相手はインテリア関係の営業をしていたオレのお客さんになる予定の人だった。
ネットでの見積もり申し込みを受けて訪問した際に、Rが出てきた。
Rの容姿は明るい髪色、155センチと小柄で細身。
顔は愛内里菜っぽい、ちょっと水商売風な人だった。

結局は他社に見積もり負けか何かで商談は終了。
そこからはRのやや馴れ馴れしい口調での世間話。

「彼女、いそうだねー」とか。

当時、成績が欲しかったので、上手く対応しつつ再度の検討を要求した。
OKが出て次の日に訪問するも、旦那さんと相談した結果、やはりダメとのこと。

するとRは俺に気を遣ったのか、急に隣に座って、「ごめんね」と言ってきた。
なんか目が合って、変な雰囲気になって、キスになってしまった。
実際、話してるうちにいい女だなって思っていたらか、かなりの時間、Rの小さな舌と唇を味わわせてもらった。
すぐにディープな感じになった。
華奢な体の割にはそこそこな胸で、服の上から揉みまくった。

いいところで旦那さんから電話で中断。
気まずくなったのか、「下の子のお迎えに行くね」とR。
送迎バスを待ちに外に出た。

Rは27歳、専業主婦。
幼稚園と小学生の2人のママ。

Rはご近所の同年代ママさんと何か話をして盛り上がってた。
俺は待ちながら、なんとかしてRとやりたいと思案していた。
そうこうしてるうちに車が車庫に入ってきた。
旦那の帰宅。
午後3時前。

ドスドスと上がって来て初対面したが・・・、旦那はまるでヤクザだった。

「誰じゃ、お前?」

性欲も吹き飛び、慌てて帰社の準備を始めた。
Rがすぐに戻ってきて事情を説明してくれたおかげで失礼できたが、冷や汗をかいた。

「この人、一生懸命頑張ってくれてたんだからね」

と、Rが旦那をなだめていたが、旦那にしてみれば、もう決めた業者があるわけで立腹していた。

帰りの車中、さっき味わったRの唇と舌を思い出した。
いい匂いの化粧品かシャンプーが余計に刺激をくれた。

Rとやれないか考えたが、問題はRと個人的に連絡を取る手段がないことだった。
ケータイを持ってるのは確認済みだったが、自分に気があるのかないのか・・・。
帰社した俺は、「あと一押しで契約取れそうです」と、上司に嘘の報告をした。

次の日、Rと偶然を装って会うために付近を営業することにした。

翌朝10時、すでに旦那も子供も家を出た様子。
必ずママさん同士が集まると期待して、離れた場所で待機。
昼頃に1人2人と集まりだし、Rが家から出てきたのを確認すると、さりげなく付近を歩いて・・・案の定、Rから声をかけてきた。
俺は驚いたフリをしつつ、「お世話になりました」と、ガキ2人にジュースを買ってRに渡す。

「時間ある?」と聞かれたので、近くの公園で話し、メルアドをゲットした。

無事、Rとの連絡手段がついたので、その日は仕事に戻った。

遅めの昼食をとっていると早速Rからのメール。
さっきのジュースのお礼だった。
キスした理由も聞いてみた。

『なんでだろねー。ちょっと好きになったかも(笑)』

旦那が子供嫌いで、そのことでRは悩んでいた。
子供好きを嘘アピールしながら、あのときのキスの話をメールでやりとりした。

3日後、Rと会う約束をした。
近所のママさんの中に不倫中の人が数人いるらしい。
でも、旦那に見つかるのが怖いと言う。
とりあえずオナ禁をした。

約束の日、体調不良を理由に欠勤し、朝7過ぎにRの自宅付近に到着。
9時前にRから、『忙しいのにゴメンね』とメールが来た。
出迎えてくれたRは、デニムの短いスカート姿。

R「私、どうしたらいいのかわからなくて・・・。でも、こういうのはダメよね」

次の瞬間、Rの顔が目の前にあった。

「大丈夫だって」と適当に言って、Rの唇を堪能した。

Rは「やっぱり無理」と言いながらも、どんどん行為はエスカレート。
上着とブラを捲り上げて胸の観察をした。
大きさはCカップくらい。
ひたすらに揉んで舐めて吸った。

もうRが抵抗をしなくなったので、旦那と寝ているベッドへ寝かし、両足を持ってまんぐり返しをしてみた。
水色のシルクのようなパンツに鼻をうずめてマンコの匂いを嗅いだ。
Rはあまり体臭がなく、ケツの穴から膣とクリにかけて舌を30往復は余裕でできた。
Rの困ったような気持ちよさそうな表情を見ながら、さっきコンビニで買ったコンドームを装着。

Rが、「本当にするの?」と言ったのは覚えている。

3日間のオナ禁と朝立ちで強烈に勃起してたので、正常位で挿入すると狂ったように腰を振らせてもらった。
ギャルママっぽいRの顔がみるみる真っ赤になっていった。

「怖いよ」とか何回も言ってた。

興奮した俺は、10分ともたずに射精した。
Rもイッたみたいで、痙攣しながら締まる膣が気持ちよかった。