中学2年生の夏頃、僕の部屋の窓からほんの2メートルくらいしか離れていないマンションの一室に家族が引っ越してきた。
そのマンションの部屋はベランダがあり、大きな窓で、僕の部屋の窓から一望できた。
カーテンは付いているものの、建物が立て込んでいるため外部からは見えず、いつもカーテンは開いていた。
最初、どんな人が住んでるのかわからず、特に気にしていなかった。

ある暑い日の夜。
風呂上がりに窓に向かって涼んでいたところ、とても綺麗な若い奥さんが下着姿で通り過ぎた。
その日は、その一瞬だけだったのだが、中学生の僕にはとても刺激が強く、すぐに勃起して、とてつもない興奮を覚えた。

その日から僕の覗きが始まった。
だんだん家族構成もわかり、旦那さんは単身赴任なのか別れたのか、居なかった。
小さな子供が2人いて、いつも笑い声が聞こえてきた。

奥さんはとても美人でスタイルも抜群、そして度々下着で部屋を歩いていた。
年齢は30歳くらいだと思う。
黒髪のロングで、子供を産んだとは思えないくらいスレンダーで、僕好みの小ぶりなおっぱい。
そんな可愛くて清楚な下着姿の奥さんを見て、僕は初めて性的な興奮を覚えた。

まだ精通を経験していなかった僕が、その奥さんの下着姿を見ながら大きくなったちんちんを擦っていると、突然気持ちよくなり、精通した。
もちろんそんな時は、部屋の電気を消して、身を潜めて堪能していた。
しかし子供が小さいせいか夜は早く寝てしまう。

そんな日が続き、ある朝、ふと5時過ぎに目が覚め、なんとなくその部屋を覗いてみると電気が点いていた。

(こんなに早くから起きているんだ)

そう思いながら見ていると、なんと奥さんはパンツ1枚で部屋の中を掃除していた。
初めて見る隣の奥さんの小ぶりで綺麗な形のおっぱいに、朝方だというのにかなり興奮して、学校行く前に3回抜いた。

それから僕は毎朝早く起きて、隣の奥さんの綺麗なおっぱいを堪能した。
しかし、そんな刺激もだんだん麻痺してくる。
もっと刺激が欲しいと思う。

そして秋になり、少し寒くなってきたせいで、奥さんもTシャツを着るようになっていた。
そうなると見たくてたまらくなる。
何かいい方法がないかと作戦を練ったが、中学生のガキに大したことはできない。
そこで思いついたのは、朝方部屋の電気を点灯して向うからも見える状態でパンツ1枚でトレーニングをして、奥さんに僕の存在を教えることだ。
これは賭けとも思えたが、行動するしかないと考え、翌日からすぐに行動を起こした。

僕はちょっと格好いいパンツを選び、トレーニングを始めた。
奥さんはパンツTシャツ姿で度々窓の前を通ったり、ソファーに座り雑誌を読んだりしているのだが、僕に気づいているのかどうか一向にわからない。
そんな行動を1週間続けたが、奥さんは全く普段と変わらなかった。

僕は次の作戦を練った。
全裸トレーニングだ。
中学2年生の僕には、他人に下半身を見せるなんてことなんて普段では恥ずかしてく全く考えられないことだが、欲望のせいで完全に理性が破壊されていた。

早速、次の日から全裸でトレーニングを始めた。
奥さんに見えるように大きく動いてトレーニングをしていると、今までは見られなかった行動が見られた。
1回、ふと奥さんと目が合ったような気がして、その後、カーテンに隠れながらこっちを覗いているように見えたのだ。

確信が持てないまま、次の日も同じく全裸でトレーニングをした。
するとやはり奥さんはカーテンに隠れながらこっちを見ている気がする。
確信が持てないまま3日目。
奥さんはやはり見ていた。
なぜ分かったかと言うと、今まで気づかなかったのだが、後ろにある点けていないテレビの画面に奥さんの姿が映り込んでいたのだ。
それを発見した瞬間、奥さんのその行動に激しく興奮して僕は勃起した。
理性を失った僕は奥さんに見られながらオナニーをした。
それから僕は奥さんに見られながらオナニーする快感に目覚め、1週間続けた。

1週間が経ったある日、また奥さんに変化が起きた。
僕が見られながらオナニーを始めると、今まで隠れて覗いていた奥さんがソファーに座り、Tシャツを脱ぎだしたのだ。
ソファーはこっちを向いており、奥さんは時おりこっちを見ながら、パンツとブラジャー姿を僕に見せてくれた。

それを見ながら激しくしごいていると、今度は背中に手を回してブラジャーを取り、小ぶりで綺麗な形のおっぱいを見せてくれた。
激しく興奮した。
奥さんとの心理戦に勝利したと思った。

完全に理性を失った僕は窓際に近づき、もっと奥さんによく見えるようにして激しくしごいた。
それに呼応するかのように奥さんはパンツの中に手を入れた。
しかも完全にこっちを見ながら。
同時に片方の手でおっぱいを強く揉んでいた。
パンツ1枚の奥さんは股を大きく開き、パンツの中に入れた手を激しく動かし、聞こえはしないが、とてもエッチな顔で喘いでいるように見えた。
僕はすぐに一度目の射精を迎えたが、すぐに大きくなり2度目を射精した。
奥さんは僕が2度の射精を終えた頃、手の動きを止めて、僕から見えない場所に消えた。

次の日、再び同じ行動を起こした。
すると奥さんも僕に呼応するようにソファーに座り、オナニーを見せてくれた。
僕が激しくしごきはじめると奥さんも激しく手を動かし、その日はなんとパンツも脱いでくれた。
20歳は違うであろう名前も知らない2人が、朝方5時過ぎに全裸でお互いを覗き見ながら相互自慰をする。
その行為に僕は毎朝、興奮した。

まだ初体験も済ませていない中学2年生の僕は、隣の奥さんの下着姿で精通し、相互自慰まで経験した。
しかし、ガキだった僕はどうしてもその次の一線を越えられなかった。
週3回の相互自慰は、僕が高校に入るまで続いた。