俺は昔、友人と風俗店を経営していた。
その当時はただエロに興味があってデリヘル経営をやっていただけだ。
実際には昼間はバイトをして、ほとんどその収入で食べていた。

ある日、超オレ好みの女が面接に来た。
スタイル抜群の27歳、OL風。
俺は心の中で(よっしゃ、騙して犯そう)と考えていた。
面接で適当に質問したが、答えなんかどうでもよかったので聞き流していた。
そして、OLにはこう説明した。

俺「面接の最後に私とプレイすることになっているんだけどいいかな?まあデリヘルではお客さんとプレイするわけだから当然だね」

OL「え?でもまだ迷っていますし・・・そんなこと、電話では聞いていないですし。私、風俗未経験なので嫌です」

俺は威圧的に返した。

俺「他の店もこうしているみたいだしね。まあそこまでやって初めて面接だから。こっちの時間も取ってるわけだし、断られたら店の営業妨害になるから困るんだよね。だいたいうちに面接に来る女の子って未経験なんて珍しくなくてさ、みんな『迷ってる』って言うんだけど、プレイしてみてやれそうなら働く、それでも嫌ならやめるっていう子が多いよ。それにね、この業界は狭いから地域の風俗店の組合とかあってね、どういう子が店に出入りしてて面接に来たとか、態度の悪いお客さんとか、そういう情報を共有するわけ。つまりさ、君が次に他の店に面接に行くと、今日のうちにかけた迷惑とかも知られちゃうけどいいの?だけど、ちゃんとプレイまでしてみて、やっぱりできそうにないから断るって言うんだったら全然納得するわけ。嫌々働いてもらっても迷惑だからね」

OL「分かりました。プレイ・・・お願いします」

内心嬉しかったが、OLにバレないように眉間にシワを寄せたまま表情を曇らせ、かったるそうに言った。

俺「じゃあこれからホテルに移動するからついて来て」

俺たちはホテルに移動した。

俺「じゃあまずスタイルチェックをするから下着になって」

OLは言われるがまま下着姿になった。

俺「お、これなら巨乳系でいけるね。ちょっと後ろから胸を揉ませてね」

巨乳を堪能する。

俺「よし。じゃあ俺が椅子に座るから、君は正座して俺の股の間に顔を入れてフェラチオしてくれるかな」

OL「あ・・・はい」

俺「早くして」

俺はOLの二の腕を掴み、前に引き寄せながらフェラを堪能した。
すごく気持ちがいい。

俺「じゃあ次、ローション知ってる?これをかけて体を触ると気持ちいいから」

胸にローションをかけ、パンストの腰の部分を開けて下半身にも流し込む。
そして体を揉みまくった。

俺「君は巨乳だから、パイズリって分かるかな?」

OL「はい・・・分かります」

俺「うん、じゃあやって」

ピチャピチャ。

俺「そうそう、気持ちいいね。これならお客さんも喜ぶね」

OLの二の腕を掴んで抱き寄せながらパイズリをガイドする。

俺「よし。だいたい分かったよね。じゃあそろそろ本番しようか」

OL「え?風俗って本番はないんじゃないんですか?」

俺「法律上はね。一応店でも表向きは禁止にしているんだけど、実際は密室だから後は女の子たちに任せてるんだ。うちでは無理やり本番をされた時に怒らせるとかえって危険だから、どうやってお客さんを気持ちよくさせて静めればいいかを勉強するためにも本番もやるんだよ」

俺は理由を無理やりこじつけた。

OL「分かりました。でも、コンドームはしてくれますよね?」

俺「お客さんはゴムなんてしてくれないよ?じゃあいくからね。それにお客さんに中出しをさせないのも風俗嬢の腕の見せどころでしょ?」

俺はそう言い、OLに挿入してやった。
駅弁FUCKもやったし、思いつく全ての体位で挿入した。
もちろん最後は中出しだ。
さすがに最後の方になると面接を逸脱していることにやっと気づいて泣いていたが、合意の上だし、知ったこっちゃない。
風俗なんかに面接に来るからこういう目に遭うんだ。
別れ際、俺はOLに聞いた。

俺「どう?風俗なんてやりたくなくなったでしょ?」

OL「はい。やりたくありません」

俺「じゃあね。気持ちよかったよ、ありがとう」

OLはこれまで我慢していた感情を一気に開放させると、ふてくされた顔でわざとらしくヒールの音を大きく立てて歩き、階段の前で振り返って私を睨みつけながら帰っていった。
最高に気持ちいいセックスだった。