栃木県の那須塩原の近くに父の会社の社長が保有する別荘がありました。
子供の頃は毎年、夏休みになるとそこへ泊まりに行っていました。

小5の時だったと思います。
その年も父と母と3人で別荘へ行きました。
別荘に着くと、いつもなら誰もいないのですが、その年はたまたま総務の人のミスか何かで、社長とその親類が滞在していました。
父は「すみません」と頭を下げて帰ろうとしたのですが、社長や奥様が、「部屋も余ってるし、せっかく遠くから来たのだから」と勧めてくれて、僕たちも滞在することになりました。

それが大きな間違いでした。
子供心に今もよく覚えています。
父も母もまるで召使いでした。
料理を運んだり皿を下げたり。
それだけだったら、まだ良かったのですが・・・。

社長宅には僕と同じ年の男子、カス男がいて、その従兄弟で2つ年上のブタ男と、その弟で僕の1つ下のクソ男も別荘に滞在していました。
母がその3人の面倒まで見ることになったのです。
母は今でも品のある婦人という感じですが、その当時は30代前半でしたので、子供から見ても美人の奥さんだったと思います。
ちなみに社長の奥様は当時40歳を過ぎていたので、おばさんって感じでした。

カス男「お前のお母さん、美人でいいなあ」

ブタ男「オッパイがぶらんぶらんしてるな」

小学生とはいえ、マセていた奴らは、自分の母親とは違う見栄えのいい大人の女に興味を持ったのです。
奴らは何かにつけて母の体に触れては、スケべなことを僕に聞かせました。

1泊した翌日、社長たちに誘われて父がゴルフに行きました。
大人たちは子供を母に預けて全員ゴルフに行ってしまったのです。
別荘にはジャグジーの付いた大風呂があったのですが、大人たちが出ていくと、カス男たちがそれに入りたがりました。
しかも母にも一緒に入ろうと言うのです。

「お風呂なんか入りたくない。お母さんもやめようよ」

僕は訴えました。
しかし、それまでも召使いのように仕えてきた母です。
奥様たちに、くれぐれもと任された手前もあったのでしょう。
しかも、その大風呂は子供が入るには少し深いのです。
母は「そういうわけにはいかない」と言って、風呂場に行ってしまいました。
僕は行かないと言った手前一緒に行くこともできず、こっそり様子を窺うくらいしか出来ませんでした。

脱衣場に入って籠の中を見ると、母の脱ぎたてのブラとパンツが入っていました。
あいつらの前で全裸になってるんだと思うと口惜しくてたまりませんでした。
ぼーっとしていると声が聞こえてきました。

「僕たちが洗ってあげるよ~」

「いえ、結構ですから、本当に結構ですから」

見つからないようにこっそり覗いてみて、すぐに後悔しました。
ブタ男とカス男が2人で母の乳房を撫でていました。
母の手はクソ男の背中を撫でていました。
カス男たちに体を触られているのに、「きゃっ、くすっぐたいです」と母がはしゃいだ声を出しているのを聞いて、僕は項垂れるように部屋に戻りました。

それから1時間くらい、とても長く感じる時間が経って母たちは戻ってきました。
お風呂で1時間も何をしていたのか、詳しいことは聞けませんでしたが、カス男は僕を見ると両手を突き出すようにしてモミモミと手を動かしました。
ブタ男は右手で扱くようなジェスチャーをして、「あー、気持ちよかった~」と笑いながら叫びました。

あの時のカス男たちの勝ち誇った顔はいまだに忘れられません。