私は36歳のサラリーマンです。
以前勤めていた不動産賃貸の会社での出来事を話します。

当時、私は不動産業界で5年くらい勤めており、成績もトップクラスで役職にも就いていました。
当然部下も何人かいたのですが、新卒の新人教育の係もしていました。
そんな中で営業所に2人の女子社員が入ってきました。
やはり机上だけではわからないので、実際に現場に同行させながら教育を行なっていたわけです。

ところで、不動産の仕事をしていると、友人や身内に「いい物件を紹介してくれ」と言われることも多いです。
すでに友人だけで10人くらいに紹介しており、だいぶ稼がせてもらいました。
中には部屋にこだわることなく、「家賃が安ければなんでもいい」なんて友人もいます。

その中で昔からの友人のかすみから、「東京に出るから、都内の安いアパートを紹介して欲しい」と言われました。
ほんとに神田川の世界みたいな古いアパートを紹介し、彼女は住み始めたのですが、新人教育の時にちょうど通りかかったので、近くの大家の家で鍵を借りて、そこで物件の見方や案内の仕方などを教えることにしました。
そのアパートは家賃並みの部屋で、とにかく汚くて、女性が住むにはどうかと思っていたのですが、かすみは男っぽい女性なんですんなり決まりました。

私は新人の女の子とその隣の部屋に入ったわけです。
部屋の中はそれほど汚くはないのですが、とにかく壁が薄い。
かの有名なレオパ◯スなんかも薄いのですが、私の感覚ではもっと薄いと思います。

「まあ、この部屋は壁が薄いけど、家賃安いから。強調するところは、駅から近いことと家賃が安いことだね」

素人でもわかるような説明をしながら、でも新人女性社員は必死にメモを取ったり、部屋中を見たりと熱心でした。

その時です。
新入社員が押入れを開けたら、静まりかえった部屋の中で、微かに隣の部屋から喘ぎ声が聞こえるのです。

(まさか、あいつ、昼間からやってんのか?)

そう思いながら、よく聞いてみると・・・。

「あ、あ~ん、そ、そこ、そこ弱いの~」

確かに友人のかすみの声です。

(あのバカ・・・)

でも私は少し興味がありました。
昔から知っていて、男勝りで男の子をよく泣かせていたかすみですが、何年か見ないうちに女の子らしくなっていて、少し惹かれるところもありました。
そんなかすみが、よりによって私が新人教育をしている時にエッチしてるなんて想像すらしませんでしたが現実です。

「も、もう入れて~、お願い~・・・」

新入社員を見ると顔を赤くしています。

(まったく、かすみのやつめ)

「やっぱり薄いんですね・・・」

「・・・うん、まあね・・・」

私はこれ以上答えることが出来ませんでした。
かすみは東京に出てきて、まじめに働いてると思っていたら、昼間から男を連れ込んで。

「あの~、これってやっぱり、アレしてるんですよね?」

「うん、まあ、この業界、色々なことあるから」

その時、新人がニヤっとしたのを見逃さしませんでした。

「あ~ん、いい、いい、達也の大きいの~」

一段と声が大きくなり、少し勃起してきました。
久しぶりに少し前に会ったかすみは、結構おっぱいが大きくて、足がきれいだったことを思い出し、さらに勃起してきました。
恥ずかしそうな顔をしている新人。
そして隣の部屋では友人のかすみがセックスをしている・・・。
この状況にムラムラして、新人の女の子を押し倒そうかと思ったくらいでした。
さすがにクチュクチュという音までは聞こえなかったものの、ベッドがギシギシと音を立てていました。

もしもこれがエロビデオだったら、新人と見つめあい、エッチがはじまるところでしょう。
私は新人の制服姿を見るとますます興奮してきました。

「ああ~っ、いい、イキそう、あっ、だめっ、イクっ、イク~っ」

どうやらかすみは絶頂に達したようです。

「なんか、終わっちゃったみたいですね」

「そうだね、まあ、こんなこともあるから・・・」

次第に私たち2人の間に怪しい雰囲気が漂いはじめました。

「もしかして興奮してきた?」

「そ、そんなこと・・・」

はっきりと答えませんでしたが、興奮してると思い、私は賭けに出ました。
後ろから抱きついてみたんです。

「きゃっ、いきなりどうしたんですか?」

驚いたようですが、新人は怒りません。

「ごめん、ちょっとムラムラきてしまって・・・」

「・・・」

新人をこっちに向かせると、いきなりキスをしてみました。
少し抵抗はあったものの、キスをしたら力を抜いたみたいで、私たちは強く抱き合い、ディープキスを繰り返しました。

