ネットで知り合った女の子と飲んだ時のことです。
彼女は大学生で18歳ということでしたが、高めの身長の割にあどけなく人懐っこい顔で、高校生に見えました。
俺はあまり飲めないのですが彼女はかなりいける口で、しかも乗せられるとどんどんいってしまうようで、水のようにがばがば飲んでいました。
彼女は中高と女子校で、男性と話す機会があまりないと言っていました。

「純粋なんだね」と、俺。

もちろん(処女なんだね)という意味です。

下心に気づいたのか彼女は、「そうでもないよー」と否定しました。
その日は終電までに解散する予定でしたが、彼女はかなり酔って帰る気力がなくなったのでしょう。

「オールしましょー」

そう言って、帰らない旨を自宅に連絡しています。
その後もがばがば飲み続け、さすがにヤバいと思って店を出ました。
ろくに歩けない状態になっていたので肩を抱いて歩きました。
10代の女の子のピチピチ感と柔らかさに半勃起でした。

「何もしないからホテル行こう」

ダメ元で誘ってみると、「んーー」と甘えたような可愛らしい声。
途中で彼女が嘔吐しましたが、そんなの気にせずホテルへIN。
彼女は嘔吐でジーンズを汚してしまっていたので、「見ないからガウンに着替えな」と言って俺はトイレに消えました。
戻ると彼女はガウン姿でベッドに突っ伏していました。
少し筋肉質で真っ白な脚が無防備に・・・。

(俺、我慢できるかな?www)

とりあえず彼女はしんどそうだったので、そのまま横で眠ることに。
『何もしない』って言ったし。

しばらくは大人しくじっとしていましたが、彼女の黒髪、真っ白な肌、可愛らしい息遣い、向こうを向いて横たわる肩から尻にかけての曲線の美しさに我慢できなくなり、ハアハアと息が荒くなります。

(もう・・・我慢できない・・・)

彼女の後ろにぴったりくっついて耳に息を吹きかけました。
彼女も眠ってはいなかったようで、「ん・・・」と声を漏らします。
理性がぶっ飛んで、気がつけば彼女の胸を揉みしだいていました。
大きくはないものの、形が良く、ものすごく柔らかい胸。
彼女は逃れようとしますが酩酊状態ですから抵抗も弱く、「あ・・・や・・・んふっ・・・」と可愛く喘ぎます。

そんな彼女を仰向けにして、その身体を拝みました。
白くすべすべの肌で、お腹は引き締まっていまする。
パンツはまるで中学生のような可愛らしいものでした。
鼻息荒く剥ぎ取って陰部も拝見。

(おお!なんていやらしい!)

薄めの陰毛、ピンクの局部。
夢中で弄り回すと、だんだん彼女の声が大きくなっていきました。

「あっあっ・・・いやっ・・・!」

くちゅくちゅと鳴らしながら弄り、乳首もちゅぱちゅぱ。
する気力がないのかほとんど抵抗はしませんが、すごく恥ずかしそうに顔を歪めます。

(これって犯罪じゃないよな)

妙な興奮でした。
しばらく彼女の未熟な身体で楽しんでいました。
一応「処女?」と聞くと、「違う」と答えたので、安心な反面ちょっと残念なのは男の性でしょうか。

一旦上体を起こし、愛撫をやめると・・・。

「ゴム・・・つけて」

これで同意が得られました。

「まだ入れないよ。フェラして」

そう言って彼女を抱き起こします。
初対面の18歳の女の子にフェラを頼む鬼畜な俺w
少し酔っていました。
相変わらず、ぽわーっとしている彼女。

「私・・・フェラしたことない・・・」

(俺が初フェラか!)

俺の勃起したモノへ恐る恐る舌を伸ばし、先っちょをちろちろ舐めてから、ぬぷっと奥まで咥え込みます。
子犬のように潤んだ瞳、さくらんぼのような唇、温かい口の中。
初めての割には上手くて、興奮して彼女の頭を掴みにして上下させました。

「んっ・・・」

漏れる声にもたまらなくなり、懸命にこらえてフェラ終了。
もっと声が聞きたくてまた愛撫を開始。
彼女の陰部はもうぐちょぐちょ。
早く入れたくてゴムを付けました。
改めて彼女の肢体を見ると、なんとも艶めかしくいやらしいんです。
が、なかなか入らない。
男を拒むかのような少女の貞操観念のようなものを感じてさらに興奮。

「痛い・・・もう入った?」

「いや・・・すごく締りがいいから」

恥ずかしそうにそっぽを向けます。
本当に狭くて締りがいいので少しもたつきました。

「私、酔うと濡れなくなるって言われて・・・」

(いやいや、すっごく濡れてますよ)

「ぐちょぐちょだよ」

彼女はさらに恥ずかしがって唇をきゅっと結びました。
そしてめでたく挿入。

「あっあっあっ・・・いやっ・・・あっ」

俺が動くたびに彼女が喘ぎます。
ピストンしながら陰部を弄ると、彼女は一段と高い声を上げて、すぐにイッてしまいました。
俺も果てて、しばらく2人で横たわっていました。
またムクムクと勃起したので胸を揉みしだきましたが、ちょっと酔いが醒めてきたらしく、「やーー」と拒まれてしまいました。

翌朝は何事もなかったかのように帰りました。