中学生の頃の話だ。
今は高校1年。
これは同級生の女子に実際に受けた本当の体験。

沙織「後で校舎裏の倉庫前まで来てくれない?」

そいつは同じクラスの女子。

夏「・・・」

こいつも同じクラスの女子。
2人ともS顔をしている。
でもどことなく可愛い。

(校舎裏の倉庫?どうしてわざわざそんなところに?)

疑問だった。
オレは特にモテるわけでもないから愛の告白ではなさそうだ。

じゃあなんなんだろう?
夏はどうしてこっちを見てるんだ?
見つめるって言うより、なんか企んでるような・・・。
まあいいだろう、行ってやるか。

そんなことを思いながら倉庫まで行った。

「遅いなー」

5分くらい沙織たちが来るのを待っていた。

ゴス!

「・・・ぐ」

背後から急に何者かに金蹴りをされた。
沙織だった。

「ぐ・・・なにするんだ・・・」

痛がりながらものっそり起き上がる。
するとまた後ろから激痛が襲った。
今度は夏だった。

沙織「バーカ。告白でもされると思った?」

夏「私たち、こう見てもかなりのSだから」

沙織「そういうこと」

オレ「ぐうう・・・」

嬉しいことにオレはMだ、それもドM。

オレ「うっ!」

今度は金玉を押さえている手をどかし、沙織と夏に思い切り掴まれた。

沙織「どう?このまま潰されたい?」

オレ「い、いや・・・だ」

潰される方が嬉しいのだが、本当に潰されたらやられる楽しみがなくなってしまう。

夏「じゃあ、条件を聞いてくれれば潰されなくて済むようにしてあげる」

オレ「?」

夏「毎日、朝、昼、晩と1人3回ずつ蹴らせて。休みも欠かさずね」

沙織「蹴るだけじゃなくて、服を脱がせたりもするけど」

夏「どう?この条件、呑む?まあ呑まなかったら今潰すけど。言っとくけど本気だよ?」

沙織「引きこもりになっても無駄だよ。勝手に家に入って潰しに行くから」

オレ「・・・」

沙織「さっさとしなさいよ!」

ドス!

オレ「ぐあ!ぐうう・・・」

夏「さっさと決めないと蹴り続けるからね」

ドス!

オレ「分かりました!条件飲むから・・・」

沙織「あなただけひどい目に遭わせるのは可哀想だから、いい目にあわせてあげる」

夏「そう、とってもいいこと」

オレ「?」

2人「私たちのおっぱいに何してもいいよ」

2人のおっぱいは結構大きい。
しかもこんな可愛い子のおっぱいを触れるなんて最高だ!

沙織「蹴らせてもらうための報酬と思っておけばいいよ」

夏「私たちはやさしいからね」

次の日。

ドン!

オレ「ぐあ!」

ガス!

早速倉庫に連れて行かれて金蹴り。
こんなに美味しい目に遭っていいのだろうか。
可愛い子2人に、1日合計18回も蹴られ、大きいおっぱいも自由にできる。
最高だ!
タマ責めの仕方も最高だ。

沙織「服脱いでよ」

オレ「え!」

夏「さっさと脱いでって言ってんでしょ!」

ドカ!

オレ「ぐうう・・・」

脱がされ、可愛い2人の前で裸を見せる。
そして金玉を間近で蹴られる。
そしてお楽しみのおっぱい。
今まで触りたくて仕方がなかった2人のおっぱいを今、触るだけでなく、舐めることまでできるのだ。

それから2年が経ち、高校に行った今でも金蹴りプレイは続いている。
何回も言うが、これはノンフィクションだ。