私には誰にも言えない楽しみがある。
ほぼ毎日、学校が終わると暗くなるのを待って楽しんでいる。
自分がこの趣味にハマってゆく過程では、その異常な感じに相当悩んだけど、今ではこれなしでは生きていられない。
日課のようなものだ。

自分の特殊な趣味に気づいてしまったのは昨年の初夏。
部活で帰りが遅くなったその日、天気予報では雨の確率0%だったんだけど突然の豪雨。
夕方から天気は怪しかったけど、最寄り駅と自宅の中間にある大きな公園を横断している最中に、どんどん辺りが薄暗くなり、あっという間に土砂降り。
制服の薄手のシャツと膝上に詰めたスカートはずぶ濡れで、特に白いシャツは下着も透けて、私はそれを隠すように身を屈めて公園内を走ってた。
公園を抜ければすぐに自宅。
そう自分に言い聞かせて、恥ずかしさと通り過ぎる人の好奇の目線に耐えながら走った。

公園の真ん中まで来るとさすがに人通りも少なくなり、息が上がり始めた私は少し足を緩める。
中央広場にさしかかる頃、さすがに走り続けて限界。
立ち止まり膝に手をつき、はぁはぁと息つく。
ふと視線を感じる。
再度、胸の前を隠すように腕で覆い辺りを窺うと、ちょっと離れたところに自分もずぶ濡れなのに私を見つめる地元中学の制服を着たの男の子。

(私を見てる)

そう思うと、なんだか変な気分になってしまった。
このときはちょっとした悪戯心だった。

「はぁー」と声を上げてしゃがむ。

彼は下着が透けた胸とスカートの中を交互に凝視する。
私は恥ずかしいはずなのに、(もっと見られたい!)と思っている自分に気づいてしまった。

前屈みになり、胸元を見えるように。
彼も動かない。
妙な沈黙。

(あの子、絶対、今エッチなこと考えてる)

頭がジンジンしてきた。
なんだか急に恥ずかしい気持ちが蘇ってきて、走り出した。
ずぶ濡れのまま家に上がり、母が用意してくれたタオルを受け取ると、部屋に入り体を拭いた。
ドキドキが収まらない。
全身ずぶ濡れ。
自分でもわかっていたけど、下着の中に手を入れて触ってみると、やっぱりヌルヌルに濡れてた。

この日から、昼も夜も他人の目が気になって仕方ない、見られるのが好きな子になってしまった。

(見られたい・・・)

とはいえ、深夜早朝の公園に家族同居の女子が1人で行くのはなかなか難しい。
だけど私にはちょうどこの趣味と実益を兼ね、且つ早朝や夜の外出を家族に咎められない理由があった。
ジョギングだ。
高校に入りスタイルを気にしていた私は、家族にもダイエットの協力を強要していた。
食事制限に兄と父は、「別メニューにしてくれ」といつも母にごねている。
なので家族の誰にも負担にならない朝夜のジョギングは、どうぞ勝手にやってくれという感じなのだ。

それまでは、だいたいハーフパンツにウインドブレーカーという格好で走っていたのだけど、この日は昼の興奮も冷めず、露出の高い格好で出かけてみることにした。
下はダンスレッスン用のスパッツを、悩んだ末に下着なしで直接。
上はジョグ用のスポーツトップブラに直接ウインドブレーカー。
最初はパレオを履いたんだけど、ウインドブレーカーの丈が長いので外した。
正直、私にしては相当思い切った格好。
薄着を家族に咎められやしないかと内心ハラハラしていたが、思いのほか関心がないらしく、「いってきまーす」の返事もない。

深呼吸してドアを開ける。
夕立ちのおかげで外は肌寒いくらいだった。
だけど、これからしようとすることを考えると心臓が高鳴って顔が熱くなる。
ジョギングコースは毎回変えていたんだけど、今夜は迷わずあの公園に向かう。
公園に向かうには駅に向かうことになる。
この時間帯は多くの人とすれ違う。
視線が痛い。
だいたい男の人とすれ違うと例外なく胸か腿のあたりを見ていることに気がついた。
頭がぼーっとして、膝がガクガクする。
今までも気がついてはいた。
ただ、今日の夕方の件があるまでは他人の視線をこんなに意識したことはなかった。

あと少しで公園というところで、つい「すごい・・・」と呟いてしまった。
下着なしで履いたキツめのスパッツがヌルヌルと滑り、あそこが大変なことになっていることがよくわかる。
それがさらに私を興奮させた。

想像以上の興奮にフラフラになりながら夕方のあの公園に辿り着く。
夜はまたずいぶん印象が違う。
明るい町側から見ると真っ暗だ。
一瞬入るのを躊躇うほどだったんだけど、奥の方にジョギングしている人の姿を見て、そんなに奥に行かなければと一歩を踏み入れた。

公園の中に入ってしまうと比較的街灯が多く、中は明るい。
人気はほとんどない。
その中で特に昼でも人の通らない松林の中の遊歩道コースを、ジョグよりちょっとペースを落として進む。
松林の一番奥まで来たところでペースを落とし、街灯のあるベンチの下で歩みを止めストレッチをする。
これは、さすがにちょっと怖いので誰もいないことを確認する時間。
でも、誰もいないのもつまらない。
そう思ってる自分に気がつくと、ボッと顔が熱くなる。
変な気持ち。

(そろそろ始めよう)

ゆっくりとウインドブレーカーのボタンを外し、その下のファスナーを下ろす。
冷たい外気が蒸れた空気を押し出す。
体は冷えるけど昂る気持ちで体温が上がった感じ。
ベンチに腰を下ろし、ジョギングで切れた息を整える風を装う。