「強引ですね。でも、そのほうが感じます」

新人の言葉を聞いて、もう私はストップすることが出来なくなりました。

「今すぐ君が欲しいんだ」

「欲しいじゃなくて、『したい』の間違いなんじゃ?w」

「あ、そうとも言うね」

見つめあって少し笑い、すぐにまたキスをしました。
それにしても最近の若い子はさばけています。
私も少しは気に入られたのだろうが、あっさりとキスを許し、そのまま制服を脱がしても大丈夫な感じで。
制服の上からおっぱいを鷲掴みにすると・・・。

「あ~ん、力が抜ける~」

「大きいね。どうして欲しい?」

「あ~ん、そんなこと~、わかってますよ~」

私はおっぱいを下から回すように揉むと・・・。

「感じるんです、そこ、あ~ん、いや~ん」

「感じやすいんだね」

「あ~ん、言わないでください」

「何度でも言ってあげるよ」

だんだん調子に乗ってきました。
妻以外の若い新入社員とエッチをしようとしている。
それも最高にいい女と。
適度に肉もついていて、いやらしい体をしています。
制服のジャケットを脱がし、ブラウスのボタンを楽しみながら1つ1つ外していくと、柔らかそうな胸が見えました。
ブラもいやらしく、もう私の股間は最高潮の状態でした。
一度は終わったと思いましたが、隣の部屋からは、またかすみの喘ぎ声が聞こえてきました。

「あ~ん、う~ん、またするの~、また感じてきちゃった~」

声だけ聞いていると本当にスケベな女に思えます。
今度飲みに行った時、ずばり聞いてやろうと思いました。

私は新人のブラウスのボタンを外すと、「少し寒い」と言ったので暖房のスイッチを入れました。
古いアパートなのに冷暖房だけは新品がついています。
チャックを下げるとスカートが床に落ち、ストッキングとパンティだけの姿に。

久しぶりの若い女でした。
妻とのセックスにも飽きてきていたところに、このいやらしい体。
白の下着が輝いて見えました。

「きれいでいやらしい体だね」

「そうですか?」

「さあ、今日は何をしようか?」

「ここまで脱がせておいて、あんまり見ないでください」

「いいや、じっくり見させてもらう。これは業務命令だよ」

手を後ろに回してブラのホックを外すと、ピンク色をした可愛いおっぱいが、ポロンと登場。

「きれいだ・・・」

正直な言葉でした。
私はもう一度キスをして首筋に舌を這わせ、そのままおっぱいにかぶりつき、乳首を思いっきり吸いました。

「あ~ん、あっ、あっ、あっ、いや~ん」

「感じやすいんだね」

「うん、そうなんです、あ~ん、うう、ううう」

「素敵だよ、もっと声を聞かせてくれる?」

「い、いや~ん、隣に聞こえますよ~」

「聞こえてもいいじゃないか。隣もやってるんだから」

「いや~ん、恥ずかしいです」

「これからもっと恥ずかしいことするんだけど」

勢いよく乳首を吸い、わざとストッキングを破き、パンティの上からおまんこを触ってみると、もうパンティはグチョグチョで、クリトリスが大きくなっており形がはっきりとわかりました。

「やっぱり体は正直だね、すごく欲しがってるよ」

「う、う~ん・・・ああっ、そこは・・・」

新人の足は少し震えはじめ、立っているのがやっとの状態。
私はさらにクリトリスへの振動を速めました。

「あああああああああ~、も、もう、だめ、あ~っ」

「どうしたの?気持ちいいの?」

「そ、そうです」

「どこがいいんだ?言ってごらん」

「あ、あそこ・・・」

「どこだって聞いてるんだけど」

「ク、クリト・・・リス・・・」

新人と同じように私の股間も勢いを増していました。
新人の手を掴んでズボンの上から股間を触らせました。

「大きい・・・もうください」

「わかった。でも、まだだめだ」

「どうして~、早く~」

「下着を全部脱いでからだ」

新人はすぐにパンティを下ろすと、私が見やすいように大きく股を開き、お尻を私の方に向けました。
お尻の穴とアソコが丸見えになりました。

<続く>