昨日、押し入れの片付けをしていたら鍵のついた箱が出てきました。
それは大学生の時に私が犯された時のビデオです。

当時、私は大学の寮の一階の角部屋に住んでいました。
お盆で寮生が帰省する中、私はバイトが休めなかったこともあり、1人で寮に残りました。
寮母さんも夜には自宅に帰るので少し心細くもありましたが、数日だけですし、まさか自分があんな目に遭うとは思いませんでした。

1人になって3日目。
バイトで疲れて帰ってきた私はシャワーを浴びるとすぐに眠気に襲われました。
いつもなら朝までぐっすりなのですが、なんだか体が痛くて目を覚ましました。
そこにはプロレスラーが被るようなマスクをした全裸の男が!

「ふごごごー!」

悲鳴を上げたつもりが変な声しか出ません。
なんで?と思いましたが、すぐに舌の感覚で口にピンポン球に穴があいたようなモノを入れられているのが判りました。
体が痛い理由も判りました。
パイプベッドに両手を繋がれ、両足は片方ずつの膝をロープで縛り、ロープの先は頭上のパイプに縛りつけてM字に開く形にされていました。
男は一瞬ビクッとなりましたが、構わず私の胸を揉み、乳首を舐めました。

「うーうー」

私は唸って嫌がりましたが、よだれが出るだけでした。
その時、もう1人の男の存在に気付きました。
その男も同じようにマスクに全裸でした。
違ったのはビデオカメラを持ってることでした。

わかりやすく、最初の男を『A』、カメラ男を『B』とします。
BはAに愛撫される私をアングルを変えながら撮影していました。
レイプされ、撮影されてることに物凄い恐怖を感じました。
涙が出て震えましたが、構わずAは股間に顔を埋めて舌先でクリを舐めたり吸ったりしはじめました。
処女ではありませんでしたが、アソコを舐められるのは初めてだったので驚きました。
初めての快感に、今度は別の意味で体が震えました。
イキそうになった時、Aは舐めるのを止めました。

(もう少しなのに・・・)

そう思っていると、Aが私の中に入ってこようとしました。

(あっ!入っちゃう!)

私は目を閉じたのですが、中には入れず、先っぽでクリを撫でたり、少し入れて浅く出し入れするだけです。

(なんで入れないの?)

その感じが気持ちいいやら、もどかしいやら・・・。

(我慢できない!)

そう思った時、ズボッと一気に奥まで突かれました。

「あぐぅー!」

変な叫び声を上げて私はイッてしまいました。
Aのモノは少し太めで長く、ズンズンと奥まで突かれると少し痛いんですが、気持ちよくて何度もイキました。
やがてAも、「うぅ・・・」と唸ると、私の中に出しました。

Aがイクと今度はカメラマンを交代して、Bが私に近づきました。
Bは耳元で囁きました。

「気持ち良かったでしょ?イッちゃったねぇ?今からもっと気持ち良くしてあげるよ」

Bは細長い卵形の先にクリップのついたモノを出し、私の両乳首を挟みました。
それからアソコにバイブを突っ込み、スイッチを入れました。
卵形がブルブル震えて乳首が刺激され、股間のバイブはグリグリ回転します。

「んーー!」と叫ぶ私を見てBは笑ってるようでした。

腰をガクガクさせてイッた後、バイブを抜くとBが入ってきました。
乳首にはまだクリップをされたままです。
クリにローターをあてがわれ、狂ったようにイク私をBは笑いながら犯しました。
Bが乳首のクリップを引っ張って外した瞬間、「うっ!しまる!」と言って、Bも私の中でイキました。

抵抗する気力をなくし、イキまくってグッタリした私を2人は朝まで犯しました。
フェラをさせられ、口に出されたり顔にかけられたり。
変態なBに浣腸をされて、お尻まで犯されました。
最後にAに前、Bにお尻を同時に入れられた時には、「気持ち良くて死んじゃうー!」と叫んでいました。

後日、私宛てに宛名がない荷物が届きました。
開けてみるとビデオでした。
ビデオには、『レイプ記念ビデオ』と書かれていました。
しばらくは妊娠のことと、ビデオで脅迫されるのではないかと心配しましたが、結局何事もなく、私は大学を卒業して結婚しました。

押し入れから見つかったのは、そのビデオです。
一度だけ見てオナニーしてしまいましたが、旦那と付き合い始めた時、捨てるわけにもいかず隠していました。
旦那が寝てから久しぶりに見たのですが、こんなに凄い体験をしたなんて・・・と思いました。
レイプは二度とされたくないですが、そのビデオは鍵の掛けられる引き出しに大事に仕舞いました。