高校2年の修学旅行の時、渋滞にはまり、ゆっくりと高速を走るバスの中で突然、今まで騒がしく話していた女の子たちの一部が静かになった。
疲れたのだろうと思ったのだが、寝たわけではない。
黙ってヒソヒソと話していた。
別に小さい声で話す必要はないだろと思ったわけだが、ふとグループの1人が青ざめた顔でお腹を擦っているのが見えた。
さらに直後にグループの1人が席を立ち、前の席の担任の下に何やら話に行ったのを見て、その子がトイレに行きたくなったのかと状況を把握した。

しかしバスは渋滞のど真ん中。
SAはもちろんパーキングもない。
青ざめ、両手を下腹部に重ねて必死に耐えるその子。
だが、10分後くらいに崩壊した。

俺はその子のことを凝視していた。
その子は真っ赤な顔をしてしきりに体を揺らしており、足を床に擦り付けるみたいな感じで必死に便意を紛らわせようとしていた。

ちなみに芸能人で言えば井上真央。
めちゃくちゃ俺のタイプだった。

しかしバスの走行音の中、確かに絶望的な音が聞こえた。

プチ。

音がした後、その子は急に背筋をすっと伸ばした。
そして足をピーンとさせ、真っ赤な顔で、「くっ!くっ!」と息が漏れ始めた。
きっと全身の力を肛門に集中させていたんだろう。
しかし、そういった努力も虚しく、今度は周囲の人間には確実に聞こえるような大きさで、音が鳴り響いた。

ブーーーッ!!!

その子は座席の上で膝を抱えて小さく丸まった感じになり、フーフー言っていた。
まるで出産シーンみたいだった。

隣の子が、「先生!バスを止めてください!」と叫んだ。

叫ぶ声を聞いて担任が近づいてきた時はもう遅かった。
その子は膝を抱えて小さく丸まったまま、遠目に見ても分かるほど震えていた。
そして・・・。

ブリュッ、ブリュッ、ブリュッ!

そんなベタな脱糞音とともに、その子のジャージの尻部分がどんどん茶色くなっていった。
そしてその部分は若干膨らんでいた。
その子は座席の上で体育座りみたいにしてたんだけど、そんな格好だと、かえってお腹が圧迫されるんじゃないのかなと思いながらその光景を見ていた。

その子は幼稚園児みたいに嗚咽を漏らしながら号泣していた。
顔もびっくりするくらい真っ赤になっていた。
そして車内の大移動が始まった。
前の方に全員がぎゅうぎゅうにされて、一部の女友が手伝いながらバスの後ろで処理作業。
ジャージの裾から漏れ出したと思われる下痢便は先生と一部の女子の手によって撤去された。

その後の学校生活だが・・・。
彼女は学校に来なくなって、結局高校を中退した。