私がJSだった時の話です。
小5の時、近所のロリコンお兄さんに悪戯されて、そこから性に目覚めてしまったんです。

私の住んでいる地域には児童館といって小学生から中学生までが遊べる施設がありました。
そこは漫画もあるし、バスケのゴールもあるし、卓球もできる施設で、両親が働いている子供はそこでよく遊んでいました。
私はその時、こち亀の全巻読破を狙っていて(当時60巻くらいまで出てました)、学校が終わると児童館に直行して図書館に篭りきりでした。

ある日、ちょっと背の高い中学生のお兄さん(以下Aさん)が話しかけてきました。
他愛もない会話で、私は戸惑いながらも受け答えしていました。
今思えば、私を懐柔しようとしてたんだと思いますけどw
私の当時担任の先生を知っているとかそんな感じで、私も読みかけのこち亀を置いて2人で話すようになってました。

そしたら急にAさんが、「君、おっぱい結構おっきいね」と言ってきました。
色んな面で無頓着だった私は、上下体操服で、たぶん当時B~Cカップはあったけどノーブラでした。

「ちょっと触ってみていい?」

「え!?」

(でも、ここで断ったらノリが悪い子だと思われるかもしれない)

「いいよ!」

Aさんは私の隣に移動してきて、人差し指でつつきはじめました。
別になんとも感じなかった私は、Aが必死に触っているのをドキドキしながら平静を装うと、読みかけのこち亀を手に取りました。

「揉んでもいい?」

「揉む?」

揉むという行為にいまいちピンと来なかった私は、そのままAさんにされるがまま、おっぱいを揉まれはじめました。
今思うとかなりシュールなんですけど、こち亀を読む小5の背後から必死に胸を揉みしだく中学生w

しばらくするとAさんが私の手を取って立ち上がり・・・。

「ちょっとこっち来て」

そう言って共同トイレに連れて行かれました。
そこで個室に2人で入り、私は何がなんだかわからないけど、ずっとドキドキしてました。
Aさんが私の体操着を捲り上げて、私のおっぱいを直に揉みはじめました。
ずっとAさんが「はぁはぁ」言っていたのは覚えています。
私は自分の状況がよく分からなくて呆然としていました。
叫ぶとか嫌がるとか、まったくせずにされるがままで、Aさんはどんどんエスカレートしていきました。

Aさんは私のブルマも下ろして、パンツを下ろしてきました。
私はビックリしたけどどうしたらいいのか分からなくて、やっぱりされるがままでした。

「舐めていい?いいよね?」

Aさんが私のアソコの表面を舐めて、それから割れ目にも舌を伸ばしてきました。
性感帯ってわけじゃないけど、すごくエッチなことをされてるって興奮して、ドキドキが倍増しました。
しばらくしたら指で開いて、私のクリを舐めはじめました。
びっくりするくらい気持ちよくて、思わず「ひゃ~」って子供ながらに声が出ました。
Aさんは私の口を手で塞ぎながら5分くらい舐めてました。
たぶん私はAさんの顔に股間を押し付けていたと思います。

ここからあんまり記憶がないのですが、たぶん挿入とかはされていないと思います。
最後に「おしっこして」って頼まれたけど出なかったのと、家に帰ってお風呂に入ったとき、舐められて気持ち悪かったので入念にそこを洗っていたらまた気持ちよくなって、オナニーしちゃいました。
それが私にとって人生初のオナニーで、そこからオナニーに没頭する毎日。
あれほど夢中だったこち亀も忘れて、暇さえがあればクリトリスを触っていました。

まさか悪戯されたことがきっかけで性に目覚めるなんて思いもしませんでした。
それにAさんにされたことを理解できるようなって、(あぁ、そういうことなのか~)って思ったけど、嫌悪感とかそういう感情もなく、ただ納得しただけでした。
私ってちょっと変わっているのかな?