時計を見ると深夜2時を回っていた。

(・・・そろそろか・・・)

現在、予備校に通い一浪中の僕はペンを置いた。

(気分転換♪)

音を立てないように自分の部屋を出る。
行き先は隣の部屋の妹、サトミの部屋だ。
サトミは豆球を点けて寝ている。
小さい頃からの習慣だろう。

サトミの部屋に入り、目が慣れた頃、行動開始。
そーっと起こさないように布団を捲る。
静かに寝息を立てるサトミのパジャマのボタンをゆっくり外す。
夜だからブラジャーもしていない。
パジャマの前を開くとダイレクトに胸が出てくる。

(今夜もいただきます)

僕はサトミのオッパイを包み込むように揉みだした。

(やっぱ、生はいい・・・おっ?)

サトミのオッパイを揉んでいると、指先に乳首を感じた。

(よし、立ったな)

ペロっと舐めたのを合図に、僕は優しく乳首を舐め回す。

(彼女は嫌がるから、こんなに吸うことないからな)

僕は世間でいう『オッパイ星人』なのだ。
サトミが起きないのをいいことに好き放題していた。
ただ、この日はいつもと違ったことが起きた。
僕は異様にしたくなってしまった。
いつも乳首を舐めて終わっていたのに・・・。

一度自分の部屋に戻り、ガムテープを取ってきた。
サトミの口に貼りつけた。

「・・・ん?」

さすがに起きたようだった。
寝ぼけて頭が回転していない間にサトミの手首を拘束した。

「・・・サトミ・・・ごめんな」

パジャマのズボンを下着と一緒に剥ぎ取った。

「んーん!!んん!!」

サトミはジタバタしている。
親は朝まで起きない自信があった。

「サトミ・・・無駄だよ。・・・結構、オッパイ大きいね」

サトミに馬乗りになった状態で胸を揉む。

「もう2週間になるけど、毎日乳首を舐めてあげてたんだよ・・・こうやって」

いつもしてたように乳首を吸い出す。
すでに乳首は最高に勃起状態。
けどサトミは抵抗をやめない。

「大人しくしてないと犯すよ?舐めるだけ」

もちろん嘘だったが、サトミは信じて大人しくなった。
足を開かせて、初めてサトミの下半身を見た。
微かにヌレていた。
指で広げて舌を這わした。
ビクンとサトミは一瞬仰け反った。
全体を舐め舌を入れる。
女の味だ。
だんだん愛液を出してくる。
クリトリスを中心に刺激するとサトミは泣きながら息を荒くした。
サトミに気づかれないように硬く勃起したペニスを取り出し、目を閉じて我慢してるサトミに向かって言った。

「サトミのここが欲しいって言ってるよ?」

途端にサトミは抵抗してきた。
しかし足を広げて抵抗しても無駄だった。
先端を愛液でいっぱいのところに当てた。

「当たってるよ。わかる?」

擦りつけた。
グイっと亀頭まで、入れては出してを繰り返した。
まだサトミは首を横に振っている。
僕は我慢できなくなり、一気に奥まで入れた。

「う・・・。入ったね。サトミ、いいよ」

僕は腰を引いたり押したりしてサトミを犯した。
放心状態のサトミの足を自分の肩に乗せて奥まで突き上げる。

「ん!ん!」

動きに合わせてサトミが唸った。
僕が絶頂を迎える頃にはサトミも変化していた。
そう、ただの女に。
僕はサトミの中に欲望を流し込んだ。

「サトミ。これからもしたくなったら相手をしてあげるよ。その代わり、僕がしたくなったらヤラせて」

サトミは目を閉じて頷いた。
それからは人生バラ色だった。
したい時にサトミを抱けたし、ときにはサトミからも誘ってきた。
今度は野外プレイをしてみようと思っている。