大学卒業してからずっと実家寄生ニートやってる24歳の男っす。
アルバイトすらしてなくて金がない俺の唯一の趣味はアイコラ画像を作ること。
ネットで拾ったAV女優とかの画像にアイドルの顔だけ貼っつけて加工して、その手の画像が集まる掲示板に投稿するんです。
俺が作ったコラ画像は掲示板の住民たちにも好評で、熱狂的なファンまでいるんです。

ただ、最近はちょっと批判的な意見も目に付くようになりました。
『こいつが作る画像はリアリティがない』だとか『素材のスタイルが良すぎて違和感がある』だとか、一部の住民たちはより自然なコラ画像を求めているみたいでした。
実際、俺が作るコラ画像はちょっと綺麗すぎて不自然な部分がありました。
原因はやはり素材。
ネットで拾ったAV女優やグラビアアイドルの画像だと、どうしてもプロっぽさが出てしまうんです。
一応ネットで探せば素人が投稿したエロ写メなんかも拾えますが、こういうのってほとんどがクソ画質でコラの素材にはとても使えません。
俺は深刻な素材不足に頭を悩ませていました。

ある日の深夜、同居している2歳年上で会社員の姉が酔い潰れて帰ってきました。
姉は玄関に入るなり爆睡。
いくら声をかけても目を覚ましませんでした。
それから母上の命により、玄関で寝ている姉を部屋まで運ぶ俺。
姉をスーツ姿のままベッドに寝かしたとき、ふとあることを閃いたんです。

(この女、コラ画像の素材にできるんじゃないか?)

俺の姉はお世辞にも美人とは言えない顔立ちだったのですが、身体のほうはEカップの安産型でちょっとエロい体型だったんです。

俺はさっそくデジカメを引っ張り出してきて、姉の部屋で深夜の撮影会を始めました。
まず最初にワイシャツのボタンを外してブラチラを撮影。
いかにも素人モノっぽい感じがしてちょっと興奮します。
それからブラをずらして乳首を露出させました。
子供のとき以来に見る姉の乳首は綺麗なピンク色で、乳輪は少し大きめに成長していました。
俺は姉のおっぱいを色んな角度から撮影します。
姉がいつ起きるかも判らなかったので、この日の撮影はとりあえずこれくらいでやめておきました。

その後、俺はこの日に撮った写真を素材にしていくつかコラ画像を作成。
さっそく掲示板に投稿してみました。
住民たちの反応はというと絶賛の嵐でした。

『いつもより生々しくてエロい』
『これって本当にコラ画像なの?』

そういったレスが次々と付きました。

これに確かな手応えを感じた俺は、よりクオリティの高い過激な素材を求めるようになっていったんです。
俺は市販の睡眠薬を買ってきて、撮影するって決めた日には姉の食事にそれを混ぜました。
もともと寝つきのいい姉でしたが、これをやるともう完全に爆睡。
死んだように眠って、朝になるまで一切起きなくなるんです。
それをいいことに俺は姉を丸裸にしたり、恥ずかしいコスプレをさせたり、もうやりたい放題。
コラ画像の作成も絶好調で、掲示板で有志の人が作成したコラ職人ランキングでは数週間連続で1位をとることが出来ました。

そんなある時、掲示板にとあるレスが付いたんです。

『そろそろ本番をやってる画像も見たい』

その日、俺はついに一線を越えてしまいました。
寝ている姉に自分のチンコを挿入したんです。
全てはコラ画像作成のために。

姉のおまんこは意外と締まりが良く、ちょっと腰を動かしたらイッてしまいそうでしたが、なんとか我慢。
俺は寝ている姉をせっせと動かして様々なアングルで挿入シーンを撮影しました。
で、その後は例のごとくコラ画像の作成。
最近俺のお気に入りだったアイドルの顔を素材に貼っつけてみました。
当然、画像内で挿入している男は俺なわけでして、完成したコラ画像は俺とアイドルがセックスしているみたいでめちゃくちゃ興奮しました。

それから俺はいつものように作成した画像を掲示板に投稿。
結果はもちろん好評で、一部では俺を神と崇める信者まで出てくる始末でした。
ですが、この時点で俺はもう掲示板での評価なんてどうでも良くなっていました。
自分自身がコラの素材になって、アイドルとセックスをしている画像を作るのにハマってしまったんです。
この画像をオカズにしてオナニーすると、信じられないほど精子がドバドバ出るんです。

その後も俺は何度も姉と交わり、素材を集めてはコラ画像を作る日々が続きました。
今では姉のアソコはガバガバ。
最初に挿入したときの締まりの良さは完全になくなっていました。
姉には悪いと思いつつも、なかなかこの趣味から抜け出せなくて、今日も姉を犯す俺なのでした。