中学生の時、優子という同級生が、「あなたのことが好きで好きでたまらない」と告白してきた。
俺はどちらかというと何を取っても普通で、特に人気者でもなかったし、そこまで好かれる理由がないと思っていた。

そこで、どうせからかっているのだろう思って悔しくなり、逆にからかうつもりで、「俺のおしっこを飲めたら付き合ってもいいよ」と返してみた。
すかさず引っ叩かれることを想定して身構えたのだが、心底驚いた顔で固まっている。

(あれ?)

そう思って俺の方も少々パニックになり始めていると、優子は俯きながら口を開いた。

「ここでは無理だけど、家に来てくれたらできるかも」

ビックリしつつも、とりあえずこれも罠かもしれないと思って、強気で優子の家について行くことにした。
玄関の外で待たされて、先に優子が自宅に入り、中の様子を確かめてくると言う。
ここで永遠に待たされるのかと思ったら、ほんの1分後に優子が現れた。
優子の家はその日家族の人が全員外出していて、夜遅くまで誰も帰ってこないらしい。

とりあえず居間で待たされ、優子は自室で着替えてくると言う。
しばらくすると優子は可愛らしい絵の描かれたプラスチックのマグカップを持って戻ってきた。

「ここに入れてくれる・・・」

(本気か!)

むしろ慌てたのは俺の方だったが、せっかくだからもう少し無理を言ってみることにした。

「コップじゃなくて搾りたてを飲んでくれない?」

「えっ?搾りたて?」

「うん、つまり直接飲んで」

叩かれることはなさそうだと思っていたし、これなら行けそうという雰囲気だったので一気に押してみた。
優子は明らかに、『どうしよう?』という困った顔をしている。

「もちろん誰にも言わないけど?」

押してみたら、黙ってコクリと頷いた。
そしていきなり手を握られ、引っ張っていかれた。
手を握られただけでドキッとした。
着いた先は脱衣所で、その先は浴室になっていた。

「直接って、本当に直接じゃなきゃダメ?」

「うん、ダメ」

「そっか・・・」

そう言うと、優子は今着替えてきたばかりの服を脱ぎ、あっという間に下着姿になってしまった。
先に浴室に入り、下着姿のまま振り返ると恥ずかしそうにモジモジしている。
胸もしっかりとしたボリュームがあり、完全に女の体つきだった。
その姿を見て俺は完全に勃起してしまった。

とりあえず覚悟を決めて俺も浴室に入ることにした。
俺は靴下と制服の上着だけ脱いで、そのまま浴室に入る。
優子はしゃがんで俺のズボンのチャックを下ろした後、勃起したあそこを掴み出そうとしたが、うまくいかなかった。
そこで俺が自分で腰を引きながらポロッと引き出した。
目の前に同級生の女子がいるのに小便をするようにちんぽを出すのはものすごい違和感があった。

はっきり言って、この時の俺は包茎だった。
優子は恐る恐る口を開け、俺のちんぽを掴み、おしっこが放出されたときに、うまく口に入るよう調整した。
俺の方も溜まったおしっこを放出しようと必死に踏ん張ったが、勃起しすぎていて、まったく出そうにない。
そのまま数分が経過したが、出そうで出なかった。

俺が必死に出そうと頑張っていると、優子はちらっと俺の顔を上目遣いで覗いた後、いきなりパクッと口に含んでしまった。
そのままちんぽの皮を唇で挟んだり、舌でたどたどしく舐めたり吸い込んだりする。
舌でチロチロと刺激するので一気に俺は射精感が高まり、何も言わないまま優子の口の中にぶちまけてしまった。

「んぐ!んん~!はぁはぁ。ビックリした。いきなり沢山出すんだもん」

そう言って嫌な顔一つせず、逆にニッコリ笑って話しかけてくる優子。
俺にはとても信じられなかった。
当時は自分ですら自分の精子を汚いものと考えていた。

「うわっ、ごめん!そんなつもりなかったのに、一気に気持ちよくなって出ちゃった」

「そっか・・・」

「もう吐き出していいよ」

「えっ?でも、『飲め』って・・・」

「飲んじゃったの?精子を・・・」

「うん。全部飲んじゃった」

賢者モードに入った俺は、あまりに酷い仕打ちに自己嫌悪しながらも優子と真剣に付き合うことに決めた。
結局、おしっこは飲ませなかった。