俺が19歳の時、ある資格の学校に通っていたのだが、そこでクラスの親睦会があった。
俺は普通に友達を作りにいき、実際数人の友人ができた。
そいつらと飲んでいると、他のテーブルから女が1人近づいてくる。
見たこともない女だ。

すると突然、俺の太もものところに膝枕みたいな感じでその女が絡み付いてきて・・・。

「ねぇ、私ミホっていうの。携帯教えて~」

と言ってきた。

酔っていたし、軽いノリで番号を交換した。
よく分からなかったが、まあ女の友達ができたなという感じ。
しかし次の日には、もう彼女の名前も忘れていた。

数日後、夜中に電話がかかってきた。
俺は爆睡中だった。

「もしもし?え?誰?あ~、あの飲み会の!ごめんごめん酔ってたからちゃんと覚えてなくて・・・」

「好きなの」

(ハァ?)

「一目惚れしちゃったの」

俺はまだ半分寝てたから、「あぁ、うん、そうなんだ」って感じで返した。

次の日、彼女はネズミの国に行きたいと電話してきた。
俺もそこは嫌いじゃないから付き合ってやることにした。
ただ正直女は足りていたから、下心とかはなかった。
彼女も夜は友達の家に泊まると言っていた。

しかし、その帰り際、「今電話したら、友達の家がダメになっちゃったの」と言ってきた。

俺もそこまでバカじゃない。
なんてわかりやすい女だと思いながらも泊めてやることにした。

彼女は身長155センチくらい。
あやパンに激似なのだが、俺的にはあやパンは好みじゃないので、面倒という感情しかなかった。
夜も遅かったから俺は先に風呂に入り、普通に寝巻き姿(シャツだけど)になった。
本当にもう後は寝るだけの状態。
てわけで、酒も用意せずにテレビを見ていた。

すると彼女が風呂から上がってきた。
下着だけつけて、上からバスタオルを巻いた格好。

「え、服は着ないの?下着で寝る派?」

そう聞きたかった。
しかし髪の毛を拭いていたタオルをテーブルに置くと、俺のあそこを触ってきた。
そして俺の手を取り、自分の胸にあてがった。
バスタオルが解ける。
なんだかサラサラとした質感の高級そうなオレンジの上下の下着だった。

露骨に誘われて、(あ~、やっぱり最初からこのつもりだったか)と。

なんとなく感づいてはいたものの、まさかなと思っていた俺がバカだった。
信じてくれないかもしれないが、こいつに会うまでは、男女の友達もありだと思ってたんだ。

すぐに彼女は俺がパジャマ代わりにしていたハーフパンツを下ろし、トランクスの上からチンポを咥えだした。
小さい口から涎がタラタラと垂れる。
濡れたまんまの髪の毛もまたエロい。

(その涎の量はなんだ。尋常じゃないぞ)

トランクスはべちょべちょになり、生温かい感触が俺の股間を包む。

「ねぇねぇ、ちょっとおっきくなってきてるよ」

そりゃそうだ・・・。
当たり前だけど、ベッド行くかって流れになった。
まぁ普通に前戯をしてやるんだけど、胸はDカップくらいかな、そこまで感度はよくない。
だがクリを弄ってやるとすごい反応だ。

(あやパン好きな男なら喜ぶだろうな・・・)

などと思いつつ、膣とクリを同時に責めてやると、なかなかすごい。
さほど乗り気ではなかった俺も興奮が抑えられなくなった。

だって、「足がガクガクなっちゃって言うこときかない」なんてことを言うんだ。

実際、両足が開いたままブルブル震えてる。
これはいい眺めだ。
連続してイクとそうなるらしい。
ブルブルというよりは本当にガクガクかな。

イキ続けてしばらく白目を剥いて気を失ってたから放っとくと、数分くらいして目が覚めて、また俺のを咥えると言い出した。
よほどいい教育を受けたのか、唾を小さな口いっぱいに含み、手と口を同時に上下し、舌の動きも速い。
どうやら自分の唾液で手や口の周りもベトベトになっているようだ。
どこにどう当たろうがヌルヌルした感触がすさまじい。
貪るように、という表現が正しいかも。

「見て見て、舌、長いんだ」

舌を見せてくる。
確かに長い。
温かい蛇があそこに巻きついてくるような感触だった。
フェラチオでイッたことのない遅漏の俺でさえ、このまま続けてもらったらイケるんじゃないかというくらいだった。
東京の有名私立に通うお嬢様も、こんなに上手なんだなと。

自分もやばくなってきたので入れてやると、最初は「痛っ」と言った。
これにはちょっとびっくり。
こんなに濡れてるのに・・・。
だが、心配は無用だった。
俺のを掴んで自分から穴に咥え込んでいくではないか。

「◯◯のおっきんだもん、裂けちゃ・・・あっあんぁぁぁぁ」

最後まで喋らせずに突きはじめる。
また「イクー!!!」とか叫びながら足がガクガクなって気を失う。
少し意識が戻った頃に、「どんな体位が好き?」って聞くと、「バック・・・」と呟くように言った。

「バックがいいのか?」

彼女が頷くが、無視。

「返事は?」

そう聞くと彼女は声を振り絞って・・・。

「は・・・はぃ」

というわけで、バックから突く。

「ひぃぃぃぃい!!あぁぁぁあっぃぃぃぃい!!!」

また、「いっっっ!いっっ!」と痙攣して意識を失う。
意識を失ってても体は定期的にビクンと跳ねた。
彼女が正気に戻った頃、じゃあそろそろ俺もイカせてもらうかと激しく動いた。

「どこに出して欲しい?」

「中・・・は・・・ダメだからぁぁぁぁん!か、顔で、い・・・いよっ」

直前でゴムを外して顔にかけてやると、「すっごい!いっぱ~い。嬉しいっ」とか言ってた。
汚れた顔で俺のチンポを丁寧にお掃除してくれる。
あやパンもなかなかいいもんだと思った。