女性の管理職も増えてウチの職場でも部長クラスの女上司も出てきて、私の課にも女性の課長が来ることになりました。
体格のいい女性で、最初の印象は、少し厳つい感じの人でした。

私は万年主任をして、あまり人がしたがらない仕事を探しては片付けているものですから、あまり評価も高くないせいか、それとも人が嫌がる仕事をしているせいか、人よりは転勤が多いみたいです。
新しく来た課長に早速呼出されて部屋に行くと・・・。

「そこに座って」

「はい」

私が席に着くと、課長は私の前に来て書類を見ながら話しはじめました。

「主任の評価があまり良くないようだから調べてみたら、よくこれだけの問題を片付けていたわね。評価を受けてないことにビックリしたわ。もう少しはアピールした方がいいんじゃないかしら?」

「どうもそういうのは苦手なので。それに1人でやっていますから」

その後は他愛のない世間話をして終わりました。

それからしばらくしたある日のこと。
残業でかなり遅い時間まで会社に残っていました。
その時、課長が入ってきました。

「まだいたの?そんなに残業しても手当は出ないわよ」

「つい夢中になってしまって・・・」

「いいわ。どう、これから一緒に飲みにいかない?」

「一緒にですか?」

「私とじゃイヤ?」

「いえ」

「それじゃあ下で待っているから」

急いで帰る支度をして下までいき、課長と飲みに行くことになりました。
身の上話や仕事のことなどで結構盛り上がり、時間はあっという間に過ぎて終電近くまで飲んでしまいました。
店を出て駅に行く途中のこと。

「ごめんなさい、少し飲み過ぎたみたい、どこかで・・・」

確かに結構飲んだと思いました。

「じゃあタクシー呼びます」

「少し横になりたいから」

この近くにビジネスホテルがあったのを思い出して向かうと、酔っているせいかよく確かめずに入ると、そこはラブホテルでした。
しょうがないと思い、課長を支えながら部屋に入り、ベッドに横にしました。
私はソファーに座ると、睡魔に襲われ、そのまま寝てしまったようです。

しばらくして課長に起こされたとき、私はバスローブ姿でした。
私はビックリしました。

「すみません、ビジネスホテルと間違えてしまって・・・」

「いいのよ。すっかり体調も良くなったから」

「では、すぐに出ましょう」

「ダメよ。シャワーを浴びてきて。これは命令よ」

観念してシャワーを浴び、すっきりして出てくると、部屋は暗くなっており、課長はベッドに横になっていました。

「主任、ここに来て」

「はい・・・」

言われるがまま課長の横に行くと・・・。

「本当に少し飲み過ぎて・・・。でも、主任とこんなふうになりかったのも本当なの。私みたいなおばさんじゃイヤ?」

「すみません、こんな所に入ってしまって。ちゃんと看板を見れば良かったのですが・・・」

課長が私の上に覆い被さってきて口を塞がれました。
すぐに課長の舌が入ってきて、私は観念して、それに応えるように舌を絡め、お互いに身体を探り合いました。
しばらくすると課長は私の元気になったモノに舌を這わせてきました。

「課長、私も課長の・・・」

「わかったわ」

69の形になってお互いの性器を指と舌で愛撫していると・・・。

「入れて、バックで入れて!」

課長が叫ぶように言い、私はバックスタイルになった課長の秘部に自分のモノを宛てがうと、一気に挿入しました。
激しく課長の中で暴れると、課長は一気に昇りつめました。

「ああ、いい、そのまま私の中にぶちまけて・・・」

「イキます、課長」

課長の中に大量に放出すると、課長の秘部は収縮するように私のモノを包み込みました。

「すごかった、久々に男の人のモノを入れたから・・・」

内心ヒヤヒヤしましたが課長はとても満足してくれたようでした。
それから2人でシャワーを浴びて、ホテルを後にしました。

その後、色々と後押しをしてもらい、仕事も順調にいくようになりました。
その代わりと言ってはなんですが、課長のペットにされて、1週間に一度はお相手をすることになりました。
課長は私に気を遣ってインナーもオシャレをして、私とのセックスを楽しみにしてくれています。

課長のテクは凄く、特にフェラは絶品で、一度我慢できずに、課長の顔面めがけて放出してしまったことがあります。
さすがにまずいと思いましたが、課長は怒るどころか喜んでくれて、私の放出したものを指で拭うと全部飲み干してくれました。
それからというもの、時々顔面シャワーをリクエストされるようになりました。