久々にカップル喫茶に出陣して来ました。
自分たち夫婦は、こんなとこに出入りする割に行為そのものには淡白で、自分たちからはあまり活動することがありません。
なので、だいたいソファーに座って周りの活動状況を観察したり、テーブル席で談話を楽しんだりというのが滞在時間の大半となります。
アプローチを受けた時も妻が了解した時しか行為に至らないので、特に何もなく、夫婦活動を行なって退散となることも少なくないです。

今回も2人で買い物に出かけたものの目当てのものが見つからず、「じゃあ久々に行ってみようか?」みたいな流れで入場となった次第です。
そのお店はカップルか単独女性限定の喫茶です。

時間も早かったせいか、行った時はまだ誰もいませんでした。
2人でシャワーを浴びて、誰もいない空間でテレビ見たりベッドルームでイチャイチャしてると、1組入場してくるのが入口のドアに付いてるベルの音でわかりました。
ベッドルームで遭遇すると、嫌なタイプが来た時に断るのが面倒なのでソファー席に避難しました。
彼らが登場する時を不安ながらも楽しみにして待っていると、感じの良さそうな同年代のカップルが現れました。
場内をひと回りしてきた彼らはソファー席に来て、「静かですね~」と話しかけてきました。

「1組だけだと広く感じますよね」

少しの雑談のあと、「どうですか?一緒に」と、お誘いを受け、断る理由もなかったので4人でベッドルームへ向かいました。
妻に確認は取りませんでしたが、妻は了解を出すというより拒否の場合、見た瞬間の反応がそれにあたり、ダメな場合は寄り添ってくるか、耳元で拒否表示というのが通例なので、今回は一発ツモという珍しいパターンでもありました。

自分たちはバスタオルを巻いただけの一般的なスタイルでしたが、連れの女性の方は刺繍の入った赤の上下にガーダーベルト装着で、ビギナーではない雰囲気を醸し出していました。
少し気後れしていましたが、接してみると彼の要望で装着していることが分かりホッとしました。
先陣を切ったのは彼女でした。
バスタオルの隙間からそっと手が伸びてきて自分のモノを優しく刺激して、肩、首にキスをしてから唇へといった展開。
自分の目をじっと見た後、バスタオルを解き、自分のモノを口に含みました。

(やっぱり慣れてる!)

そう思いながら隣に目をやると、妻もバスタオルを解かれて胸を責められてるところ。
こうしてスワップは無事にスタートしました。

ガーダーは見るぶんにはいいですが、脱がすのは面倒です。
しかし、この彼女さんは色白でスタイルも良く顔も整っていて、このまま見てるだけでも一見の価値あり。
しかしそれでは先に進まないので、心を鬼にして、まずブラを取り外しました。
Cカップの上くらいの胸の感触を楽しみながらフェラしてもらい、再度妻に目をやるとあちら側は69の体勢に移るところでした。
妻と目が合いましたが笑顔だったので、もう安心かなと思い、自分たちの行為に没頭することにしました。

ガーダーのホックを外してパンティを下げると、キレイに整備された彼女のあそこが出てきました。
土手の部分を残してキレイに剃毛され、備え付けのボディソープとは違った香り、たぶん香水だと思いますが、やたらいい香りがするその部分を口で愛撫しました。
この展開だと最後まで行くだろうと69をしながらゴムを取り出し、妻の相手をしてくれている彼に渡すと彼もゴムを渡してきました。
そして間もなく妻の声が大きくなり、隣のベッドが激しく軋む音を立てはじめました。
心配する必要もなさそうなので、こちらはしばらくマイペースで楽しみ、自分たちが合体しようとする時に彼が果てました。

正常位で彼女の感触を楽しみながら隣に目をやると、妻がゴムを外した後の彼のモノを口に含み、最後の愛撫を加えてるところでした。
妻にしては珍しい光景です。
嫉妬心から、自分のモノの硬度が上がったような気がしました。

そんな雑念を払う意味も含め、体位を変えバックで彼女を責め立てました。
彼女は感度もよく、手を回しクリを責めるとなんとも言えない声で反応し、男のやる気を奮い立たせてくれます。
体のサイズ感も自分にはちょうど良く、心地いい攻め具合を堪能していると彼女が1回目の絶頂を迎えました。

腰の動きをスローダウンしたところで、「奥さんとシャワーに行って来てもいいですか?」と彼から提案がありました。
妻を見ると特に問題なさそうなので、「ごゆっくり~」と送り出し、こちらの攻めを再開しました。
体位を正常位に戻し、キレイな顔がイクところを見てやろうと本格的に攻め立てると、彼女は何度も絶頂を迎えてくれて、自尊心を大きく掻き立ててくれました。
この間に何組か入場していたらしく、薄いレースのカーテン越しに人影が見えましたが、構わず行為を続け、今日イチのスパートを加えて舌を絡めながら彼女の中で果てました。
大満足です!

しばらくそのままの体勢でいましたが、漏れてはいけないと思って彼女から離れると、「さっき彼女さんもしてたよね?」とお掃除フェラ。
期待以上のサービスです。

そこに妻たちが戻ってきて、「シャワー、今なら空いてますけどどうですか?」と勧められたので2人でシャワーを浴びに行きました。
改めて見てもいい女だと思い、シャワールームで後ろから抱き締め、振り返る彼女と濃厚なキスを楽しみ、抱き締める強さが強くなる自分を抑えられなくなっていました。

シャワーを浴びてベッドルームに戻ると、妻たちは2回戦に突入しており、2つあるベッドの片方は別のカップルが使っていたので、彼氏さんと目があった時に、『別の部屋に行くね』と合図して彼女と布団の部屋に行きました。
もう1組カップルがいましたが、2人で楽しんでいると、「もう1回いい?」と彼女さんからお誘いが。
ゴムを付けようとしたら、「付けなくても私は平気だよ。お願い、来て」と、横になりました。
罪悪感たっぷりでしたが、上に被さり、彼女を直に感じました。
もう1組のカップルの視線は気になりましたが、この時間をじっくり楽しもうと、彼女に意識を集中させ、彼女を歓ばせることに専念しました。
腕の中で悶える彼女がなんとも愛おしくなりましたが、そろそろ限界が近づいてきました。

「出すね」

「お願い、中でイッて!」

「それはまずくない?」

「大丈夫だから奥にかけて!」

この一言でイキました。
2回戦なんて滅多にやらない自分ですが、やたら出ました。

後始末もせずに舌を絡めていると、「あ、ここにいたんだ?」と彼氏さんと妻が来ました。

(中出しがバレる?!)

焦りましたが、「シャワー行ってくるね」と妻たちは行ってしまいました。
すると彼女がフェラを始めたのでお掃除フェラかと思ったら・・・。

「もう1回お願いできる?」

更なるアンコール。
妻たちがシャワーから出てくるのを待って自分たちもシャワーを浴びていると、自分のモノはいつにない早さで回復していきました。
そのまま後ろから挿入し、ゆっくりしたスライドで楽しみましたが、「ベッドでして」と言うのでベッドルームへ向かいました。
もちろんナマの中出しでした。

終わってからベッドで話をしました。
名前はマキ、32歳。
ここには彼の要望で来ているそうですが、好みの相手ではない時が多いので、正直あまり乗り気ではないようです。

長くなりましたが、次回の対戦を楽しみに、今は体力増強に励んでいます。