「はぁはぁ」という私の息だけが暗闇の中に吸い込まれるように消える。

「はぁはぁはぁ」

3分くらいしただろうか。
自分でもわかる。
もうジョギングの息切れじゃない。
艶のある声が息の中に混じる。

(やめないとエッチな声が出ちゃう)

分かってはいても下半身はもじもじと太ももを擦り合わせ、上半身は体をひねりブラトップと乳首の摩擦を求める。
ヌルヌルのせいで食い込んだスパッツの上からでもクリが膨れているのがわかる。
ちょっと触ってみる。
今までの1人エッチの中で一番の衝撃が走る。
背骨が折れるんじゃないかと思うくらいの電撃が走り、跳ね上がるように仰け反る。

(このままじゃ家まで帰れない)

私は中央広場の公衆トイレを目指すことにした。
この時間なら誰もいないだろうし、外でするよりいい。
なにより、数年前に改築されたばかりで綺麗だ。
でも、もっと刺激が欲しい。
ここでも私の変態心が疼く。
スパッツがぴっちり吸い付いているので、クリを剥いてスパッツをグッと食い込ませてトイレまで向かうことにした。
普段の徒歩で3分もない距離だ。
大丈夫だろう、という考えはすぐに誤りだとわかった。
立ち上がった瞬間にずるっと擦れて頭が真っ白になってしまう。
今まで座っていたベンチに手をつき、思わずしゃがみ込む。
息を整える。

(スパッツを直そう・・・)

そう思ったとき、遊歩道の奥からざっざっざっという足音が近づく。
背筋が凍りつく。
おそらくジョガーだろう。
ベンチに手をつき座り込んでいる私を視界に捉えたのだろう。
足音のペースが上がり足早に近づいてくる。

「大丈夫?!」

若い女性の声だ。

「どうしたの?」と近づいてきた。

彼女は安心させようと思ったのか、私の顔を覗き込むと、「近所のK」と名乗った。
私が息を切らしながら「張り切りすぎたみたい・・・」と伝えると、しばらく沈黙。
私が顔を見ると、ちょうど私の全身を舐めるように見るところだった。
視線が胸、股間と移ると、やさしい笑顔がひくっと歪む。
その笑顔は私の思い込みかもしれないけれど、蔑むような笑顔に変わる。

「そう。ここは暗いし、ほどほどにね」

そう言うと彼女は立ち上がり、元のペースで走り出す。
改めて身の回りを見る。
乱暴に丸められベンチに投げ捨てられたウインドブレーカー。
そして、スパッツは股間に食い込み割れ目どころかクリの形まで露わになり、汗ではない体液でしっとりと濡れているのが暗闇の中でもはっきりとわかる状態。

急激に我に返る。
恥ずかしくて涙が出てくる。
同時に背筋に走る快感。

ひとしきり泣くと私はふらふらと立ち上がり歩き出す。
ウインドブレーカーは後で取りに来ればいい。
着るのももどかしい。
足を出すたびにクリがスパッツに擦れる。
快感が欲しいけど、あまりに強い快感に腰が引ける。

「う・・・」と声が出てしまう。

歩けば3分のトイレが遠い。
立つと体液を限界まで吸ったスパッツから粘度の高い液体が腿を伝う。
乳首も痛いくらい立っているのがわかる。

ようやく中央広場が見えてくる。
ここは駅からの通り抜けがあるので若干人通りがある。
トイレまではあと20メートルくらい。
普段ならなんてことない距離。
人が通る。
私は普段以上に背筋を伸ばし、平静を装い一歩ずつ歩く。
あと少し。
向こうから人が来る。
鞄を持っている。
サラリーマン風の男性。
このままだとトイレに辿り着く前にすれ違う。
でも、もうどうでもいい。
私はトイレの手前の壁に手をついて一息。
男性が近づく。
あと数メートル。

(こっちは気にしないで・・・)と思う方が無理だ。

今日1日だけでも十分わかってる。
若い女の子が薄手の服装でいれば、例外なく彼らは、胸、足と見るのだ。

(なんでこんなこと始めたんだっけ?)

男の人の歩みが弱まる。
私の胸、そして視線を下に落とす。
この暗さならグズグズの腿には気がつかないかも。
何度もチラ見しながら横を通り過ぎる。
最後に私の顔を見た気がする。
恥ずかしい。

なんとかトイレに辿り着く。
トイレはきれいで明るい。
個室に入り、乱暴にドアを閉じ鍵を閉める。
綺麗とはいえ、公衆トイレ独特の臭いが鼻を突く。
この臭いにますます興奮し、スパッツを膝まで下ろす。
糸を引きビチャっと音がするほど濡れていた。

洋式便所に腰を下ろすとブラトップを胸と一緒に押し上げる。
大声を上げたい気持ちを抑えるため、ブラトップを自分の口に押し込み歯を食いしばる。
体重を便器に預けて両足を上げる。
たくし上がるスパッツを膝下まで再度ずり下ろし、とても人には見せられない格好に。
これがまた興奮をかき立てる。
右手で乳首を触れた瞬間、ブラトップを口に咥えているので、「むふぅ」というこもった声が上がる。
ぐずぐずになった割れ目は手を当てただけで腰に電気が流れ、体が弓なりになってしまう。

(イッちゃう)

そのとき思い、浮かんだのは、昼の中学生の彼と、さっきのお姉さんの蔑むような目。

(あたし、変態さんだ)

ひときわ大きく体を反らせ、口に突っ込んだブラトップを通したこもった嬌声を上げて、私はイッた。

この日、家にどう帰ったのは覚えていないけど、お風呂でもう1回思い出してオナニーしたのははっきりと覚えている。
これが初めての、露出とは言えないレベルの露出体験。