自分が高3の頃、彼女は高1でした。
思い返せばこの頃から自分は変態だったようです。
彼女との初体験もアブノーマルですが・・・。

今回は一番印象に残っていることを書きます。
ちなみにその頃はゴムを付けることはほとんどなく、ホテルを使わない限りは生でしてました。
彼女もゴムを使わなくても何も言いませんでした。

高校は授業がある北校舎と、視聴覚室などの特別授業が行なわれる南校舎がありました。
南校舎には屋上に通じる階段がありましたが、一般生徒はあまり知りませんし、使いません。
その日は放課後に4階の視聴覚室で実行委員会がある予定でした。

「その前に少し会おう」ということになり、屋上前の踊り場で待ち合わせしました。

僕が到着してから少し遅れて彼女が来て、早速いちゃつきはじめました。

『巨乳は感度が悪い』なんて言いますが、彼女は胸が弱いんです。
壁に寄りかかり、後ろから胸を揉みながら同時に耳を責めました。
あまり知られていない場所とはいえ放課後、すぐ下の階では話し声も聞こえます。
いつ誰が来るかわからないシチュエーションに彼女はいつも以上に感じていました。
胸と耳の同時攻撃で、あそこが洪水になっているのも容易に想像できました。
胸と耳を責めながら右手で下を触りました。
パンツの上からでもすぐにわかるくらいになるくらい濡れていました。

パンツの上から軽く擦り、たっぷり焦らした後でパンツの横からじわじわと指を入れていきました。
もうすでにぐちょぐちょ状態です。
指を1本、2本と少しずつ増やしました。
僕は体を少し右にずらし、彼女を壁に寄りかからせて右手に集中しました。
これでキスすることで喘ぎ声も消せて一石二鳥です。
キスをしながら中指と薬指で奥と手前、Gスポットを親指でクリを責めました。
右手のひらには彼女の愛液がどんどん溜まります。
溢れ出た愛液を戻すようにかき混ぜながらどんどんぐちょぐちょにしました。

十分ぐちょぐちょになったので対面座位になり、パンツを素早く脱がし、向かい合いながら挿入しました。
挿入すると彼女は自然と声が大きくなってしまいます。
巨乳を楽しみ、キスで声を消しながらピストンしました。

ピストン運動をしながら、ふといたずらを思いつきました。
踊り場から顔を出すと下の階が見えるのです。
僕も変態ですが、彼女も変態。
彼女が下を見えるように立たせ、お尻を突き出させました。

「誰が来るかわからないからしっかり見張っててね」

そんな理由をつけて立ちバックで挿入しました。
彼女からは4階に上がってくる生徒が見えるようです。
でも普通は階段を上がりながら真上は見上げないので彼女の顔は見られません。
感じすぎて、そんなことにも気付かない彼女は、人が上がってくるたびに、「恥ずかしい、恥ずかしい」と言いながら感じていました。
僕は腰を振りながら胸を揉み、耳元で言葉でいじめました。

「ちゃんと見張ってくれなきゃダメだよ。ほら、また誰か来た」

挿入されながら胸を揉まれ、耳を責められている彼女は膝がガクガクしていて、いつでも崩れそうでした。
それを何度も持ち上げながらピストンを繰り返しました。

最後は彼女の、「も、もうダメ」を合図にピストンを速めてお尻に発射をしました。

僕が抜くと同時に彼女はずるずると床に崩れ落ちました。