弟とのことを告白して、少しでも自分の気持ちが軽くなればと思い、投稿します。

私、テル子は38歳の専業主婦です。
3年前に結婚して、2歳の男の子がいます。
弟の俊介は4人きょうだいの末っ子で28歳。

今年の4月に俊介が地方に転勤になり、引っ越し先に手伝いに行ったときに男女の中になりました。
引っ越しのトラックが来てたら、すぐに荷下ろしできるように、引っ越し先のマンションのお掃除をしようと、私と弟家族と引っ越し先のある市に行きました。
前日から弟が手配してくれたホテルに泊りです。
弟は私を「テルねぇ」、妹を「チーねぇ」と呼んでいました。

この日は弟は、「テルねぇが手伝いに来てくれるから、ホテルを奮発したよ」と一流のホテルを手配してくれていました。

私はシングル、弟家族には子供がいますのでツインです。
夕食に軽くお酒を飲み、それぞれのお部屋に引き上げたのは22時を回った頃でした。
部屋は階が違います。
こんな上等なホテルで1人で寝るのは初めてで、アルコールが入っていてもなかなか寝つけません。
私は霊感が強く、寝つけないまま全身に冷水を浴びせられたようにゾクゾクとし、金縛りになりそうな感じがしました。
数回ほどそんな気持ちを感じて、とうとう我慢できず弟の部屋に電話をしました。
事情を説明して、部屋を替わってもらえないか頼みました。

「テルねぇ、夢でも見てるんだよ。もうこっちは寝てんだから」と取り合ってくれません。

無理に寝ようとしましたが、やはり霊感を感じます。
居ても立ってもいられなくなり、また弟に電話しました。
2度も姉に懇願されて、渋々部屋の交換に応じてくれました。
私と弟がツイン、義妹が子供とシングルの組み合わせになりました。
実の姉弟がまさか近親相姦なんてことになるとは義妹も思ってもいなかったでしょう。

部屋を移ってからは何も感じず、ようやく寝ねると思った時、弟が声をかけてきました。

「テルねぇ、寝れる?」

「うん、大丈夫だよ。俊介は昔からやさしいね」

小さい頃の懐かしい話になりました。
1時間ほど昔話をした頃、「良かったらこっちに来て話さない?」と、弟がベッドの横を空けてくれました。
姉弟の気安さから特に意識せず、私は弟の横に入りました。

すると、初めは昔話を続けていたのですが、いつの間にか弟の手が私の浴衣の上から胸の上に乗っていたのです。
ただ乗っていただけでしたので、その時もさほど気には留めませんでした。
弟の口調が変わって、話の内容も途切れ途切れになり、胸に置かれた手がいつの間にか胸全体を揉んだり、乳首を摘まむようになってきました。
さすがにこれはいけないと思い、身をよじって弟に背を向けました。
しかし、逆に弟に都合の良い格好になってしまいました。

浴衣の襟元から直に手がノーブラの胸に入ってきました。
胸を揉み、乳首を摘ままれ、首筋や耳を舌先でなぞられ、お尻には弟の硬くなった下半身が押し付けられてきました。
それでもなぜか私は、弟のベッドから出る気が起きませんでした。

夫は5歳上の43歳ですが、最後の夫との交わりは半年以上も前でした。
セックスレスで欲求不満な身体が男を求めていたのかもしれません。
それに弟の責めは夫よりも上手でした。
首筋や耳に舌を這わされると弱いのです。
脳裏に義妹の顔がよぎりましたが、気持ちが優先されてしまい、申し訳ないと思いながらも弟のなすがままにされていました。

弟は私を仰向けにして、「テルねぇ、テルねぇ」と言いながら浴衣の襟元を広げ、胸を揉みながら乳首を口に含み、舌先で転がしたり吸ったりしています。
空いた手は浴衣の裾を分けて、ショーツの上から割れ目に沿って上下させています。

「ああ・・・」

もうここまで来たら、私の口からも声が出てしまいます。
いつの間に弟はトランクスを脱いだのか、硬くなったモノを私に触らせようと、私の手を自分のモノに導こうとしています。
私は初めて弟のモノを握り、擦ってしまいました。
私の気持ちを察したのか、弟は私の浴衣を脱がせて、ショーツ1枚にしてしまいました。
38歳の少々型の崩れた裸体(自分では年相応だと思っていますが)を見られるのは恥ずかしいので、灯りは消してもらいました。

足元に回った弟はショーツに手をかけ、一気に引き抜きました。
そして、「テルねぇ、テルねぇ」と言いながら、私のアソコに唇を当ててきました。
すぐに、夫より一回り大きなモノが私の中に入ってきました。

(大きい・・・それに、こんなに硬いのは久しぶり・・・)

もう私の頭から夫のことは消えていました。
私の名前を呼びながら激しく腰を動かす弟の背中に両手を回して、私は何度も女の悦びを味わいました。
最後、弟は抜いてお腹に出してくれました。
私は体を起こすと、弟のモノを口に含み、きれいにお掃除しました。
弟のモノは萎えることなく、また私の中に入ってきました。
2回目はバックで、3回目は騎乗位でイキました。

今でも2、3ヶ月に1回は、用事を作って弟のマンションを訪れています。