人妻の夏実(現在27歳)と出会ったのはもう4年前。
上野の風俗店でした。

当時、夏実は独身。
結婚前になぜか風俗店でバイトしていて、お店で仲良くなった。
マッサージが主流のソフトなサービスなお店で、性格も話も合う夏実を指名していた。
仲良くなってくると色んな話をするもので、妹がどうだとか彼氏がどうだとか。
マッサージの後に手コキでフィニッシュのはずが、たまに口で抜いてくれたりして、気に入ってもらったのかサービスもよかった。

24歳の結婚前の女の子が風俗店で働いている。
これだけで興奮する。
気づいたら外で会うようになり、夏実の相談にも色々乗ってやった。
夏実からの提案で直接会うようになり、なんと一人暮らしの俺んちに来てサービスしてくれるようになった。

そしてその日、初めて本番をした。
夏実の胸はDカップくらいでとても柔らかい。
最高に触り心地のいい胸。
あの胸を思い出すと今でも興奮する。
いつもはないシックスナインの体勢で俺もベロベロ舐めていると感じ始める。
その後、手マンしながらキスの体勢になり、夏実は喘ぎまくる。

「ダメだよ、ダメ、ダメ」と言いながら、「イクッ・・・」と体を痙攣させた。

もうすぐ人妻になる24歳の女が、風俗で出会った男の家でイカされる。
我慢汁全開の俺の息子を正常位の体勢で夏実のアソコになすりつけると、スルっと受け入れてくれた。
ゴムなどしていない、生だ。

「アンッ・・・ダメだよう」

俺はゆっくりとピストンを始める。
もうすぐ人妻になる夏実と唾液を交換しながらのキス。
ピストンしていると夏実のアソコから愛液が溢れ出てくる。
夏実のアソコは締りがよく、このシチュエーションだけでイッてしまいそうだ。
そこは我慢して、俺の息子でもイカしてやろうとじっくり攻めた。

乳首を甘噛みしながら腰の動きを速くすると、「アンッアンッ」と喘ぐ。
体勢を騎乗位に変えて夏実を上にすると、いやらし腰つきで自らガンガン腰を振って喘ぎまくる。
その後、座位でキスしながら突いてやると、本当に気持ちよさそうに喘ぐ。
さすがにそろそろ発射したくなり、正常位に戻してガンガン奥まで突いた。

「イクーイクー」

夏実が雄叫びを上げる中、「イクよ」と言った瞬間、夏実のアソコの中で暴発してしまった。
大量の精子を、もうすぐ人妻になる夏実のアソコにぶちまけてしまった。
旦那になる男には悪いが、最高に気持ちいいセックスだった。