高1のとき、私には『K』という友達がいました。
当時は友達が少なく、男友達も彼1人でした。
なにかと一緒だったのですが、学年が上がるにつれ、お互い会わなくなりました。

ある夜、両親が仕事でいなくなり私は家で1人でした。
インターホンが鳴り、ドアを開けるとKがいました。

「どうしたの?」

「親がいないから泊めて欲しい」

うちも1週間親がいないので、とりあえず1週間泊めることにしました。
私がお風呂から上がり、Kも入った後、ポツリと言いました。

「なぁ・・・お前って、好きな人いるの?」

「え?いないけど・・・」

するとKは嬉しそうに言ってきました。

「じゃあ俺と付き合ってくれよ」

いきなりの告白に驚きましたが、内心私も彼に好意を抱いていたので、「いいよ」と言いました。
するとKは、それを聞くなり私をベッドに押し倒しました。

「え・・・ちょっと、K!?」

「好きなんだよ。だから抱かせて」

Kがしたいのはエッチなんだとすぐに理解しました。
呆然としていると、Kは私の服を脱がして自分も裸になりました。

「K・・・本気なの?」

Kは私の問いかけには答えず、私をギュッと抱き締めました。

「胸、触るよ」

私の胸を触り、キスをしてきました。
舌も入ってきました。
キスが終わると、あそこを触りはじめました。
さすがに驚きました。

「えっ、まさかやっちゃうの?」

「するよ。大丈夫、優しくするから・・・」

そう言って舌を入れてきました。

「あっ・・・う・・・」

思わず声が出ました。
Kは、「可愛い」と言って、ずっと舌を入れ続けました。

「じゃあ、入れるね」

Kが私に覆い被さりました。
同時に膣に棒が入ってきました。

「あぅっ・・・!痛いよっ・・・!」

「あ・・・ごめん。じゃあ・・・」

私を気遣ってか、Kは私を抱き締めながらゆっくりと出し入れし始めました。

「あれっ?ちょっと気持ちいい・・・かも」

「そっか、良かった」

スピードが上がり、ズンズンと突いてきました。

「あっあっ、イクッ・・・!K、イク!」

「俺もイクッ!好きだよ、愛しているよ!」

Kは中に出しました。
その夜は、夜明けまでしまくって、私もKも何回もイキました。
それからお互い親が帰るまでの1週間、ほとんどの時間、抱き合って過ごしました。
今でも私とKは恋人です。