が話しかけてきました。

「ちょっと待っててよ!」

「えっ?」

「さっきはからかってゴメンね。忘れ物したから取りに来たの。せっかくだから一緒に帰りましょ」

「はい、じゃこの先で待ってます」

しばらくすると君恵が戻ってきました。

「お待たせ、家はどこなの?」

「◯◯です」

「じゃ同じ方向じゃん、一緒に帰ろう」

君恵は私の降りる駅より少し手前の駅に住んでいると話してくれました。

「よかったら何か食べて帰らない?さっきのお詫びよ」

その後、駅や電車内で話を聞くと、客室を担当すると泊まりで、配膳の日は帰宅。
そんな勤務形態だとわかりました。
君恵の住む駅で降り、駅の近くの居酒屋に入りました。

「もうお酒くらい飲めるでしょ?」

そう言って自分のビールを注いできます。

「いやー、ダメですよ」

「いいのいいの。酔ったら介抱してあげるから、グッといきなさい」

1時間ばかりその店にいたのですが、今でも酒に弱い私は、最初の1杯で真っ赤になり、心臓がドキドキして眠くなってきました。

「眠そうね、もう帰ろうか?」

「はい」

でも、店を出て歩いていると、フラフラします。

「僕、ちょっと、ここで休んで帰ります」

「じゃあ、家来る?」

言われるままに君恵の家まで行き、横になっていると、知らない間に眠っていました。
しばらくして気が付いた時は、君恵が私の上に素っ裸で跨がって、腰を振って喘いでいました。

「あら、起きた?あまりにチンチンが大きくなっていたから、つい。ゴメンね」

「・・・」

「佐藤君、初めて?」

「えっ?あ、はい」

「嬉しいな」

体を離して、今度は口でジュボジュボと音を立てチンポを吸ってきました。

「うっ!」

あっという間にイッてしまいました。

「あらあら、早すぎ!私のおまんこを見て、もう一度チンポを大きくしなさい!」

そう言うと、69で上に跨がってきました。

「ほら、よく見えるでしょ、グチョグチョでしょ、これがおまんこよ」

赤黒いビラビラの真ん中にピンク色のグロテスクなものがヒクヒクと動いていました。

「若いからすぐに大きくなるでしょ」

またジュボジュボと音を立て大きくすると、体を離して足を広げました。

「ここに入れなさい」

「はい」

さっきは半分寝ぼけて分からなかったんですが、入れるときに先がすごく抵抗があって、ニュルっと奥に入っていくだけで気持ちが良かったことが今も思い出されます。

「そうそう、上手よ。ゆっくり腰を振って、あーっ、いいわ、そうそう」

君恵はだんだん声を大きくして、私の体を抱き締めて激しくキスをしてきます。
正直、普段の仲居さんは母親くらいの年齢の人が大半で、絶対にキスなんて嫌だと思っていました。
実際に君恵とキスをすると、チンポの感覚と唇の感触に興奮して、夢中になって腰を振っていました。

しばらく必死で腰を振っていると、君恵は私を抱き締めていた手を離し、股間に両手を差し込んでタマを揉みだしました。

「あっ、うっ・・・」

「あーーっ、いい、いいっ!」

口を半開きにヨガっている君恵を見ているとたまらなくなりました。

「イク、イク!」

君恵は一層激しくタマを揉み、腰を前後にグイングインと振ってきます。

「あーっ、いいーーッ!イクっ!イクイク!」

とうとう君恵はイッてしまいました。
私は君恵のおまんこが気持ちよすぎて、一生懸命に腰を振り続けて、中にいっぱい出してしまいました。

「どう?良かった?」

「おまんこってすごく気持ちいいですね」

「良かった。でも、初めての相手がこんなおばさんでごめんね」

その後、少し話をしました。
君恵は33歳で4年前に離婚。
8歳の男の子がいるそうですが、今は実家の両親に面倒見てもらって、ホテルの仲居をしているとのこと。
お客さんから口説かれることもあるが、もしホテルにバレるとクビになるので、オナニーで我慢していたとのこと。
私がカート係を始めた頃からは、私のことを考えてオナニーをしていたと話してくれました。
そんな話を聞き、改めて見るとなかなか美人の君恵。
私のチンポは完全復活していました。

「君恵さん、もう1回してもいい?」

「嬉しい!無理やりだったから怒ってると思ってた」

「今度はちゃんとしたい!」

君恵にキスをしながら、胸や股間をじっくり味わうように触りました。

「ほんとに嬉しい。いっぱいしてね」

「はい、いっぱいします。立たなくなるまで今日はします」

君恵の胸は小ぶりでしたが、乳首の感度はよく、「あんあん!」と言って感じてくれました。
陰毛は濃くて、おまんこの周りから肛門まで生えていました。
毛を掻き分てビラビラを指で広げるとピンクの穴が見えます。
指を入れると、「あっーーーん」と鳴く君恵。
君恵の股間に顔を近づけて見せてもらうと、自分でおまんこを広げて見せながら、「ここをそっと触って」と、クリトリスを指差します。
指で擦ってやると・・・。

「あーーん、気持ちいい!」

クリトリスから穴へ指を滑り込ませると、グチョグチョになったおまんこが指をギューーっと締め付けてきます。
指を入れては抜き、クリトリスを触っては指を入れてを繰り返しているうちに君恵の声は大きくなり、腰も激しく振ってきます。

「もう入れて。チンポ入れて!おまんこにチンポ入れて!」

両足を自分で抱えるように持ち上げて、腰を振って催促してきます。
グッと中に入れると、また抱きついてきて、自ら腰を振って激しく喘ぎ続けます。

「イカしてあげるぅ」

そのまま激しく腰を振り続け、また中でイッてしまいました。
しかし、すかさず君恵は私のチンポを咥え、ジュボジュボ吸って硬くすると、今度は四つん這いになりました。

「今度はこれね」

バックから入れると、またおまんこの感じが違って、激しい締め付けが襲ってきます。
激しく後ろから突き続けていると、君恵が体を支えきれなくなり、前のめりになったときに、チンポが折れそうなほど中が締まってきました。
それでも構わずに腰を振り続けていると、タマに暖かい感覚が・・・。
触ってみると濡れています。
驚いてチンポを抜くと、布団がすごく濡れていました。

「抜いちゃダメ!潮よ。大丈夫だから早く!」

私は正常位に戻って激しく腰を使って、また中で果ててしまいました。

こんな感じで、その日は朝方までセックスしまくりました。
その後、君恵の宴会日には必ず君恵の家に寄ってセックスをしました。